Le sourire(ルスリール)マネークリップ ノー小銭マンに嬉しい「薄い財布」でも難点あり…

頂いた財布を大事~に長年使って、ヘタってきた頃にまた新たに頂く~みたいな事を繰り返していた私が、旅行用財布以外の財布を自分て買ったのは、記憶の限りでは社会人になって初めてのことかも知れません。

薄い財布、マネークリップ的な財布に興味津々だったんです。

薄い財布といえばabrAsus(アブラサス)が有名で、確かに薄いことは薄いのですが、使わないであろう小銭入れの存在とか、クレジットカード等のカードを数枚入れないと落ちてきてしまう構造(仕様)がどうにも受け入れられず、購入には至りませんでした。

でもLe sourire(ルスリール)マネークリップは本当に買って良かったので、メリットを列挙していきたいと思います。

Le sourire(ルスリール)マネークリップ
Le sourire(ルスリール)マネークリップ

■ メリット1:圧倒的な薄さ
まず、一番の特徴でありメリットとも言えるのが、この圧倒的な薄さでしょうね。
その薄さ、何と7mmです。(紙幣を10枚、カードを4枚入れても13.5mm)

サイズ : 縦88mm × 横118mm × 厚さ7mm
重 さ : 62g

上記スペックの通りコンパクトで軽いので、ジャケットの内ポケットやパンツの後ろポケットに入れても膨らみが目立たないので、いつもシュっとしていれます。

●

■ メリット2:カードが6枚入って小銭入れがない
カードホルダーは内側に6枚分、そして外側にはICカード対応のホルダー(後述)付いています。
カードって、あまり多く持ったところで実際に使うのは数枚ですから、この量で充分です。何なら4枚分でも良いと思ったくらい。

コインケースがない事が何でメリットなの?と思われるかも知れませんが、そもそも私はキャッシュレス決済派なので、不要な仕様はないにこしたことはありません。

ルスリール マネークリップ 交通系ICカードホルダー ルスリール マネークリップ 楽天Edyも問題なし

■ メリット3:ICカードも楽々
外側にはICカードポケットが付いているので、ここに交通系ICカードを入れると便利です。当然の事ながら改札にあるセンサーもストレスなくバッチリ反応してくれます。

内側にある通常カードホルダーに楽天Edyを入れてローソンのセルフレジで反応を試してみたのですが、財布からカードを出さずとも しっかり反応してくれました。キャッシュレス決済を意識して使うようになるので、銀行のATMに行く時間も短縮されるでしょうね。

スライドすれば簡単に取り出せるので、交通系ICカード以外にも 駐車券なんかを一時的に入れておくスペースとしても良いかも。

Le sourire(ルスリール)マネークリップ

■ メリット4:本革性で高品質なのに結構安い
今回、私が購入したのがエンボスレザーなのですが、本革性でも2,500円前後と相当にリーズナブル。プラス1,000円未満で光沢のあるオイルレザータイプもあります。
abrAsus(アブラサス)がだいたい15,000円ですから、私には相当なお得感でした。

薄いが故にレシートをこまめに整理する必要は出てきます。そして、むしろクリップを無くした構造に出来れば幅はあと1cmくらい詰められそうではありますが、それだと問題が出てくるのかも知れませんね。これから先もこの財布を使いたいなぁ♪というレベルに気に入っています。

ルスリール マネークリップ サイズ

■ デメリット:サイズ感が惜しい
1000円札、5,000円札、10,000円札を入れた状態がこちらです。

日本の紙幣がはみ出さない絶妙なサイズ感です。海外製の財布だと、なかなかこうはいかないんですよね。惜しむべきは横幅に少々余計な部分がありますね…
クリップは外から見えない仕様になっているので、これまでのマネークリップのようにポケットに引っかかるリスクがありませんが、そもそもこのクリップ自体が不要だと思える…というのがコレを5か月使ってみた印象です。

ただ、薄いというのは何物にも勝ると言っても過言ではないメリットなので、1つのデメリットには目をつむることにしました。

ちなみに、今回購入したのが外側がブラック、内側がネイビーのタイプですが、オールブラック他のカラーバリエーションから選択可能です。

経年でどのような変化をしていくか?も楽しみですし、カジュアルにもビジネスにも使える皮の質感、考えられた構造、使いやすさ等、生活の質がちょっと良くなる&ライフスタイルがシュっとする財布だと思いました。

財布にカードはあまり入れずにスリムに使いたい、小銭は入れは不要、多くの現金よりもキャッシュレスと考える方は使ってみてください。

Le sourire(ルスリール)マネークリップ 購入先情報

【スポンサーリンク】