骨取りサバ(骨抜き鯖)の切り身は後戻りできない便利さ!

人間ってのは一度でも「便利な状態」を味わってしまうと、それ以前の状態にはなかなか戻れないものだと、年齢を重ねるに連れ実感するシーンが多くなりました。

最近(とは言っても随分前ですが)それを感じたのが、アリエールの洗濯用洗剤 ジェルボールシリーズです。これに慣れてしまうと「洗濯機の所定位置に、洗濯物の量に応じた洗剤を入れておく。」という、たったこれだけのアクションすら面倒くさく感じてしまいます。

それ故、今後はこの鯖(サバ)しか食べたくなくなるのかな?という思いを巡らせつつ注文してみたのがコチラ、骨取りサバです。

骨取りサバ
骨取りサバ

骨取りサバとは?
文字通りなのですが、塩釜市近郊の漁港(塩釜港や石巻港)で水揚げされた新鮮な国産鯖の骨を全て人の手で取り除き、40g程度に切り分けられた切り身です。

流石に個包装ではありませんが、これまで面倒だった下処理から解放されるので、シンプルに塩焼きする以外にも竜田揚げ、南蛮漬け、サバの味噌煮、塩コショウ焼き、サバサンド…etc、様々な鯖料理に使えちゃいます。

便利~☆

骨取りサバ 調理例

鯖の塩焼きをおにぎらず(過去の記事へ)を使っておにぎりにしました。冷凍なので味はどうかな?と思ったら普通に美味しいですよ。

どうしても割高になってしまうので普段使いには不向きかも知れませんが、時間をお金で買う♪という価値観の方であれば とても便利で良いと思います。

iHerb イタリアン シーズニング 鮭に使ってみた

参考:
ちなみに、こちらのショップさんでは鮭(サケ)の切り身も骨とりバージョンがありました。

いずれもiHerbのイタリアンシーズニングとの相性も抜群で美味しく頂けました。

骨取りサバ(骨抜き鯖)の切り身 お取り寄せ・購入先情報

【スポンサーリンク】


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ