[幻の梨] 今しか食べられない(かも知れない)貴重で希少な和梨 栃木県産 きらり梨。

すっかり涼しくなって秋の予感を感じさせる気候が続き、スーパーの店頭にはが並ぶシーンが多くなってきました。待ちに待った梨の季節到来です☆^^

私も本当~~~に梨が大好きで、これまでにも彩玉にっこり梨香り梨等の割と珍しい(店頭に並び難い)品種をお取り寄せしてきたのですが、今後恐らくは入手自体が不可能になるといわれる品種を発見してしまいました。

栃木県産 きらり梨という品種です。

きらり梨

これまでにも都内一部の市場と地元にしか出回らない希少な梨で、おさ二十世紀とにっこり梨を掛け合わせた品種なのだそうです。

それが何故、幻と呼ばれるか?なのですが、きらり梨は味は良いのですが栽培が難しい上に製品になる確率が低いので、栽培しようとする農家さんが増えず、ついにはJAうつのみやでも生産が終了することとなりました…
今後も一部の農家さんで細々と栽培されることはあるかと思います。

なので今回が最後のチャンスかも!という訳でお取り寄せに至りました。
本来は600~800グラムにも育つ大玉らしいのですが、今回は小ぶりですねぇ…まぁ味が良ければ問題ないので早速カットしてみましょう。

きらり梨 食べてみた
きらり梨 食べてみた

口当たりは若干柔らかで適度なシャリ感ありです。

糖度はかなり高い方思いますが、上品な香りが皮を剥き始めた瞬間に分かるレベルのたっぷり果汁と共にぶわわ~っと広がります。

確かに珍しくて美味しいのですが、香り梨彩玉ほどのインパクトはなく、そして驚くレベルの美味しさとも言えないので「難しいから栽培を辞めちゃおうかな?」という農家さんのお気持ちも理解できるような…(苦笑)

こういった農作物が幻となってしまうのは、それなりの理由があるのだと実感しますよね。ニーズがあれば高く売れるますし、そうなると生産は続くハズなので…

それはさておき、本当に最後のチャンスかも知れないので、私と同じような梨好きな皆様には、一度味わって頂きたい梨でございます。

きらり梨 お取り寄せ・購入先情報

【スポンサーリンク】


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ