[最強の夏マスク] PITTA MASK(ピッタマスク)風を感じられる通気性抜群のウレタンマスク!

猛暑日が続く中でも外出するにはマスクが必須…マスクをしていなければ当然の事ながらも白い目で見られる世の中を、いったい誰が予想できましたでしょうか?

それはさておき、この季節に新型コロナウィルスが流行しだした冬場に使っていた不織布マスクを使っていたのでは熱中症待ったなし。
なので、私も夏マスクと言われる「涼しいマスク」「ムレないマスク」を散々探し求めてはいたのですが、そこではまず 一つの結論を導き出しました。

それは 冷感マスクと呼ばれる接触冷感マスクに意味はないということです。

確かに、装着する際には冷んやりとした心地よさが味わえるのですが、その後は吐いた息が上手に排出できず、結果として熱がこもることになります。まぁ3層構造不織布マスクよりはマシなレベルであるのは間違いないです。
という訳で、夏マスクに必要なのは冷感ではなく、通気性なのですっ!!!

で、その通気性という点でどのマスクがNo.1なのでしょうか?
私が試した限りでは、エアリズムマスクでもなく、ナノエアーマスクでもなく、水着素材でもジャージ素材でも今治タオル素材でもない、ピッタマスク(PITTA MASK) というウレタンマスクです。

ピッタマスク(PITTA MASK)
ピッタマスク(PITTA MASK)

ドンキホーテやドラッグストアでも稀に見かける↑ピッタマスク(PITTA MASK)、皆様はご覧になった事がありますでしょうか?

ホワイト、パステル、カーキ、グレー、ライトグレー、ネイビーといった色展開はあるものの、薄くて無難色合いはずっと品薄傾向にある人気のマスクです。
なので今回はグレーを購入しました。

ピッタマスク(PITTA MASK)

素材は前述の通りウレタンなのですが、通常のウレタンマスクとは全く質感が異なるものです。ウレタンというよりはスポンジをマスクの形に切り出したような印象です。

耳に引っかける部分にも特別な補強がある訳ではないので頼りなくはありますが、その分 優しい着け心地。これなら耳が痛くなるシーンも少なそうですね。

もちろん使い捨てではないので、洗って繰り返し使えます。
まるでスポンジなので水切れや速乾性も◎

ピッタマスク(PITTA MASK)の通気性

そして特筆すべきは その通気性ですね。

の画像はLED電球にピッタマスクをかざしたものです。厚みはそこそこあるのですが、良く光を透過することがお分かり頂けるかと思います。が、透けてしまう訳ではないのでご安心を。

通気性に関してはトップクラスでしょうね。通勤の際に前方向から吹く風を、マスクを通した肌に感じられるレベルです。風を感じられるマスクなんて凄くないです?

唯一の難点を挙げるとすれば…匂いですかね?(笑)
開封直後は独特のウレタン臭というかスポンジ臭がしますので、一度は手洗いしてからのご利用をおすすめします。

ピッタマスク(PITTA MASK) 購入先情報

【スポンサーリンク】


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ