「旅行・一人旅」の記事一覧(2 / 26ページ)

[グアム旅行記 1/3] オンワードビーチリゾート プール派には◎ ビーチ派には△ 安心度は◎ 宿泊で感じたホテル選びのコツは?

毎年の恒例行事となっております11月家族旅行の計画を開始したのが7月のことでした。

いつも選択肢は安くて近くて短時間で行けちゃう所謂 安・近・短の東南アジアばかりだったのですが、今回は東南アジアよりも更に近くて、観光地として洗練された感のあるグアムに行ってみよう!ということになりました。所要時間は東京から3時間30分。

チェジュ航空 チャーター便でグアムへ

■ 旅行会社の海外ツアー選択に迷う。
何しろ今までの人生で降り立ったことのない場所ですので、数多くあるパッケージツアーの中で何を選択すれば良いのかとても迷いました。

例えば私達が今回利用したHIS(エイチ・アイ・エス)3泊4日のツアーには以下のような特徴がありました。

1.平日の11月出発 最安値は5万円代半ば
安いがホテルはタモンエリアの何処になるか?が出発日近くならないと分からないプランです。ホテル候補は数か所に絞られていますが、「ビーチの目の前!」というオン・ザ・ビーチのホテルは入っていませんでした。
飛行機は意外にもLCCではありませんが、トロリー利用&朝食ナシのプランでした。

2.オン・ザ・ビーチの最安値は75,000円前後
グアムで有名なパブリックビーチ(タモンビーチ、イパオビーチ、ガンビーチ等)には面していませんが朝食付きのプラン。但し航空会社はLCC。トロリーの乗り放題チケットの有無でも金額が異なりました。

3.有名ビーチに面した高級ホテルは120,000円以上
価格は天井知らず~という印書ですかね。
今回は4人分の費用がかかるので選択肢からは外れました。汗

グアム オンワードビーチリゾート
グアム オンワードビーチリゾート ウィング棟

で、色々と悩みつつも結局選んだのが上記2の特徴に合致するオンワードビーチリゾートというホテルです。

前述の通りビーチに面していて(プライベートビーチ)、併設されたウォーターパーク滞在中は入場無料というかなりお得なプランでしたので。

これは余談ですが、日中の入国審査ラッシュ大行列は凄まじいですね~。11月のオフシーズンでも大行列ですから、これがピーク時だったらと思うとゾッとします。

空港からホテルまでは車で15分程度でした。これは近くて便利!(狭い島なので当然かも知れませんが)

グアム オンワードビーチリゾート ツインルーム

オンワードビーチリゾートの宿泊エリアはタワー棟とウィング棟という2つの棟で構成されています。

タワー棟
オーシャンビューのバスルームを備える特別な客室です。

ウィング棟
スタンダートな客室です。
当然、我々はこちら。(笑)

それでも部屋は広々としていて疲れを癒すバスタブもあり(とても重要)、充分な大きさのクローゼット、暗証番号式のセキュリティボックス、そして冷凍庫と冷蔵室が分かれた2ドアの冷蔵庫(空)もあります。 空の冷蔵庫嬉しい☆ミネラルウォーターも毎日1人1本貰えます。コンセントの数も十分。もちろんwifiも完備されています。

ロビー階にはセレクトショップ(ボンボヤージュ)やコンビニ(マイマート)があるので飲み物やちょっとした食べ物、お土産の調達にも便利です。ゲームコーナーには卓球台までありました。

グアム オンワードビーチリゾート 客室の窓からの眺め

いや~なかなかの解放感、そして良い眺めです!これはテンション上がるわぁ。

「ビーチリゾートに来た~!」
と実感する瞬間ですね。

ガンビーチのサンセットは有名ですが、こちらもなかなか負けてないと思います。ただ、日没時間前後に部屋に居たことがないので良く分かりませんが。汗

客室に不満があるとすればエレベータが3基しかないので朝食やチェックアウト時のエレベーター渋滞が発生しやすいことと、冷房が効きすぎる事くらいですかね~。私たちが確認した限りでは風量や温度の調節する仕組みが見当たりませんでした。

グアム オンワードビーチリゾート プライベートビーチ
オンワードビーチリゾート プライベートビーチ

プライベートビーチの水質はイパオビーチよりは下がると思わるものの、それでも充分に綺麗で透明度も高いと思います。

波打ち際が砂浜から相当に遠いところに見えるこの光景は日本では見られないでしょうね。そして凄い遠浅!これはさぞかし多くの人で賑わって…と思ったら、泳いでいる方は殆ど見当たりませんでした。

その理由は海に入って納得。
砂浜は一面白い砂で歩きやすいのですが、一歩海の中に入ると サンゴやら石が多くてとても歩きにくいのです。泳いだりシュノーケリング可能な水深に達するには暫く水の中を歩かなければならず、ビーチシューズが必須となります。

グアム オンワードビーチリゾートの朝食

ウィング棟での朝食はパン、ごはん、サラダ、フルーツ、カレー、ハム、ソーセージ、オムレツ、パスタ等といったビーチリゾートの★★★クラスのスタンダードな朝食メニューではありますが、普通に美味しく頂けました。グアムには朝食付きホテルが少ないような印象があったので嬉しいですなぁ。

ちなみに朝食会場はフロントの1つ上のフロアのレストランです。
朝食タイムには前述のようにエレベータラッシュが始まりますので要注意。

日本人宿泊客が多いこともあってか、納豆や味噌汁もありますよ。

オンワードビーチリゾート ウォーターパーク
オンワードビーチリゾート ウォーターパーク マンタという絶叫スライダー

そしてオンワードビーチリゾート最大の特徴がこちらのウォーターパークという水遊びの複合施設。宿泊者であれば入り口で部屋番号を伝えるだけで無料で利用可能です。

の画像はマンタという絶叫系スライダーで、身長制限があるので小さなお子様はNGです。滑降前には真下が見えない…という恐怖とスピード感!
準備が出来次第、心の準備状態とかお構いなしにスタートさせられるのでスリルも倍増です☆

いや~絶叫系は加齢と共にどんどん苦手になっていることも重なって、数年ぶりに大声を出して叫んでしまいました。年寄りの冷や水状態です。(笑)

これらは大人向きの設備ではありますが、全体を見れば流れるプールや人工波が出るプール、ジップラインなんかもあって お子様連れのご家族が1日過ごせる施設なのだと思いました。

そして以外と嬉しかったのが屋根のあるプール脇にある温水プール…いや、体感ですが40度以上あると思われますので、これは風呂ですね風呂。(笑)
温暖なグアムではありますが、プールに長時間いると身体が冷えますので これは嬉しい☆ただ温泉ではなくてプールの水を温めただけですので、塩素の匂いは強いです。

レアレアトロリー

観光客の足となる心強い2種類の循環バス(レアレアトロリー ホテルコース、赤いシャトルバス)のバス停はホテル前、正確には玄関の自動ドアを出てスグ左側にあります。

ただ、プレミアムアウトレット方面、マイクロネシアモール方面へのバスが同じバス停に停まりますので、運転手さんに行先(どっち方面行きか?または希望の停留所に停車するか?)を確認すると良いでしょう。
まぁ仮に方向を間違えたとしても、折り返し地点であるプレミアムアウトレットがスグ隣の停留所なので大きな問題はないと思います。

ちなみに今回は諦めましたが、デデドの朝市行きのバスもここに発着します。

オンワードビーチリゾート HISツアーデスク
オンワードビーチリゾート HISツアーデスク

地味~に(失礼)良かったのが、HIS他 数社ではありますが旅行代理店のツアーデスクが9:00 ~ 17:00の間オープンしていて、日本語対応して下さるのが便利でした。実際、チェックインはツアーデスクの方が代行してくれておりました。有難や☆

まとめ:オンワードビーチリゾートホテルはこんな人におすすめ!

 ・お子様連れのご家族
 ・朝食付きのホテルに宿泊したい
 ・ウォーターパーク系の施設が好き
 ・バス停の至近のホテルを探している
 ・プライベートビーチがあると嬉しい
 ・英語に不安があり日本語対応してくれる
 ・空港に近いホテルが良い
 ・徒歩圏内にスーパーマーケットがほしい
 ・施設内にコンビニがあると嬉しい
 ・無料wifi必須

スタッフさんのホスピタリティも非常に高く、夜はとても静かな落ち着いて滞在できるホテルだと思いました。

ただ、私のようにプール派でもなく、かと言って有名ビーチ前に宿泊する金額を出すのも…と思っている派には、タモン地区のホテルが直前まで決まらないような格安プランでも充分かな?なんて思った次第です。

参考:グアム旅行に用意したいグッズその他の情報

|グアム旅行記 2019| 1/3(今ココ)| 2/33/3
【スポンサーリンク】


[ニャチャン旅行記 番外編] ばらまき&お土産は現地でしか買えないベトナムコーヒー☆

ニャチャンで買えるお土産には もちろん色々なモノがありますが、ベトナム土産の定番モノに関してはハノイに行った時の記事をご覧頂ければと思います。

ここではamazonや楽天では売られていない、現地ならではのベトナム土産を提案させて頂きます!とは言っても、お勧めのお土産 = ベトナムコーヒーなんですケドね。(笑)

ニャチャンの街中で雑に売られているコーヒー豆
ニャチャンの街中で雑に売られているコーヒー豆

さてさて、これはホーチミンでもハノイでも見かけなかった光景なのですが、ニャチャンではのように日本であれば駄菓子が入ってそうな大き目の容器に入れた 湿気対策もされていないであろうコーヒー豆が販売されておりました。

その様子を伺ってみますと、思った通り量り売りのようですね。しかも好みの比率でブレンド可能なようです。

価格もとても安いので、これをまとめ買い ペットボトルやジップロックに詰めてシリカゲル(乾燥剤)でも入れてしまえば立派なお土産になります。

とは言え、パッケージされたスーパーマーケットやカフェにあるコーヒー豆の方が安心かな~。

ベトナムのコピ・ルアク
ベトナムのコピ・ルアク

あとは日本よりは遥かに安価に入手可能なコピ・ルアクですかね。

コピ・ルアクとは?
ジャコウネコにコーヒーの実を食べさせて、未消化で糞として排泄された種 = コーヒー豆を洗浄し、乾燥させ、焙煎したコーヒーです。

インドネシアやフィリピンでも有名な幻のコーヒー豆ですが、流通量がとても少ないのでニセモノには注意する必要があります。

GOLDEN WEASEL COFFEE
GOLDEN WEASEL COFFEE

はニャチャンセンターで見つけたコピ・ルアクのブラックインスタントコーヒーです。通常のインスタントコーヒーよりはちょっと高い(それでも159,000VND)ケド手軽で良いじゃん!しかもG7のロゴでお馴染みの世界的に有名なチェングエンコーヒーだし♪

なんて思っていたのですが、ロゴに違和感があることを帰国してから気づきました。

チェングエンコーヒーの偽物?
チェングエンコーヒーの偽物?

G7じゃなくて、C7??完全に別会社ですね。

肝心な味わいですが、これはこれで悪くないです。
ブラックコーヒーとは言え若干白っぽい粉の色は、コーヒー豆を人為的に発酵させたからかな?とは思いますが、ある意味 現地ベトナムでしか買えないので お土産としては面白いかなと。^^

これからベトナムに行かれる方の参考になれば幸いです。

参考:ベトナム ニャチャン旅行に用意したいグッズ、その他の情報

|ニャチャン旅行記2019| 1/22/2 |番外編(今ココ)|
【スポンサーリンク】


[ニャチャン旅行記 2/2] 泥温泉 タップバーホットスプリングセンター 価格も値上げ&効能微妙?一番安いコースで充分!

多くのブログや観光ガイドでは、ニャチャンの泥温泉について、このような記事が書かれています。
・泥温泉はニャチャンでは必ず行くべき観光スポット!
・泥温泉の中でもタップバーホットスプリングセンターがおすすめ!

これらについては私も同意ですが、実際に訪れての所感を加味させて頂きますと
・行くべき!でも一番安いコースで充分♪
です。

その根拠につきましては後程お伝えするとしましてっと…

ニャチャン タップバー(泥温泉)まずはシャワー
1.タップバーホットスプリングセンター 温泉プール前のシャワー

まずはタップバーホットスプリングセンターへのアクセスですが、私が宿泊したエヴァソン アナ マンダラからはタクシーで約20分弱、140,000VNDくらいでしたので、メイン通りに面したホテルからであれば、同程度の運賃だと思います。

そして料金及びコースに関してですが、タップバーホットスプリングセンターは2019年1月1日から価格改訂(というか値上げ)が行われており、今後も改定が予想されます。そこで まずは公式サイトをご覧になった方が良いでしょう。
日本語化可能で地図も掲載されています。
 但し、料金表は現地言語表示。

ニャチャン タップバー(泥温泉)温水プール
2.泥温泉の前に まずは温泉プールへと誘導されます。

まずは受付でコースを選択するのですが、さすがに水着着用とは言え「太ったロシア人と混浴は嫌だな…」と思って、プライベートスペースが確保できそうなプランを選択したのですが「2時間待ちです。」なんて言われてしまったので、やむなくペアで1,800,000VNDのプランを選択せざるを得ませんでした。

9 ~ 17時の間は泥温泉&ハーブ湯(普通のお湯に薬液を混ぜたもの)が使い放題の、ダブルベッド付きの個室が割り当てられるのですが、要はホテルのデイ・ユースみたいなものですね。
それにしても180万ドン … ベトナムにおける平均月収の約1/3とは相当に強気な価格設定です。

ニャチャン タップバー(泥温泉)お茶とフルーツ
3.個室プランらしくフルーツとお茶のサービス

客室に通されるとお湯が張られていないバスタブが2つありますが、これは放置で大丈夫です。蛇口を捻りましたが泥温泉は出てきませんでした。どうやら、元栓側を施設で管理しているようです。

なので屋外の温泉プールへ。
温泉の温度は37°~ 39°と温度は低めなのですが、塩分濃度も高いので 日焼けした肌にはピリピリとしみますねぇ。これはこれで気持ち良いです。

ニャチャン タップバー(泥温泉)
4.ニャチャン タップバーの泥温泉(個室)

泥温泉の準備が出来るとスタッフさんがプールまで呼びに来てくれます。そして個室に入ってお湯をドボドボ入れてくれます。

温度は常温よりも若干温かめでしょうか。死海の水と同じミネラル濃度との事なので身体が浮きますが、塩分はそれほどでもないので痛くはありません。

この泥の粒子が非常~に微細で、これが身体のまとわりついて何とも言えない入浴感覚で気持ち良いです♪せっかくなので頭頂部からつま先まで泥に入れようと何度も潜ってしまうのは貧乏性ですかね。(笑)

ニャチャン タップバー(泥温泉)詳細画像

そして個室なので全裸でもOK!これこそが個室利用における最大のメリットなのだと思います。全裸の解放感たるや半端ない♪そして確かにお肌すっべすべになります!^^

ただ、いくら肌にミネラル分を付着させたとしても、効果はもって2~3日という所ですかね…そもそも肌 = 排出器官ですし。

でもここ、ニャチャンでしか出来ない体験であることは間違いないので、一番お安いコースで体験されるのが良いと思った次第です☆

参考:ベトナム ニャチャン旅行に用意したいグッズ、その他の情報

|ニャチャン旅行記2019| 1/2 | 2/2(今ココ) |番外編
【スポンサーリンク】


[ニャチャン旅行記 1/2] エヴァソン アナ マンダラ 唯一のプライベートビーチ直結ホテルで何もしない贅沢を堪能♪(宿泊レポート)

史上初のGW10連休、皆様はどのように過ごされましたでしょうか?
私は今回、ベトナム随一のビーチリゾートとして注目されているニャチャンを旅して参りました!

エヴァソン アナ マンダラ 宿泊レポート

さてさて、このブログの執筆時点では日本 ニャチャンへの直行便は就航していないので、ニャチャンにはハノイ若しくはホーチミンから乗り継ぎで向かう必要があります。

乗り継ぎはタイトでヒヤヒヤの連続で疲れはしたものの、本当に来て良かった…と、心から思えるとても素敵な場所でした!そりゃあもう、感動レベル☆私は安易に「最高」というキーワードを使わないのですが、ここでの滞在中はそれを連呼してしまいました。

今回の記事ではニャチャン滞在に利用した5つ星ホテル エヴァソン アナ マンダラをご紹介させて頂きます。

エヴァソン アナ マンダラ 客室からビーチに直結!

旅行ガイドには ほぼ間違いなく掲載されているエヴァソン アナ マンダラ、その最大の特徴は何と言っても客室がオン・ザ・ビーチである点。これは高級ホテルが立ち並ぶニャチャンでも唯一のロケーションなのだとか。

ご覧の通り、客室によっては僅か数歩で綺麗なプライベートビーチにアクセスできます。ちなみに、我々が利用した客室は若干お安めなのでビーチに面してはいないのですが、それでも30秒ほどでビーチに出られるので何ら問題ありませんでした。

ちなみに空港からは車で約40分くらい。

エヴァソン アナ マンダラ プライベートビーチ
エヴァソン アナ マンダラ プライベートビーチ

丁寧に手入れされたビーチは人がとても少なく、充分なプライベートスペースが確保されます。

何も考えず、緩やかに打ち寄せる波に身体を預けてゆ~らゆら。

こんな事を2時間くらいはしていたでしょうか?買い物やレジャーに走り回ったりもせずに「何もしない」という、本当に贅沢な時間を過ごせました。

ビーチに常設されたベッドに横たわっていると、ホテルスタッフの方が冷えたスイカやらおしぼりやらをサービスして下さいます。凄いホスピタリティ☆

エヴァソン アナ マンダラ コテージ

エヴァソン アナ マンダラの客室は全室ヴィラタイプ。
ヴィラは全部で17棟あって、それを区切る形で74の客室が作られているのだとか。

もちろん入口も部屋も独立しているので、プライバシーは確保されています。

エヴァソン アナ マンダラ 客室 天蓋ベッド

ベッドには天蓋がかかっていて、天井にはシーリングファンがあります。

ルームサービスも充実していて、ちょっと変わったところでは 枕なんかも好みに応じて交換可能です。

もちろんwifiも無料。

エヴァソン アナ マンダラ バスルーム

嬉しいのがバスタブが付いているところ☆
そしてこのバスタブが大きいんですよ。それは大人2人が並んで横になれるレベル。街歩きで疲れがちな足にも嬉しいわぁ。

アメニティも充実していて、香りにも統一感があります。
こういうところが五つ星リゾートなのでしょうね。とても快適な滞在が出来ました。

お湯の出はイマイチでしたが、難点は本当にこの程度です。

エヴァソン アナ マンダラ ホテル近郊の様子

ホテルはニャチャンのメイン通りに面しているので多少の喧騒はありますが、夜遅い時間まで賑わっているので、食べ物や飲み物で困ることはないでしょう。

ロシアの方、次いで中国の方が多い印象ですかね。

これは以前のホーチミン旅行でも感じたのですが、ベトナムはパンが本当に美味しいのでバインミーがお勧めです。

両面をカリっと焼いたバインミーは20,000 ~ 30,000VNDくらい。観光地価格ではありますが、これでも充分に安くて美味しかった。(滞在中に2回利用しました)

エヴァソン アナ マンダラ 朝食

エヴァソン アナ マンダラの朝食は普通に美味しいレベルなのだと思います。

ただ、マンゴーやパッションフルーツといった高級フルーツが食べられるのはポイント高いです。

エヴァソン アナ マンダラ インフィニティプール

プールも2つあって、そのうち一つはインフィニティ

これまた利用者がとても少ないので、とても優雅に過ごせました。

ニャチャン フォーの名店 PHO HONG
ニャチャン フォーの名店 PHO HONG

マウンテンバイクも利用できるので、歩くと少々生き難い地元フォーの名店にも楽々アクセスできました。^^

滞在中は一度もお会いする事はありませんでしたが、日本人スタッフもいらっしゃるので旅慣れていない方も安心して滞在ができそうですね。

これまでにもラグジュアリーと呼ばれるレベルのホテルには何度か宿泊しましたが、居心地の良さ&スタッフさんのホスピタリティの高さでは、エヴァソン アナ マンダラはトップレベルなのだと思います。

ハワイ並みの快適さなのに物価がお安いベトナム ニャチャン。
日本からの直行便があれば、日本人にも大人気となる事間違いないと思える超絶おすすめリゾートでございました。

参考:ベトナム ニャチャン旅行に用意したいグッズ、その他の情報

|ニャチャン旅行記2019| 1/2(今ココ) | 2/2番外編
【スポンサーリンク】


[箱根] 濁り湯(にごり湯)で癒される!箱根湯の花プリンスホテル 静寂で上質な白濁温泉宿。

Facebookには自分に関わる過去の思い出を振り返る機能が備わっているので、タイムラインには数年前の旅行画像が表示される事があります。
そこで気づいたのが「私は2月に動物とのふれあい&温泉を求めがち」という点。(笑)

掛川花鳥園で鳥たちに癒されたのも2月、那須のワールドモンキーパークでワオキツネザルの可愛さと人懐っこさに驚いたのも2月でした。
これはきっと、11月と5月には海外旅行に出かけているので、その谷間となる2月には 動物達とふれあって温泉に入り、心も体も癒されたい!という衝動に駆られるのだと思っております。

箱根園 だっこして!ZOO
箱根園 だっこして!ZOO

動物との触れ合い場所としてチョイスしたのは箱根、芦ノ湖の畔にある箱根園です。
東京方面からであればバスタ新宿から高速バスを使うと、乗り換えナシでアクセス出来るので便利!

ん~箱根園の犬はみんな大人しくて良い子ちゃん。
他にもウサギ、カンガルー、リクガメ、ミーアキャット、猫なんかとのふれあいも楽しめるので、動物好きな方々にはお勧めの施設でございます。

続いては温泉ですが、今回はどうしても濁り湯(にごり湯)を堪能したかったので、箱根湯の花プリンスホテルをチョイスさせて頂きました。

箱根湯の花プリンスホテル 最上階 スーペリアツイン
箱根湯の花プリンスホテル スーペリアツイン

部屋も広々としていてベッドも十分な大きさ。

部屋は清潔&禁煙室なので煙草の匂いもなく、そして何より非常~~に静かです。内風呂もありますが温泉が秀逸なので利用するシーンは少なそうですね。

ちなみに最上階のスーペリアツイン(禁煙)を利用させて頂きましたが、宿泊 + 5500円相当の夕食&ワンドリンク&朝食付きで15000円とリーズナブル。これは平日限定かな?

箱根湯の花プリンスホテル 露天風呂

温泉大浴場は男女別で それぞれ内湯と露天風呂が1つずつ。内湯は普通のお湯、露天風呂は白濁したにごり湯です♪テンション上がるわ~。(笑)

お湯は箱根十七湯 湯の花沢温泉という源泉を汲み上げて利用しているそうです。濁り具合は草津の湯畑よりも濁ってますね。
濁っている = 温泉の品質には関係ありません。

そして見た目よりは酸性度も高くないんじゃないかな。(口に含んでみました)
でも銀系のアクセサリは外した方が無難かなと。

天気が良ければ森の中で満点の星空を眺めながら&硫黄の香りに包まれながら、至福のひと時を堪能できます。

箱根湯の花プリンスホテル 朝食

お食事処は宴会場で畳敷きですが、椅子が用意されておりました。

食事の品質&味は普通の旅館レベルだと思いますが 全体として美味しく頂けました。箱根ビールや地ワインなんかも味わえるのがイイですね。

ゴルフコースに面しているので、ゴルフ好きな方にも良いかも。

箱根湯の花プリンスホテル ゴルフ

冬季間であれば小田原駅からの送迎シャトルバス(要予約)もあり、アクセスも便利。スタッフの皆さんも親切で、とてもレベルの高いホテルだと思います。

東京近郊でにごり湯を堪能したい方に おすすめできるホテルでした。

箱根湯の花プリンスホテル オンライン予約サイト情報

【スポンサーリンク】


サブコンテンツ

このページの先頭へ