人生初のノイズキャンセリングイヤホン(ノイズキャンセルイヤホン)体験レポート デジタル耳栓としても☆

「何で今まで気づかなかったのだろう?」
と、自分の情弱さ&気づきの無さに嫌気がさすシーンが増えたのは、加齢による影響もあるのでしょうかねぇ…しみじみ。

私、これまで海外に行くたびに自身の英語力の無さを痛感 英語のリスニング教材を試す 電車がうるさいのでボリュームを上げる 耳は痛いし周囲の迷惑にもなるので諦める~みたいな事を、恥ずかしながら何度か繰り返してきたのですが、やっと気づいたのですよ。

これはノイズキャンセル機能が付いたノイズキャンセリングイヤホン、若しくはノイズキャンセリングヘッドホンを使えば良いのではないか?と。

これがビンゴでした。^^

ソニー ノイズキャンセリングイヤホン MDR-EX31BN
ソニー ノイズキャンセリングイヤホン MDR-EX31BN

今回、私が購入しましたのはソニーのワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン MDR-EX31BNというカナル型の2018年モデルです。
本体 コントローラ間はBluetoothによる無線接続、コントローラ ⇔ イヤホン間は有線接続~というタイプ。

家電量販店の店頭でも試した最新モデルの多くは、左右それぞれのイヤホンにバッテリが備わっているタイプでしたが、私はあえて このタイプを選んだんです。

その理由は以下の通り。
 ・独立タイプは無くしちゃいそう
 ・独立タイプよりもバッテリの持続時間が長い
 ・イヤホンが軽い
 ・コントローラが何かと便利

SONY MDR-EX31BN

早速、設定して音楽を聴いてみますと…最初のうちは「正直、こんなものか?」と効果を疑問視したりもしましたが、ノイズキャンセリング機能の効き具合は 地下鉄を下車し、機器の電源を切った時に大きく実感しました。

ノイズキャンセリング機能を有効にしていた時には殆ど気にならなかったゴオォォという電車が動く音、人々の足音等、駅構内に響きわたるノイズが急に大きくなるんですよ。これにはビックリしました。

SONY MDR-EX31BN

そして音楽を流さずにノイズキャンセル機能だけを使えば、快適に読書等も楽しめそうです。まさにデジタル耳栓的な使い方ですな。

充電も8時間程度は余裕だったので、長距離通勤・通学にもバッチリ。音量を抑える事にも役立つので、周囲にも優しいおすすめのイヤホンでございました。

ノイズキャンセリングイヤホン 購入先情報

【スポンサーリンク】


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ