[コーヒー豆] 芸者じゃないよ GEISHA(ゲイシャ)だよ!

お米にもコシヒカリさササニシキといった品種があるように、コーヒーにも非常~~に多くの個性的な品種が存在しますが、今回のゲイシャは一般的な品種と歯 ちょいと位置づけが異なるコーヒーになります。

コンベンションで絶賛されたことから認知度が一気に上がり、カフェによっては1杯2000円ほどの価格で提供されることもあるという、非常に希少性が高いコーヒー豆です。

ですが今回は200gと約20杯分のコーヒーが淹れられるエチオピア産ゲイシャが2000円以下で購入できるという事で試してみました!

エチオピア産 ゲイシャ コーヒー豆
エチオピア産 ゲイシャ

ゲイシャの味わいをチャートにしますと↓のようになるそうです。
 香り :★★★★☆
 ボディ:★★★★☆
 苦み :★★☆☆☆
 甘み :★★★☆☆
 酸味 :★★★☆☆

酸味があるコーヒーは少し苦手だったりするのですが、コーヒーなのにトロピカルフルーツのような甘みとジャスミンのような香りがするのだとか?

では淹れてみましょうかな…ちなみにこんなとき、以前に購入したコーヒーメーカーの有難さを実感します。何せ豆のままコーヒー豆を買えるのですから。^^

エチオピア産 ゲイシャ

コーヒーメーカーのスイッチを入れますと、まずはコーヒー豆を挽く動作から始まるのですが、この動作音が普段よりはガリガリとした音が多くしますね。これは焙煎が浅いせいかな?確かに深煎りだと苦みが前面に来ますしね。

そんな訳でまずは香りなのですが、これは今までのコーヒーとは全く別の香り。
少し紅茶の要素を含んだような味わいとフレッシュな酸味、そして奥の方にフルーティさとハチミツ由来のような甘みを感じます。この複雑な味が人気なのでしょうね~。

これ、普段とは違うコーヒーが飲みたい!なんて時には最適かも知れませんね。苦いコーヒーが苦手な方でも美味しく飲めると思いました。

GEISHA(ゲイシャ)コーヒー豆 お取り寄せ・購入先情報

【スポンサーリンク】


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ