「旅行・一人旅」の記事一覧

セブ島旅行記2018 2/2 エス・ティー・ワールドのオプショナルツアーでアイランドホッピング(アイランドピクニック)に行ってきた&必要なモノ達。

普段の家族旅行であれば「海で泳ぐ」とは言っても、マクタン島の砂浜での~んびりと日焼けでも楽しみながら過ごすところではありますが、今回は21歳の甥っ子君が同行、しかも彼にとって初めての海外旅行でもあるので出来るだけセブを堪能して欲しい!という訳でセブ島ならではのマリン アクティビティを楽しんでもらうことにしました。

そう、アイランドホッピングです。^^

アイランドホッピング エントランスフィー

アイランドホッピングとは?
アイランドホッピング = Island Hopping。
wikipediaによると
島と島とをつなぐ短い旅を繰り返しながら大洋を渡ることである。

セブに置き換えますと、マクタン島から近海の小さな離島に、小型のボートで巡るアクティビティです。今回は旅行を手配してくれたエス・ティ・ワールドさんのオプショナルとして日本から申し込んでおきました。
もちろん現地の業者を探せば格安なのでしょうが、安全・確実・簡単に手配をしたいので。^^

費用はホテル 港間の送迎、乗船料金、シュノーケリング道具一式のレンタル、立ち寄る島への入場料、ランチがコミコミになって77USD/人でした。

アイランドホッピング

まずはアイランドホッピングに行く際に用意した方が良いモノをご案内します。
水着とサンダルは必須なのでリストからは除外しました。
クリックすると購入可能な商品一覧ページに飛べます。

1.ラッシュガード
セブの強烈な日差しに含まれるUVをカットして日焼けを防止できるラッシュガードは非常に便利。そのまま泳げる&乾燥も早いので1着用意されると良いでしょう。

2.スマホ防水ケース
シュノーケリングで水中写真を残したいのであれば必須のツールですね。
欲を言えばGoProに代表されるようなウェアラブルカメラを用意したいところですが、利用頻度が低い方であれば防水ケースでも良いでしょう。

3.酔い止め薬
小さな船ながらも快適に移動できましたが、場所によっては波が立つ = 船が揺れるので、乗り物酔いし易い方はトラベルミン等の良い止めを朝食後に飲まれておいた方が良いと思います。
船上でオエっとなったら楽しい旅が台無しなので、うえ家では全員飲んでからアイランドホッピングに臨みました。

4.朝食で余ったパン
これを持っていくと魚が沢山寄ってきて楽しいです。

5.日焼け止め
下向きで海に浮かんでいた時間が長かったせいか、ふくらはぎが焼けました。汗

6.現金
島で買い物を楽しんだり飲み物を買うのに必要です。
これもスマホ用防水ケースに入れておくと良いでしょう。

アイランドホッピング 出発

まずはホテルでのピックアップを待つ訳ですが、この時点で水着に着替えておく必要があります。

そしてのようなボートでシュノーケリングポイントと島々を巡ります。これはフィリピンで昔から使われているバンカーボートというそうです。

それほどスピードが出る船ではありませんが、船には梯子状の階段が両サイド後方に付いていて、海に入りやすくなっています。

アイランドホッピング 船のトイレ

船にはトイレも付いていますが、水洗である訳もなく バケツに汲み置きされた海水を利用することになります。

そしてご覧のように立ち上がれば周囲から丸見え。(汗)
ココでウ〇コができる方は相当な強メンタルなのだと思います。


ヒルトゥガン島でシュノーケリング

ヒルトゥガン島には上陸しませんが、その沖合でシュノーケリング♪

ライフジャケットとフィン(足ひれ)を装着するので泳ぎの苦手な方でも問題は少ないと思います。もちろん不安であれば浮き輪もOK!

普段から餌付けされているせいか、パンを手に持っているだけで魚達が一斉に群がってきますよ。癒されるわ~。^^
シュノーケルは基本的に口呼吸で行うので慣れないと水中メガネに水が入ってきますが、これも数分で慣れると思います。海の透明度もGood!

ここでは島の方々が船に乗り込んでシーフードの販売をされますので、購入しておけば追加で焼いてもらうことが出来ます。

パンダノン島

パンダノン島 コテージとオブジェ パンダノン島でランチ
パンダノン島(無人島)に上陸してランチ


パンダノン島には人が住んでいませんが、アイランドホッピングで上陸される方はそこそこ多いので、行かれるなら土日は避けた方が良さそうですね。

日除けとなるコテージも多数用意されていますので、のんびりする&島を散策する&どこまでも続いていそうな遠浅の海岸で海水浴等、色々な楽しみ方ができます。

ランチは豚肉&野菜&シーフードのバーベキューで、少し濃い目の味付けでした。これがサンミゲルに合うこと♪外で食べると美味しいですよね。

アイランドホッピング まとめ

フィリピンの物価を考えると少し割高に感じていたアイランドホッピングですが、とても良い体験が出来て良かったと思います。

小さなお子様からお年寄りまで、幅広い年齢層の方が安心して楽しめるセブならではのおすすめアクティビティでございました☆

参考:アイランドホッピングに行く際に用意した方が良いモノ

|セブ島旅行記2018| 1/2 | 2/2(今ココ) |
通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ


セブ島旅行記2018 1/2 クエストホテル(QUEST HOTEL)セブシティ アヤラセンターへのアクセス至便の好立地&快適ホテル。

毎年11月の恒例行事となった海外家族旅行ですが、今回はセブ島に行って参りました。

セブ島は2007年以来2度目なのですが(その時の様子)、空港には新ターミナルもオープンして、街の雰囲気も明るくなったような印象を受けました。

本当、2007年当時の空港1Fなんて、ドライマンゴーや簡単なお土産を売る6畳くらいのブースが連なっていたくらいの印象しかありませんでしたが、それが見事に近代化されておりました。流石、世界の観光地といった所でしょうか。

さてさて、今回お世話になったのがクエストホテル(QUEST HOTEL)、正式名称はクエストホテル&カンファレンス センター(QUEST HOTEL AND CONFERENCE CENTER CEBU)という、2012年にオープンした新しめのホテルです。

クエストホテル&カンファレンス センター(QUEST HOTEL AND CONFERENCE CENTER CEBU)
クエストホテル&カンファレンス センター
(QUEST HOTEL AND CONFERENCE CENTER CEBU)

作りはL字型の25階建で、外からはそれほど大きくは見えないのですが 客室数は427室、利用者の殆どは外国人なのだそうです。

色々と良い部分が沢山見られたホテルなのですが、まず素晴らしいのが立地ですかね。


クエストホテル セブ 地図

セブの空港からは車で50分程なのですが、ご覧の通りホテル前の大通りを挟んだ正面にアヤラ ショッピングセンターがあります。

様々なショップに加えて地下1Fにはスーパーマーケット、清潔な飲食店も多数入っているので 滞在中は大いに活用させてもらいました。

クエストホテル セブ 客室
クエストホテル セブ 客室

宿泊したのは25平米のデラックスルームです。

デラックスとは言っても これ以下の部屋はないのですが(汗)2人で利用するには充分な広さで、清潔感も
街のど真ん中なので眺望は普通、残念ながらバスタブはなくシャワーのみです。

wifiは無料で滞在中も問題なく利用できました。
ホテル内は7Fの喫煙スペースを除いて全面禁煙ですので、タバコ臭いのが苦手な方でも安心です。

クエストホテル セブ 朝食

朝食は1Fのレストランで品数豊富なビュッフェ形式。

マンゴー等の高コストフルーツはなかったものの、パンシットカントンやカレカレ等のフィリピンの伝統的な料理もあって、味もそこそこ美味しかったですよ。

クエストホテル セブ プール

7Fのプールは22時まで利用OK。
バーも併設されているので、セブシティに居ながら のんびりとリゾートライフを満喫できます。

スタッフさんは どなたも笑顔でホスピタリティも高く、ここ数年で宿泊した東南アジアのホテルの中でNo.1じゃないですかね?とても快適に過ごせました。

セブシティでの宿泊を考えられている方におすすめのホテルでございます。

参考:セブ島旅行 観光に用意したいグッズ、その他の情報

|セブ島旅行記2018| 1/2(今ココ) | 2/2
通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ


インド旅行記 3/3 ニューデリーで買う お土産紹介(ばらまき土産)

私が海外旅行のお土産として重要視しているのが現地らしさが出ているという事です。

スーパーマーケットで買えるインドのお土産
スーパーマーケットで買えるインドのお土産

なので、これまでに行った国々ではスーパーマーケットでお土産を物色する事が多かったのですが、まずインドではスーパーマーケット探しに苦労しました…個人系の商店が多く、ちょっと大きいスーパーになるとニューデリーから地下鉄に乗らないとダメなのです。

今回のお土産も、多くは以下のスーパーマーケットで入手しました。

Big Bazaar(ビッグバザール)
衣類・雑貨・コスメ・食品等、取り扱い商品がとても多い総合スーパー

Reliance Fresh(リライアンス フレッシュ)
地元密着型の食品系スーパー。でも野菜はあまりフレッシュじゃない。(笑)

では行ってみましょう♪

ばらまき土産に最適! Parle-G(パール グルコ ビスケット)


可愛らしいパッケージからお子様用と思うなかれ、インドで一番知名度が高いビスケットがParle-Gです。

Parle-G(パール グルコ ビスケット)
Parle-G(パール グルコ ビスケット)

卵やショートニング不使用のベジタリアン対応ビスケットですが、カリっとした触感と素朴ながらも小麦の自然な風合いが楽しめます。そして何より安いのが魅力です。

流石に個包装ではありませんが、中で小分けにパッケージングされています。会社や学校で「皆さんでどうぞ♪」的なお土産に最適です。

おすすめ度:★★★★★
ここで購入:スーパーマーケット

インドのラム酒 SIKKM(シッキム)


インドはサトウキビを原材料とするラム酒の生産でも有名です。
例えばオールドモンクは日本でも人気!インドでは相当に安く入手できる~との情報を得てウッキウキで探したのですが、ホテル近くの酒屋さんで扱われていたラムはSIKKM(シッキム)という銘柄のみでした。

インドのラム酒 SIKKM(シッキム)
インドのラム酒 SIKKM(シッキム)

早速ロックで味わってみたのですが…これはアレだ、消毒液の匂いですね。香りとか深みとか以前の問題でクソ不味です。汗

コーラで割って何とか飲めるレベルにはなりましたが全然ダメ。梱包材持参で持ち運んだのですが、その苦労を見事に裏切る味わいでした。これは買っちゃダメなやつだ。

おすすめ度:なし
ここで購入:酒屋さん

これぞインド土産!紅茶のティーバッグ


イントは世界最大の紅茶産出国だけあって、ティーバッグの紅茶はとても安価のものが多かったです。(でも空港のは高かかった…)

Taj Mahal Tea Bags(タージ・マハール・ティーバッグ)
Taj Mahal Tea Bags(タージ・マハール・ティーバッグ)

のTaj Mahal Tea Bags(タージ・マハール・ティーバッグ)はインドの有名な世界遺産であるタージマハルがパッケージに使われていているので「あ、これインドのお土産だ」とスグに理解されます。

そして味も本格的に美味しかったのでお勧めです。色もとても濃く出ます。

おすすめ度:★★★★★
ここで購入:スーパーマーケット

ラッシー(LASSI CALCIUM and PROTEIN)


インド料理店でカレーセットを頂くときに選択する事が多いラッシーは定番のヨーグルト飲料ですよね。そんな味わいを自宅で楽しもうと思い購入してみました。

LASSI CALCIUM & PROTEIN
LASSI CALCIUM & PROTEIN

ただ、味はヨーグルトというよりもブドウ糖系乳酸菌入りスポーツ飲料みたいでした。現地で飲む分には良いですが、さほど美味しいとは思えない上に重たいのでお勧めはできません~。

おすすめ度:★★☆☆☆
ここで購入:スーパーマーケット

自然派!Himalaya(ヒマラヤ)の歯磨き粉


インドの国民的コスメブランド Himalaya(ヒマラヤ)の歯磨き粉はアーユルヴェーディックの自然由来製品で、日本でも愛用者は多いようです。

Himalaya(ヒマラヤ)歯磨き粉
Himalaya(ヒマラヤ)歯磨き粉

種類は色々(トータルケアやホワイトニング等)あり自然派なペースト色に驚かれるかも知れませんが、良い商品だと思っています。

おすすめ度:★★★★★
ここで購入:スーパーマーケット、ドラッグストア

インドと言えばカレー! カレーペースト&レトルトカレー


日本人も大好きなインド料理でもあるカレーですが、インドではカレー = 汁物の総称なのだそうです。そして、その味わいも勿論違います!

本場インドのレトルトカレー
本場インドのレトルトカレー

レトルトカレー … コストは高いが手軽
カレーペースト … 手間はかかるがコスト安
といった特徴があります。

レトルトカレーは重たい&あまり割安感はありませんが、本場インドのレトルトカレーなんて食べる機会は少ないでしょうから、きっと喜ばれると思います。

おすすめ度:★★★★★
ここで購入:スーパーマーケット、空港

女子にお勧めHimalaya(ヒマラヤ)のフットケアクリーム


この記事内で2度目の登場となるブランド、ヒマラヤのフットケアクリームです。

Himalaya Foot Care Cream
Himalaya Foot Care Cream

香りは自然でパッケージも綺麗なフットケアクリームは女子へのお土産としてもお勧めです。私はインド旅行を手配してくれた旅行会社の担当者さんに送ってみました。

おすすめ度:★★★★★
ここで購入:スーパーマーケット、ドラッグストア

インドのインスタントラーメン マギー(maggi)


インドではあまり麺類を食べる習慣がなかったところにスイスのネスレ社が流行らせた?インスタントラーメンです。

インド インド マギー maggi
インド マギー maggi

ただラーメン(ヌードル)とは言っても汁気はなく、具もなく、味は全てカレー味です。(笑)
それほど美味しい訳ではありませんが、とても個性的でフィリピンのパンシットカントンのような中毒性も感じます。

おすすめ度:★★★☆☆
ここで購入:スーパーマーケット

自然派!PATANJALI Kesh Kanti シャンプー&コンディショナー


ここPATANJALIの商品を使ったことで「インドのコスメは優秀なんだなぁ…」と実感しました。

PATANJALI Hair Conditioner

気になるお値段ですがミルクプロテインシャンプーが約100ルピー、↑のヘア コンディショナーが約60ルピー。amazonでは5倍以上の価格で売られていたのにも関わらず評判が良いので、自分用のお土産としてもお勧めです。

おすすめ度:★★★★★
ここで購入:スーパーマーケット

もう少し日程に余裕があれば、もっと色々と物色できたのに…というのが心残りではありますが、それは次の楽しみとしてとっておきたいと思います。^^

参考:インド デリー旅行 観光に用意したいグッズ、その他の情報

|インド旅行記| 1/32/2 | 3/3(今ココ)|
通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ
【スポンサーリンク】


インド旅行記 2/3 高速鉄道で楽ちん!浴衣でタージマハル(Taj Mahal)観光。

我々夫婦がインド旅行を決意した大きな、いえ最大の理由が「一度は世界遺産 タージマハルを見てみたいから!」でした。

今回の宿泊先であるニューデリーからタージマハルのあるアグラへのアクセス方法は何通りかあるのですが…例えばです。( )内は所用時間
 ・車やバスを利用する(約5時間)
 ・高速鉄道を利用する(約1時間40分)

2泊4日の短い旅程ですし、時間と安心をお金で買う~という意味でタージマハルを日帰り観光するオプショナルツアーを組むことにしました。

インド最速と呼ばれる高速鉄道 ガティマン・エクスプレスなんて超楽しみ!きっと新幹線みたいな車両なのかなぁ♪なんて思ったら…流石にインドでそれはないですよね。こんなのが来ました。^^

インド最速 高速鉄道 ガティマン・エクスプレス
インド最速 高速鉄道 ガティマン・エクスプレス

インドの鉄道駅が日本のそれと違うのは、改札がないんです。

セキュリティチェックで荷物検査さえパスすれば誰でも入ってこれちゃうので、元々手ぶらの物乞いさんや、隙あらば観光客を騙しちゃおう系の方も多くいらっしゃいました。

ほぼ定刻通りにガティマン・エクスプレスに乗り込んでみました。

インド 高速鉄道 車内食と無料の水 内部の様子

ホームと車両入り口 = スロープが梯子状態なのもインドらしいですね。

乗車時間は前述の通り1時間40分程度なのですが、車内食が出るんですよね。メニューは飛行機のエコノミークラスレベルではありますが、インドらしさが味わえて満足です。

水もたっぷり1リットル入りが無料で貰えますが…これ、ミネラルウォーターだと思ってガブガブ飲まれますと、お腹の弱い方は身体に何らかの不具合が発生する可能性があります。私は細菌感染と思われる高熱が出てしまいました。栓はしっかり閉まってたのになぁ。^^;

アグラ駅前の様子

それはさておき、電車から降りてアグラの駅を出ますとご覧のような人だかりが。(笑)

この方々の多くはオートリキシャ(インドの三輪タクシー)ドライバーさん。
駅からタージマハルまでは5Kmほど離れているので、歩くには厳しいですからね~。

厳しいと言えばタージマハルに入る際には、かなり厳重なセキュリティチェックがあり、食べ物、飲み物、ペンやノート等の持ち込みが出来ないので、持ち物はスマホとカメラといった最小限で行きましょう。水はチケット売り場でもらえます。

タージマハル 大楼門

タージマハルのメインゲートに相当するのが こちらの大楼門です。

あ、服装は浴衣にしてみました。
「何で浴衣?」と、同じツアー参加の方にも尋ねられましたが、男性モノの浴衣って折りたたむとパンツ + Tシャツ以上にコンパクトなので旅に適しているのと、肌の露出が少ないので45度を超える過酷なイントの日差しを遮ることも出来ます。

インドの方々は あまり浴衣を着た日本人を見るのが珍しい事もあってか、想像以上の注目度でした。^^;

タージマハル

そして…とうとう…念願のタージマハルです~!お馴染みのアングルでパシャリ。

でも生憎の空模様で 青い空に映えるタージマハル&水面に映る逆さタージマハルは拝めませんでしたが、大理石造りの荘厳さは充分に伝わってきます。

来て良かった!!

タージマハル コーラン

土足厳禁の墓所にはシューズカバーを靴にかぶせて入ります。

遠くからではわからなかった外壁には黒大理石で模様が描かれています。ガイドさん曰くこれはコーランなのだそうです。

内部は撮影禁止なのですが、夫婦の棺が祀られておりました。

タージマハル側から見た敷地
タージマハル側から見た敷地

墓所はコンパクトではありましたが敷地はとても広く東西約300m、南北約560mあるそうです。そりゃ歩き疲れる訳だ。

王様より先にお亡くなりになったお妃さまの遺言で建てられたタージマハル。もしも私が王様だったら この案件はスルー…いやいや、そんな事はないでしょう。(笑)

皆様も機会があれば是非とも行ってみて下さい☆

参考:インド デリー旅行 観光に用意したいグッズ、その他の情報

|インド旅行記| 1/3 | 2/2(今ココ) | 3/3
通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ


インド旅行記 1/3 ブルームルームズ(bloomrooms ニューデリー)ホテル宿泊レポート 若い人向けホテル。

ゴールデンウィークを利用して以前からず~~~~~~っと行きたいと思っていたインドに行って参りました。そこそこ距離のある場所&オプリョナル利用で旅程も詰まっている状況下での2泊4日はそこそこの弾丸ツアーと言って良いと思われます。

ニューデリー bloomrooms前の喧騒

ちょっとした疲れの蓄積で体調を崩してしまう私には酷な日程ではありますが、帰路のフライトが確保できなかったので致し方なし…

ただ、ホテルはとても楽しみにしていたのです♪

今回お世話になったホテルがこちら、ブルームルームズというデザイナーズホテルで、正式名称はブルームルームズ@ニューデリー レイルウェイ ステーション(bloomrooms @ New Delhi Railway Station)といいます。


ブルームルームズ@ニューデリー レイルウェイ ステーション 立地

まずは立地ですが、ご覧のように更迭や地下鉄のニューデリーの駅からも近いなかなかの好立地ですが、ブルームルームズ(bloomrooms)から地下鉄のニューデリー駅にアクセスするには国鉄の駅を抜ける必要があります。

我々は道が良くわからなかったので、国鉄のニューデリー駅の中を通り抜ける選択をしました。^^; 駅に入るのにはセキュリティチェックが必要ですが、これが一番良いのかな?

bloomrooms 現地語
ブルームルームズ 現地語で書いた紙を持ち歩こう

ちなみに、ブルームルームズ(bloomrooms)に限った話ではありませんが、インドに旅行される前には予めホテル名称や訪れたい場所を現地語で記載した紙を印刷しておくべきかと思われます。

何せ現地の足になるであろうリキシャ&オートリキシャの運転手には殆ど英語が通じませんので…なのに何故かお金のに関しては問題ないとういう。(笑)

bloomrooms @ New Delhi Railway Station 中庭

そしてこちらがブルームルームズの紹介サイトで良く使われる中庭?の写真です。外観だけでなく、内容に関しても新しいホテルだけあって 、ニューデリーの他ホテルと比較しても相当に綺麗な部類に入るホテルなのだと思います。白と黄色を基調とした色合いもインスタ映えしそうです。

ちなみに建物は3階建てで、1Fはフロントとレストラン、2Fは中庭と客室、3Fは客室のみとなっています。

お茶の国 インドだけあってティーサーバーが各フロアに置かれているので、いつでも紅茶が無料で楽しめます。そして高速ではありませんが無線LANも完備。

ブルームルームズ@ニューデリー レイルウェイ ステーション 客室の様子
ブルームルームズ bloomrooms 客室の様子

そして客室の様子がこちら。

狭っ!そしてまさかの2段ベッド!
こりゃ確かに若い人向けですね。^^

トリップアドバイザーの口コミでは喧騒から離れた、静かで過ごしやすい~なんて書かれておりましたが、少なくてもそれはですね。夜半くらいまではクラクションの音を覚悟した方が良さそうです。

バスタブはなくシャワーのみで、ドライヤーも備え付けられてません。そして窓もないもんだからエアコンの効きは良いのですが、なかなかの閉塞感です。

セキュリティボックスはありますが、冷蔵庫はありません。これはビール冷やしておけないじゃん!でもこれが安さの秘訣なのでしょうね♪

ニューデリー駅 ローカルインドカレー屋
ニューデリーで味わう まさに本場のインドカレー

そして日本人旅行者を困らせる大きなポイントが、コンビニ的なお店が1軒も見当たらなかった事ですかね~。そもそもインド全体で見ても そういったお店はとても少ないようです。ただ、ニューデリー駅にほんの少しだけ歩けば対面販売の酒屋さんが、もう少し歩けばカレー屋さんが軒を連ねます。

お陰で「インドでインドカレーを食べる!」という願望が叶いました。(笑)
(ちなみにカレーはホテルの朝食でも食べられるんですケドね。)

あと、野良犬(とても可愛いですが…)がとても多いので 安易に近づかないようにしましょうね。

参考:インド デリー旅行 観光に用意したいグッズ、その他の情報

|インド旅行記| 1/3(今ココ) | 2/23/3
通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ
【スポンサーリンク】


サブコンテンツ

このページの先頭へ