「旅行・一人旅」の記事一覧(2 / 27ページ)

[草津温泉] 昔心の宿 金みどり 旅館食の領域を超えた料理(夕食)が素晴らしい温泉宿。

県外への移動制限も解除されたので、現地の方にご迷惑をおかけする事がないように衛生面では万全の配慮をしつつ、ストレス発散がてらに草津温泉に行って参りました。

アクセスは安価な高速バスを利用しました。
バスタ新宿から伊香保温泉を経由して、草津バスターミナルまで片道約4時間の旅路です。

草津温泉 湯畑
草津温泉 湯畑

草津温泉のシンボルでもある湯畑に近づくにつれ漂う硫黄の香り…この香りを嗅ぐと「ああ、草津に来たなぁ♪」とほっこりした気分になります。

ちなみに前回の草津旅行は2011年なので(その時の様子へ)9年振りになりますが、湯畑周辺は少しばかり整備も進んで、若干洗練された印象。

それにしても…密を避ける意味でも平日に訪れはしたものの、結構 観光でいらっしゃる方が多いですねぇ~。流石、日本3名泉の一つでもある草津温泉。若いカップルやご家族連れが多い印象でした。この様子だと土曜日の宿泊は避けた方が良いかも知れません。

昔心の宿 金みどり
昔心の宿 金みどり

さて、今回 宿泊でお世話になる温泉宿は昔心の宿 金みどりさん。
明治35年創業の老舗で、元々は料亭だったことから、料理の口コミが非常に良い旅館です。アクセスはバスターミナルからも湯畑からも徒歩5分程度ですかね。中心地にありながら車も観光客の喧騒もなく、落ち着いた佇まいです。

ロビーは落ち着いた雰囲気の、和風旅館の面持ち。
小上がりには落ち着いた男性用色浴衣、可愛らしい色合いの女性用色浴衣がズラリ。これは女子に嬉しいサービス。

草津温泉 金みどり 和風の客室
草津温泉 金みどり 和風の客室(和室)

客室は落ち着いた和室とデザインルームがあります。

いずれもバス・トイレ付ですが、ここに来て室内の風呂を利用する意味はないのでスルーで良いと思います。私達は和室を利用したのですが、地味に嬉しかったのが寝具、マットレスです。

点で支える突起が並んだこの形状…もしかして西川のエアーマットレスじゃないですかね?軽くて通気性も良く、温泉で温まった身体をゆっくり休められました。

草津温泉 金みどり 大浴場
昔心の宿 金みどり 公式サイトより

大浴場は内風呂、露天風呂が男女別にそれぞれ1つずつ、そして離れには有料の貸切風呂があります。(撮影できないので画像は公式サイトより拝借しました。)

温泉は言わずと知れた含硫黄の名湯!ちょいと舐めてみますと…おおっ、酸っぱい。この強酸性が肌の余分な角質をリフレッシュしつつ、身体を芯から温めてくれます。

内湯の温度は高めですが、露天風呂は若干低めなので入りやすかったですよ。
また、内湯と露天では泉質が異なるのもうれしいポイント。泉質主義を掲げる温泉はもちろん源泉掛け流し☆

草津温泉 金みどり 夕食
草津温泉 金みどり 夕食フルコースの一部

そして何よりこの金みどりさん、食事が素晴らしいんです。

食事は落ち着いた照明のお食事処で頂きますが、私は宿にとってコストがかかる部屋食よりも、温かいものは温かいうちに食べられる食事処が良いと思っています。

夕食の内容は宿善のジュース 前菜 お椀 お造り 焼肴 煮物 強肴 食事 留椀 香の物 水菓子 という、一般的な旅館食フルコース?と思われるかも知れませんが、とんでもないです!

地元の食材を使った創作性のある料理の数々は見た目にも綺麗に盛り付けられ、一品一品がとても丁寧に作られていて、とても美味しく頂けました。それはレストランとして独立運営しても良いんじゃないかな~と思えるくらいに。

金みどり 夕食 山女魚蕗味噌鋳込み

特にビックリしたのが山女魚(やまめ)の焼き物ですね。
癖のない淡白さながらも、繊細な身と上品な味わい…こんなに美味しい川魚は久々に出会えました。良い年齢をして無言でもくもくと食べ続きてしまいました。
パリパリになるまでこんがりと揚った骨も良いアクセントになってます。

これまでの人生で色々な旅館に宿泊してきましたが、いわゆる一般的な旅館メシとは一線を画す素晴らしいもので、これは大人向けですね~。

料理付きですと宿泊料金もお安い方ではありませんが(素泊まりはお安いです)、それ以上の満足感が味わる大人のデートや大人時間を過ごすのに最適な温泉旅館でございました。スタッフさんの気遣いも繊細で優雅な時間を過ごせました。

ちなに、今回利用したのは夕食付き、朝食なしプランです。
このプランだと、朝風呂に入ってからもゆっくり布団でゴロゴロできますので。(笑)

草津 湯畑のライトアップ
草津 湯畑のライトアップ

夜の湯畑ライトアップも綺麗でした!

昔心の宿 金みどり オンライン予約

【スポンサーリンク】


[那須温泉] 東京から公共交通機関(高速バス)のみで行けるサンバレー那須 にごり湯が格安で楽しめた!

新型コロナウィルスの影響をモロに受けまして楽しみにしていたベトナム旅行は残念ながらキャンセルとなりました。orz
その代わりにどこか東京から近くて公共の交通機関のみでアクセス可能な温泉、それも出来れば濁り湯(にごり湯)が良い!という訳で2016年に行った那須で動物たちと触れ合った楽しい記憶が蘇ったので、今回も那須旅行に決定しました。

テーマは「那須モフモフ巡りの旅」です。(笑)

車を運転しない我々にとっては 前述の通り「公共交通機関のみでアクセス可能」であるというのは非常に重要なポイントとなりますが、それは問題ありません。
新宿駅のバスタ新宿や東京駅の八重洲口から高速バスで那須のターミナル的な位置づけである道の駅 友愛の森まで片道約4時間弱、運賃は片道3000円ちょっと(新幹線の約半額)で行けちゃいます。

更に、今回訪れたモフモフスポット(動物とのふれあいスポット)とホテルは全てきゅーびー号という那須の観光バスで巡回できます。今回もきゅーびー号のイエローラインという路線を使いました。

那須 ワールドモンキーパークにて
那須 ワールドモンキーパークにて(那須モフモフの旅 1日目)

今回はホテル(サンバレー那須)の紹介なので、モフモフとの触れ合いに関しては簡単にさせて頂こうと思ったのですが、那須 ワールドモンキーパークの印象はと言うと…とても残念なものでした。

数年前はあれだけ人懐っこかった猿(エリマキキツネザル)の人間への警戒心は高まり、ワオキツネザルに関しては触れ合いすら出来なくなりました。

更にこの日は新型コロナウィルス対策として一か所にとどまれる時間、すなわちサルと触れ合える時間はわずか10分に制限されてしまいました。

那須 りんどう湖レイクビュー わんニャン館
那須 りんどう湖レイクビュー わんニャン館(那須モフモフの旅 2日目)

りんどう湖レイクビューわんニャン館は、本来であれば小型犬、猫、大型犬(セントバーナード)との触れ合いが何と平常時でも15分で500円という都市並みの価格設定。

更にこの日は新型コロナウィルス対策として1組ずつの案内に加えて15分のみの滞在に制限されてしまいました。

しかも天候は雪…極寒でタイル張りの地面は水でビショビショ。そんな半屋外にセントバーナードを一頭放って「はい、触れ合って下さい♪」という姿勢には本当にビックリ。
寒さには強いセントバーナードではありますが、リラックスした体制をとりたくて伏せようとしたのに、濡れた冷たいタイルを嫌がって驚いて立ち上がる様子は本当に可哀そう…なので早々に切り上げさせてもらいました。

上記2個所の施設HPに こういった(コロナ対策による触れ合い制限等)事前告知が出来ていれば利用者も納得の上で出向くので問題ないと思うのですが、行ったときにイキナリ言われる~という点に、厳しい言い方をすれば利用者への配慮を欠いた田舎の観光地といった印象を受けます。

前置きが少々長くなりましたが、本題のサンバレー那須についてご紹介します。

ホテルサンバレー那須 施設案内マップ
ホテルサンバレー那須 施設案内マップ
ホテルサンバレー那須 公式サイトより

東京からの高速バスでも、友愛の森からの巡回バス(きゅーぴー号イエローライン)でもアクセスできるホテルサンバレー那須ですが、見渡してその広さに驚きました。
これ、街の区画がサンバレー那須っ!という感じですね~本当に広い敷地面積。

ホテルサンバレー那須には 1.本館、2.オリエンタルガーデン、3.フォレストヴィラ、4.ザ・コテージ、5.ガーデンスウィート、6.ふくろうの森、7.クイーンズコリーナ、8.アネックス、9.山荘(期間限定営業)というそれぞれ異なる趣をもつ宿泊棟があります。

価格、食事内容、設備の組み合わせから相当な種類の宿泊プランが存在するので迷ったのですが、館内に大規模な温泉施設があるものの喫煙可能な本館よりも、全面禁煙のオリエンタルガーデンに宿泊することにしました。

ホテルサンバレー那須 オリエンタルガーデン客室
ホテルサンバレー那須 オリエンタルガーデン客室

宿泊した客室はオーソドックスなツインルームでした。

それほど広くはありませんがが、温泉メインの滞在であれば充分な感じです。
バス・トイレはユニットバスになりますが、そもそも部屋でユニットバスを使う必要性もないので問題ありません。空気清浄機が付いているのも嬉しいですね~。

露天風呂付客室やコネクティングルームもあるようです。

オリエンタルガーデン 夕食バイキング
オリエンタルガーデン 夕食バイキング

オリエンタルガーデンでの夕食は前菜とメインがホテル側が個別に用意してくれますが、それ以外は中華中心のビュッフェ形式(バイキング形式)です。

この日のメインは那須牛のサーロインステーキとオマール海老と野菜のグリルでしたが、いずれも美味しく頂けました。
バイキングメニューは普通レベルではありますが、お子様からお年寄りまで幅広い年齢層の方も無理なく楽しめる味付けです。

地ビールや地酒の種類が多ければな~とは思いますが、充分に楽しめました。生ビールもサーバーが清潔に保たれているのが分かる美味しさでした。

ホテルサンバレー那須 オリエンタルガーデン 湯処ひのき
ホテルサンバレー那須 オリエンタルガーデン 湯処ひのき
ホテルサンバレー那須 公式サイトより

フロントと客室の一部と同フロアには湯処ひのきという、建物全体が檜で造られた贅沢な大浴場があります。

設定温度40℃の大きな内湯が1つと、38℃、40℃、42℃それぞれ設定温度が異なる3つの小さな露天風呂があります。これらはいずれも白濁した硫黄泉♪にごり湯ってテンション上がりますよね。(笑)
硫黄泉と言えば群馬の草津温泉が有名ですが、草津のお湯よりも刺激が少ない優しい湯あたりだと思います。

残念ポイントとしては若干の加水がされていることですかね~。
これは源泉の温度が高すぎるが故ですが、もう少し別な仕組みで温度を下げてくれたらホテルの価値も上がるのに…とは思いました。
あと、赤青のホースが外から丸見えなのも改善すべきかも。

でも新緑の季節には素晴らしい見晴らしが期待できそうです。

雪が積もった3月のホテルサンバレー那須
雪が積もった3月のホテルサンバレー那須

宿泊者であればチェックイン前は無料で温泉が堪能でき、チェックアウト後でも500円で入浴可能という温泉三昧の過ごし方が出来るホテル。
スタッフさんも親切で車の通りも殆どないので、とても静かに滞在できちゃいます。

巡回バスの一つが運航されなくなったり、サッポロビール那須工場に隣接された森のビール園が閉館になったり、観光施設のレベルは下がったり…と、若干のオワコン感もある那須の中でもそれなりの満足感が味わえる、リーズナブルでファミリー向けにもおすすめの温泉ホテルでございました。

やはり平日がねらい目かな☆

ホテルサンバレー那須 オンライン予約サイト情報

【スポンサーリンク】


LA VISTA伊豆山(ラビスタ伊豆山)ファミリー(小さいお子様のご家族)や長期滞在に最適な熱海のマンション型リゾートホテル。

まずは温泉ホテルのレビューとは何ら関係のない内容ではございますが、熱海にある実家の新しくペット(セキセイインコ)を迎えた♪という事で、金曜日に有休休暇を取得して熱海旅行を計画することにしました。

市内エリアは少々値段が高い上に実家からも近くて新鮮味がないので、今回は以前から狙っていたLA VISTA伊豆山(ラビスタ伊豆山)に泊まってみることにしました。ここは熱海の中でも伊豆山エリアと呼ばれる高台に位置し、温泉の質も市内と違って柔らかいので、のんびり浸かっていられるのです。(詳細は後述します)

駅からは車では10分程度なので歩いても行けない距離ではありませんが、急な坂道が続くので結構大変。でも電車等の公共交通機関を利用される方でもホテルへの往復送迎してくれるシャトルバスがJR熱海駅から発着しているので安心です。

LA VISTA伊豆山(ラビスタ伊豆山)外観
LA VISTA伊豆山(ラビスタ伊豆山)外観

・LA VISTA伊豆山(ラビスタ伊豆山)シャトルバス乗り場
JR熱海駅の改札を出て右前方の1番乗り場
マクドナルド側にもシャトルバス乗り場がありますが、そこではないのでご注意を。

・LA VISTA伊豆山(ラビスタ伊豆山)シャトルバス時刻表
熱海駅 ホテル
13:45、14:15、14:45、15:15、15:45、16:15、16:45、17:15

ホテル 熱海駅9
9:45、10:15、10:45、11:15、12:15
変更あるかも知れないので、ホテルの詳細ページ確認をお勧めします。

坂道の中腹に建てられたマンションタイプの温泉ホテルで、フロントがある正面玄関は2Fになっています。(駐車場もあります)
フロントで浴衣(ここの場合は作務衣)を人数分受け取って客室にGO!

LA VISTA伊豆山(ラビスタ伊豆山)客室
LA VISTA伊豆山(ラビスタ伊豆山)客室

LA VISTA伊豆山(ラビスタ伊豆山)の特徴の一つである広々とした客室(和洋室)がコチラです。

間取りは2LDKで75平方メートルはありそう。
1部屋で5名まで宿泊できます。

床面はフローリングに見えますが、クッション性のある柔らかい素材なので小さなお子様にも配慮されていると思います。加湿器・空気清浄機があるのは地味に嬉しいかも。

LA VISTA伊豆山(ラビスタ伊豆山)客室詳細

客室にも独立したバスルームはありますが、良質な温泉(後述)があるので利用頻度は無いかも知れません。

地デジ対応の大型テレビはもちろん、空の大型冷蔵庫もあってドリンクの持ち込みは自由、電子レンジや流し台、コンロといった、まさに普通のキッチンがあるので自炊や長期滞在にも対応でき、アメニティにも不足なしです。

我々は地元出身者なので今回は素泊まりプランを利用しましたが、近郊には飲食店がとても少なく、加えて閉店も早いので土地勘のない方は無難に食事付きプランを選択された方が良いでしょうね。
旬の素材を活かしたハーフバイキングは評価も上々のようです。

ちなみに夜鳴きラーメンも無料!これは小腹が空いたときに嬉しいサービスです。

LA VISTA伊豆山(ラビスタ伊豆山)ベッドルーム

ベッドルームにもシングルサイズのベッドが2台、そして和室の押し入れには布団セットが入っています。

ホテルに面した道路には車の往来が殆どないので夜はとても静かです。車よりも酔った利用者が共用部分を通る際の声の方が気になるくらい。

ちなみにベッドルームも独立しているので、ある意味スイートルームです。(笑)

LA VISTA伊豆山 温泉大浴場(内湯)
LA VISTA伊豆山 温泉大浴場(内湯)

大浴場の画像は公式サイトから拝借しました。

熱海市内の温泉はとても温まる分 塩分が強いのですが、こちらの温泉は無味無臭で柔らかい湯あたり。温度も高くなく、身体への負担も少ないのでお年寄りやお子様にも安心かと思います。

乾式の高温サウナや水風呂もアリです。

LA VISTA伊豆山 温泉大浴場(露天風呂)
LA VISTA伊豆山 温泉大浴場(露天風呂)

客室のキャパに対しては広いとは言えないものの、露天風呂もしっかりとあるので優雅な温泉気分を満喫できます。

貸し切りの家族風呂もありますが、プランによってはチェックイン時しか予約できなかったり、数日前の電話予約が必要だったりしますので確実に利用したければしっかりと確認されることをお勧めします。

露天風呂は内湯よりも温度が低いので、熱いお風呂が苦手な私にも嬉しい限り。^^
屋根で多くの部分がカバーされているので、宿泊した日には雨でしたが問題ありませんでした。

■ まとめ ■
スタッフさんのホスピタリティも高く、とても快適に滞在できました。
近隣には恋愛成就や強運のご利益がMAXと言われるパワースポット 伊豆山神社が徒歩圏内にあるので是非、お立ちより下さい。

LA VISTA伊豆山(ラビスタ伊豆山)オンライン予約・詳細情報

【スポンサーリンク】


[グアム旅行記 3/3] グアムのお土産おすすめ品 買って良かったもの そうでもなかったもの。

グアムのお土産選びをする上で悩ましいのは、ちゃんとしたモノを購入しようとすると、どうしてもグアム土産というよりもアメリカ土産になりがちな点です。
まぁその辺は特に気にせず、買って良かったものや逆にイマイチだったものも併せてご紹介させて頂きますので、これからグアム旅行に行かれる方の参考になれば幸いです。

あ、マカダミアナッツのようにベタな上にセンスを感じないものは除外させて頂きました。いや、もちろん美味しいのは分かるのですが。汗

大定番 チャモロチップクッキーは個包装もあるぞ!


メイド・イン・グアムのお土産として大定番なのがこのチャモロチップクッキーですかね。チャモロチップクッキーは大袋入りもあるのですが、このように個包装されたタイプもあってばらまき系お土産として大変便利です。

チャモロチップクッキー
チャモロチップクッキー

ハンドメイド感が強いザクザク食感で、ほんのり感じるブラウンシュガーの風味が予想以上に美味しかったので、お土産としても喜ばれるかと思います。

個包装タイプは98セントとお手頃~♪なんて言っちゃうのは、すっかりグアムの物価高に慣れてしまったからですかね… 98セント = 日本円換算で100円オーバー。この小袋でその価格は安くもないですよね…

おすすめ度:★★★★☆
買える場所:Kマート、マイクロネシアモール、ペイレススーパーマーケット、JPストア等

コルゲート オプティックホワイト:過酸化水素の力で歯を強力ホワイトニング!


私が個人的に一番気に入っているグアム土産がこれです。

グアムを含むアメリカには、薬事法上 日本では販売することができないサプリメントやヘルスケア商品が数多く存在します。

ここでご紹介するホワイトニング向けの歯磨き粉であるコルゲート オプティックホワイトも、日本では買えない歯磨き粉の一つです。

コルゲート オプティックホワイト
コルゲート オプティックホワイト

日本で買えない理由 = 歯医者さんでも使われる漂白成分である過酸化水素が配合されているのだそうです。

コルゲート オプティックホワイト 使ってみた

これを朝晩 2週間使い続けることで、白い歯を手に入れられると日本人観光客にも大人気で歯磨き粉なので、ホワイトニング意識の高い方へのお土産として大変喜ばれるんじゃないかなと。しかも嬉しい研磨剤不使用なので私もお得な2個パックを自分用に少しだけまとめ買いしました。

参考リンク:
コルゲート オプティックホワイト(amazon)
コルゲート オプティックホワイト(楽天)

おすすめ度:★★★★★
買える場所:Kマート

コルゲート オプティックホワイトよりも更に強力なホワイトニング成分を含むのがこちら、コルゲート オプティックホワイト 3Days エクスプレスホワイトです。

コルゲート オプティックホワイト 3Days エクスプレスホワイト
コルゲート オプティックホワイト 3Days エクスプレスホワイト

3デイズという名の通り3日で歯を白くする!というモノですが、実際にはそこまでではないですね。

行うのはあくまでも脱色なので、芸能人のように不自然な白さは得られませんが、それでも早期に自然な歯の色を取り戻せる良い歯磨き粉だと思います。

参考リンク:
コルゲート 3Days エクスプレスホワイト(amazon)
コルゲート 3Days エクスプレスホワイト(楽天)

おすすめ度:★★★★★
買える場所:Kマート

グアムビールは本格的な味わい&各種フレーバーも沢山!


グアムビールという名称ではありますが、生産はアメリカ本土で行われています。

グアムビール
グアムビール

スタンダードなグアムビールは日本のピルスナーよりも若干どっしりで味わい深くて美味しく飲めました。持ち帰り荷物のスーツケース容量と重量に余裕があれば、マンゴーやバナナといったフレーバーと併せて持ち帰るのも良いと思いますが、正直 オーソドックスなタイプのみにした方が良いと思いました。汗

おすすめ度:★★★★☆
買える場所:スーパーマーケット何処でも、ABCマート等

正真正銘のメイド・イン・グアムの地ビール その名はMINAGOF(ミナゴフ)!


グアムの地でMINAGOF(ミナゴフ)ビールを醸造しているのは何と日本人ブルワー。

その本格的な美味しさは世界的にも有名になっていますが、これまではなかなかお土産にしよう!とは思えなかったようなのです。何故ならこのクラフトビール、今までは瓶しかなかったのです。

が、これが何と、缶でも発売されました!

MINAGOF(ミナゴフ)ビール
MINAGOF(ミナゴフ)ビール

これは迷わず購入でしょう♪

私はIPAを買って帰ったのですが、美味いです!
美味しいのですが…高いです。汗

これ1本で9.8ドルとかしましたしね~。ビール好きな方へのお土産としては珍しくて良いと思いますが、ちょいとお値段がアレでお味に見合っていないので この評価とさせて頂きます。

おすすめ度:★★★☆☆
買える場所:ABCマート等

シミ シワに効果あり!ビタミンワールドのレチノールクリーム☆


女性に大人気なのがビタミンワールドのレチノールクリームです。

ビタミンワールドはアメリカの有名なサプリメントショップで、グアムではマイクロネシアモールやプレミアムアウトレット内に店舗があり、いずれもお店に入ってスグの目立つ場所にレチノールクリームが大量陳列されておりました。
我々がそれを見ていると店員さんが「シミ~」「シワ~」と効能?を説明してくださいました。(笑)

ビタミンワールドのレチノールクリーム
ビタミンワールドのレチノールクリーム

↑は2oz(56g)6個セットで約54ドル(約6,000円)。

日本では処方箋が必要になるレベルのビタミンAが配合されているとの事で、お肌のエイジングケアをされている方へのお土産としては最適じゃないですかね?

我が家ではお土産にせずに自分で使ってます。
おっさんもスキンケア大事っす!

おすすめ度:★★★★★
買える場所:ビタミンワールド(マイクロネシアモール店、プレミアムアウトレット店)

グアムの伝統製法で造られたラムとウィスキー


何でもグアム島内で伝統的な造り方をしたウィスキーとラムがあるとの事で大変楽しみにしており、実は個人的な大本命はコレでした。

その名称はウィスキーがGUAM’s OWN WHISKEY、ラム酒がGUAM’s OWN RUMといいます。

GUAM's OWN RUM
GUAM’s OWN RUM

ですが飲んでみますと…う~ん、大したことなかった。(苦笑)

ちょいとドライ気味で旨みよりもアルコールが刺さる感じですかね~。それでいてハーフボトル(375ml)で24ドル以上は高いと思いました。

おすすめ度:★★☆☆☆
買える場所:ABCマート等

ご紹介は以上ですが、皆様におかれましても「コレがおすすめ!」といったモノがあればコメント欄にて教えて頂けましたら嬉しいです。

本当に良い島でしたので、いずれ再訪してみたいと思います!

|グアム旅行記 2019| 1/32/3 | 3/3(今ココ)|


[グアム旅行記 2/3] グアム初上陸のおっさんがグアムで体感したこと一覧。

3泊4日と短いグアム滞在ではありましたが、総じて非常に洗練された観光地であることがわかりました。

他にも実際に体験して初めて分かったことを挙げていきたいと思います。
まぁ何度もグアムに行かれた方にとっては「当たり前だろ!」的な情報ばかりではありますが、これから初めてグアム旅行を検討されている方に対して旅行先選びの一助になれば幸いです。

透明度抜群のグアムビーチ 中でもイパオビーチがおすすめ!


タモンビーチ、イパオビーチ、ガンビーチ等、グアム島内には世界的に有名なパブリックビーチがありますが、総合的にはイパオビーチが一番おすすめだと思いました。

グアム イパオビーチ
グアム イパオビーチ

■ イパオビーチがおすすめな理由
・水の透明度が高い
・砂浜や海の中も歩きやすい
・シュノーケリングで魚と触れ合える
・遠浅で波が穏やか(ココに限った話ではないですが)

イパオビーチ 魚の餌付けに挑戦

岩場や珊瑚礁ではない = 魚の隠れる場所が少ない = 魚も少ないですが、ブイが浮かべられている部分(水深は腰位置程度です)には石が並んでいて、そこに魚がいます。

ホテルの朝食で余らせてしまったパンの切れ端で餌やり体験的なこともできますが、観光シュノーケリングスポットにいるような魚達に比べると、その警戒心は高いです。(当たり前か)

ルース デ アモール チャペル
イパオビーチへのアクセスはルース デ アモール チャペルを目指す

意外と迷ってしまったのはイパオビーチへのアクセス(行き方)です。

海に直結するような車でも通れるような道が直結していない = Google Mapsでも道が分かりにくい事もあって、ビーチに出るまでに少々迷ってしまいました。

現地の方によりますとのルース デ アモール チャペルの右脇の小道(幅1メートル程度)を通ると良いと教えて頂きました。最初は気付かずスルーしてしまいました。

参考リンク:
ルース デ アモール チャペル 地図

グアムの物価は高いぞ!


日本からおよそ3時間30分と近いので、渡航費用は安く抑えられるグアムではありますが、滞在してみると物価の高さが良くわかりました。

これまでに行った国がベトナムやタイ、マレーシアといった東南アジアばかりなこともあって、物価の高さが身に沁みます。

タモン地区の街並み

衣類も民芸品もお酒も食品も交通費(タクシー)も高いですねぇ~。
観光客狙いのタモンエリアという事もあるかと思われますが、総じて日本の2~3割増しといったところでしょうか?

グアムでの食事

特に外食費が高かったですね。フードコートでも高い。

ちゃんとしたお店でハンバーガーやサンドイッチを食べようと思ったら1つあたり$12程度は覚悟しなければなりません。でもまぁ、とても美味しいくてアメリカンな気分も堪能できたので良しとしましょう♪東南アジアの国々よりも清潔なのでお腹にも安心。

グアムの移動手段 メインはトロリー!


前述の通り物価が高いグアムなので、島内の移動にかかるコストは抑えたいところですよね。そこで もはや必須とも言えるのがトロリーの利用です。

レアレアトロリー

朝から20時過ぎくらいまで運行されているシャトルバスですが、もはや必須であると言って良いと思います。

しかしながら、島内の交通インフラ = 車のグアムでは交通渋滞が発生しやすく、バスも定刻通りに来ないこともしばしば。

時間が大幅に遅れているような時には立ち寄られないバス停も実際にあったので要注意です。ヒルトンとか敷地内に入るようなバスはスルーしている運転手さんもいました。汗

参考リンク:
赤いシャトルバス 予約
レアレアトロリー 予約

サプリメントが意外と高いぞ!


意外だったのがサプリメントが高額だったことです。
サプリメント大国と呼ばれるアメリカだけに、とても意外かつ残念…

ビタミンワールド メラトニン 5mg
ビタミンワールド メラトニン 5mg

例えば私が愛用しているメラトニンなんかも、ネットでは「信じられないくらいの低価格で買えました!」なんていう口コミも見られたので本当~~~に期待していたのですが、普通に高いというより高すぎでないかい?というレベル。

これならiherb(アイハーブ)のが全然安いよ~ iherb神だな。
ビタミンワールドが高いのは何となしに仕方がない気がしますが、現地の方が行くようなメガドラッグも高かったのには自分の買い物 = サプリメントのみと考えていたのでガッカリでした。

参考リンク:
iherb(アイハーブ)

滞在中に必要なモノやお土産はCost U Less(コスト ユー レス)が安いぞ!


グアムでの買いものといえばプレミアウムアウトレット、JPストア、Kマート、ペイレススーパーマーケット等が有名です。
よって、これらを紹介されているサイトやブログも山ほどあるので ご興味がある方はそちらを参照頂くとして…

私がおすすめしたいのはこちら、プレミアウトレットのスグ近くにもあるCOST U LESS(コスト ユー レス)です。

COST U LESS(コスト ユー レス)
COST U LESS(コスト ユー レス)

COST U LESS(コスト ユー レス)はグアムに2店舗ある大型の倉庫型スーパーです。

この見た目から日本でもお馴染みのコストコをイメージさせる店構えで、てっきり会員証が必要なのかな?と思ったのですが、誰でも買い物ができるお店です。

24時間営業ではありませんが、営業時間は7:00 ~ 24:00と充分。

COST U LESS(コスト ユー レス)

倉庫内に並べられた大量ロット商品の数々に圧倒されますが、もちろん1個単位で購入可能なモノも沢山ありました。

そして何より安いですね~。物価の高いグアム内においては貴重な存在だわ。
特にバラマキ系のお土産に使えそうなアメリカンなお菓子や、シャンプーやトリートメントも安かったです。中には半額程度の商品もありました。

生鮮食料品も多いのでコンドミニアムで長期滞在の方にもおすすめです。

参考リンク:
COST U LESS(コスト ユー レス)タムニン店 地図

グアムへの入国審査書類はオンラインで行える!


私は不規則な揺れ方をする飛行機内で入国審査書類を記入するのが大嫌いなので、何とか入国カードを事前入手、またはインターネットからオンラインでできないものかなぁ…なんて思っていたのですが、ありました!が、全部は無理です。

まず、グアムに入国するためには以下の書類が必要になります。
■ ESTA所有者、ビザ所有者
・税関検疫申告書

■ ESTAを持っていない方
・税関検疫申告書
・入国書類(I-736)

この入国書類(I-736)がオンラインで登録できるので、出国までに是非とも登録&印刷しておきましょう。

グアムへの入国書類(I-736)記入例
グアムへの入国書類(I-736)記入 → 出力した例

見難かったら画像をダウンロードして下さい。実際のサイズは縦横共に約2倍です。

入力はすべて英語になりますが、翻訳サイトを利用しながら行えば臆することはありません。

ご注意:
・入国書類(I-736)の準備は入国の3日程度前に行いましょう。
  1週間以上前に出力した書類では入国できません。
・署名は英語で書きましょう。(例:TARO YAMADA)
・日付は日/月/年で書きましょう。(例:09/12/2019)

サンセットは何処で見ても綺麗!


サンセットといえばガンビーチと言われていますが、タモンビーチでの夕焼け鑑賞もなかなかのものでしたよ。

タモンビーチのサンセット
タモンビーチのサンセット

観光客や現地の方も沢山いらっしゃいますが、交流も楽しめるので良いと思います。

私は運よく現地のワンコとも触れ合えました。(笑)

タモンビーチにて

次回はグアムで買って良かったモノ、そうでもなかったモノをご紹介予定です。

参考:グアム旅行に用意したいグッズその他の情報

|グアム旅行記 2019| 1/3 | 2/3(今ココ)| 3/3


サブコンテンツ

このページの先頭へ