「パソコン・家電・AV」の記事一覧

[こういうのでいいんだよ] Lenovo(レノボ)ThinkCentre M715q 5万円PC 手のひらサイズデスクトップパソコンは驚異のコスパ。

消耗するパーツ(ハードディスク)をSSDに交換して高速化を図ったり、埃の侵入防止対策をしてみたりと、色々と手を加えていた事もあってか、今までハードウェア的には特に問題がなかった我が家のパソコン君@2010年製でございますが、ついに起動しなくなってしまいました。orz

原因はハードウェアの故障ではなくWindows Update。
きっと起動に必要なコンポーネントの一部が壊れたのだと思いますが、待てど暮らせどWindows10は起動してくれませんでした。

幸いにもデータには救い出せたのですが、Windows7 Windows10には無料期間中にアップグレードしたものなのでOSのライセンスがない状態…なので、これを機に買い替える事にしました。

lenovo ThinkCentre M715q CD-ROMとの比較
lenovo ThinkCentre M715q CD-ROMとの比較

ここで迷ったのがノートパソコンにするか?それともデスクトップパソコンにするか?なのですが、2~3日悩んだ結果 後者のデスクトップPCと相成りました。

これは価格が半分くらい~というコストメリットもさることながら、ノートPCの場合は仮に液晶が壊れたとしても機器全体を修理に出さなければならない~という、言うなれば「テレビデオ状態」なのが嫌なので。

不通にWEBや動画閲覧、そしてOffice系アプリケーションが快適に動くのあれば拡張性も必要なので、今回のlenovo ThinkCentre M715qになった訳です。

とても小さいですよね。

lenovo ThinkCentre M715q 背面
lenovo ThinkCentre M715q 背面

初心者の方にとって敷居が高いかな?と思うのは、CPU、メモリ、SSD、モニタのコネクタ形状といった構成をカスタマイズしなければならない点ですが、メモリは最低でも8GB、SSDの容量は買い替えであれば従来以上のサイズは欲しいところです。

lenovo ThinkCentre M715q 前面
lenovo ThinkCentre M715q 前面

それでも価格は6万円以内には収まるのではないでしょうか?
Intel互換CPUが採用されているのも安さの秘訣かとは思いますが、充分に高性能な部類に入るPCだと思います。

コスパ(コストパフォーマンス)は大変良好です。

lenovo ThinkCentre M715q 内部構造
lenovo ThinkCentre M715q 内部構造

カバーはネジ1か所で外せる~というメンテナンスのし易さがレノボらしいですよね。今まで使っていたSSDを簡単に増設できました。

これなら「いざ」という時にも簡単に持ち運べるので、モバイルデスクトップとしても使えちゃいます。

lenovo ThinkCentre M715q 光学ドライブ
lenovo ThinkCentre M715q 光学ドライブ

ちなみにオプションでDVD-ROMを選択すると、このような疑似一体型に。頻繁に使う方ならチョイスしても良いかも?

価格を抑える為にPCを自作するのがアホらしくなるレベルの、本当に良い買い物だったと思いました。

Lenovo(レノボ)ThinkCentre M715q 購入先情報


人生初のノイズキャンセリングイヤホン(ノイズキャンセルイヤホン)体験レポート デジタル耳栓としても☆

「何で今まで気づかなかったのだろう?」
と、自分の情弱さ&気づきの無さに嫌気がさすシーンが増えたのは、加齢による影響もあるのでしょうかねぇ…しみじみ。

私、これまで海外に行くたびに自身の英語力の無さを痛感 英語のリスニング教材を試す 電車がうるさいのでボリュームを上げる 耳は痛いし周囲の迷惑にもなるので諦める~みたいな事を、恥ずかしながら何度か繰り返してきたのですが、やっと気づいたのですよ。

これはノイズキャンセル機能が付いたノイズキャンセリングイヤホン、若しくはノイズキャンセリングヘッドホンを使えば良いのではないか?と。

これがビンゴでした。^^

ソニー ノイズキャンセリングイヤホン MDR-EX31BN
ソニー ノイズキャンセリングイヤホン MDR-EX31BN

今回、私が購入しましたのはソニーのワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン MDR-EX31BNというカナル型の2018年モデルです。
本体 コントローラ間はBluetoothによる無線接続、コントローラ ⇔ イヤホン間は有線接続~というタイプ。

家電量販店の店頭でも試した最新モデルの多くは、左右それぞれのイヤホンにバッテリが備わっているタイプでしたが、私はあえて このタイプを選んだんです。

その理由は以下の通り。
 ・独立タイプは無くしちゃいそう
 ・独立タイプよりもバッテリの持続時間が長い
 ・イヤホンが軽い
 ・コントローラが何かと便利

SONY MDR-EX31BN

早速、設定して音楽を聴いてみますと…最初のうちは「正直、こんなものか?」と効果を疑問視したりもしましたが、ノイズキャンセリング機能の効き具合は 地下鉄を下車し、機器の電源を切った時に大きく実感しました。

ノイズキャンセリング機能を有効にしていた時には殆ど気にならなかったゴオォォという電車が動く音、人々の足音等、駅構内に響きわたるノイズが急に大きくなるんですよ。これにはビックリしました。

SONY MDR-EX31BN

そして音楽を流さずにノイズキャンセル機能だけを使えば、快適に読書等も楽しめそうです。まさにデジタル耳栓的な使い方ですな。

充電も8時間程度は余裕だったので、長距離通勤・通学にもバッチリ。音量を抑える事にも役立つので、周囲にも優しいおすすめのイヤホンでございました。

ノイズキャンセリングイヤホン 購入先情報

【スポンサーリンク】


パナソニック(Panasonic)沸騰浄水コーヒーメーカー 全自動タイプ NC-A57-Kを買ったのでレビュー!

楽しい海外旅行ではあるのですが、いつも心残りなのはご当地コーヒー豆を買って帰れないことです。コーヒーって凄く個性ありますものね~。でも、自宅にはネスカフェ バリスタしかないので、いつもインスタントコーヒーで我慢しておりました。

が、「やっぱりコーヒーメーカー欲すぃ!」となったのが、フィリピンでのバラココーヒーとの出会いでした。

バラココーヒー
バラココーヒー

バラココーヒー(Barako Coffee)とは?
標高が低い場所で育つフィリピン特有のリベリカ種で、その流通量は全世界で1%以下なのだそうです。

レアだしお土産にも最適だし、何より飲んでみたいのでコーヒーメーカーの購入と相成りました。^^

ただ、とても面倒くさがりなので手間がかかるタイプのコーヒーメーカーはNG。
そこで売れ筋ランキングでも上位で、とても評判の良かったパナソニック(Panasonic)の全自動 沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A57を購入してみることにしました。

パナソニック NC-A57
パナソニック NC-A57

ミルを付け替えることで「粗挽き」「中細挽き」に挽き分けが可能で、更に「リッチ」「マイルド」に淹れ分けられるコーヒーメーカーです。

豆を挽く 水を沸騰浄水する ミルを洗浄する 蒸らす 抽出する 保温する~といった、コーヒーを淹れる為の全ての工程がボタンを2回押すだけでOKの簡単操作。

コーヒーを淹れる過程の中でミルを自動洗浄してくれるのがイイですね。これは競合他社製品にはない特徴でした。

Panasonic NC-A57

ただ、人生初のコーヒーメーカーということもあって一つ勘違いしていただ事が…それがコーヒー豆と水のストックに関してです。
ペーパーフィルターは毎回交換するとしても、コーヒー豆と水は入れっぱなしで良いと勘違いしてました。

でも肝心なコーヒーの味はバッチリで、とても美味しいコーヒーが抽出できました。
豆を挽く際にそれなりに大きな音はするものの、メンテナンスも楽な方なのだと思います。

Panasonic NC-A57

ちなみに前モデルのNC-A56と今回ご紹介したNC-A57の違いは、デカフェ豆というカフェインレスの豆に対応している点です。

海外旅行先でコーヒー豆を買う楽しみが増えて嬉しい限り。そして毎日美味しいコーヒーが飲めるシアワセを是非!

パナソニック Panasonic 沸騰浄水コーヒーメーカー 全自動タイプ NC-A57-K購入先情報

【スポンサーリンク】


デスクトップパソコンの埃(ホコリ)対策 フィルター貼付で楽々メンテナンス☆

昔と比べて今はデスクトップタイプのパソコンを使われている方は相当に減ったと思うのですが、コストに対する作業の快適さを追求するなら、やはりノートよりもデスクトップだな~と確信しております。

それはさておき、PCの頭脳に相当するCPUですが、これが熱を持ちますと計算を間違えたり暴走したりと 人間と同じで色々と良くない事が起こります。
そこでCPUの上にはヒートシンクという、アルミニウムのような熱伝導率の良い素材で表面積を稼ぐパーツを配置して、そこにファンで風を当ててCPUを冷却する訳です。

でもこのヒートシンクにホコリが溜まりますと、CPUの熱が逃がせなくなってしまいます。

ヒートシンク
参考画像:埃(ホコリ)が詰まったヒートシンク

熱が逃がせないとパソコン君は更にファンの風量をUPさせて冷却を図ってくれたりもするのですが、それには限界もあるので パソコンのキャビネットを開けて ほこりを掃除してあげる必要があります。

まずはエアーダスターで大きなホコリを吹き飛ばし、ヒートシンクに詰まったようなホコリは綿棒で丁寧に取り除きます。(写真撮っておけば良かったな…)

それほど難しい作業ではないのですが、問題はとにかく面倒くさいことです。
ではどうするか?と言えば、こういったメンテナンスの機会を減らす工夫をするしかないんですよね。

例えば、今回ご紹介するフィルター使うとか。

パッと貼るだけ ホコリとりフィルター 換気扇用 15㎝タイプ 8枚入
パッと貼るだけ ホコリとりフィルター 換気扇用 15㎝タイプ 8枚入

は本来であればトイレや脱衣所にある換気扇に貼り付けるタイプのフィルタなのですが、これをデスクトップPCの吸気部分に貼り付けると…はい、大部分のホコリの侵入をシャットアウトする事が出来ちゃいます。

デスクトップPC側面の吸気口に貼ってみました。

パッと貼るだけ ホコリとりフィルター デスクトップパソコンに使ってみた
パッと貼るだけ ホコリとりフィルター デスクトップパソコンに使ってみた

最初は「こんなの貼って大丈夫かな…」「吸気が妨げられたりしないだろうか?」なんて思っていたのですが、手をかざしてみると風を感じる = 無用な心配でございました。

今回は15cmタイプを購入しましたが、好みおn大きさに自由にカットできるので 機器によっては より大きいタイプをチョイスするのもアリかと。

これでパソコン内部を掃除する機会は激減♪
大きな熱を出す部分には不向きですが、パソコン以外にも幅広く使えるのが良いと思います。

精密機器にホコリは大敵!私同様に面倒くさがりの方にもお勧めなグッズでございました。

パッと貼るだけ ホコリとりフィルター 購入先情報

【スポンサーリンク】


1000円以下の乾電池式電動歯ブラシ ブラウン オーラルB プラックコントロール 会社や旅行には良いが…

本当は会社でも時間をかけて歯磨きをしたいところなのですが、ナカナカそうも言っていられない事情、それは会社で歯磨き出来る場所がほぼトイレに限定されていることです。

何せ同じ空間でウ〇コしている人がいる訳ですからね~特に昼休み終盤は。

故に歯磨きタイムの時間短縮を図る = 不快な空間への滞在時間を減らして自分を守る意味でも必須な訳で、そうなると歯を短時間で効率良く磨ける電動歯ブラシの導入は自然な流れなのであります。

でも何種類もの動作モードがあるような多機能の本格的な電動歯ブラシは必要とは思えない…という訳で、今さらながらに購入したのがブラウンの大ベストセラー乾電池式電動歯ブラシです。

ブラウン オーラルB プラックコントロール DB4510
ブラウン オーラルB プラックコントロール DB4510

思った通り安っぽいわぁ~プラモデルような造りですが、これは本当に安いから仕方がないです。何せ1000円以下ですからね♪

フィリップスのソニッケアーであれば純正替えブラシ1本すら買えない価格で回転式の電動歯ブラシ本体が入手できる時代になったとは…(安価なソニッケアー替えブラシはこちら

付属のアルカリ乾電池2本をセットして、早速その動きを確かめてみましょう。

乾電池式電動歯ブラシ ブラウン オーラルB プラックコントロール

何しろモードが1つしかないので、ONとOFFを切り替えるメインスイッチを押すだけ~と、操作はとてもシンプル。

押してみますと…ん?

実は過去にもブラウンの充電式電動歯ブラシを使っていたことがあるのですが、振動が大きくて回転音も低い事から 回転数は充電式よりも少ないのだと思います。

まぁ乾電池式ですからね~少々非力なのは仕方なしなので、実際に使って判断しましょう。

ブラウン オーラルB 電池式のカップ先端

研磨剤フリーのホワイトニング歯磨き粉をつけてスイッチオン!いつもの感じで歯に接触させて動かしてみますと…ん?(2度目)

やっぱ少々非力ですかね~。加圧ストッパーは付いていない廉価モデルなのですが、強めに歯に押し当てると回転数が下がります。
これだと歯の表面は磨けても、歯間の汚まで落とすのは難しいかもなぁ…そして歯周ポケットのケアにも不向きだと思います。

コスパ最高、お値段以上、コスパ最強という口コミやレビューを参考に購入したのですが、価格相応かと思われます。決して悪い商品ではないのですが、コレを毎日メインで使おうとは考えない方が良いんじゃないかな…歯は一生モノなので、ケアの失敗は歯を失う原因にもなりかねませから。

そして、これならもう少しお金を出して、ちゃんとした充電式のモデルを買った方が良いでしょう。でも旅行先や外出先で短時間で歯磨きしたい!という利用シーンには合致しているのは間違いありませんので、そのように使っていきたいと思います。

ブラウン オーラルB プラックコントロール 乾電池式 購入先情報

【スポンサーリンク】


サブコンテンツ

このページの先頭へ