iPhoneにワイヤレス充電器を使ったら後戻りできなくなった話 AUKEY ワイヤレス充電バット JP-LCC6。

私のモバイル環境はデータ通信専用の格安SIMを挿入したiPad mini + NTT docomoのガラケーという機器で構成されています。
それぞれの月額使用料金はデータSIM500円(1GB) + ドコモの請求金額1800円 = 合計2500円弱で特に不自由なく利用出来てはいるのですが、それでもドコモさんから定期的に「スマホにすると、こんなに便利ですよ♪」といった文言が書かれたDMが送られてきます。(ガラケーあるある)

人をスマホが使えないガラケージジイ扱いしやがって…とは思いませんが、そろそろスルーせずに ちゃんと考えなくてはならないタイミングが到来したようです。
というのも、ガラケーで利用していた3G通信網が、2020年代半ばで終了するという事ではありませんか。

ならばあと5年くらいは現状のままの構成で使ってみようかな?とも思ったのですが、その考えを覆すキッカケとなったのが、楽天モバイルが提供する携帯電話サービス Rakuten UN-limit(楽天アンリミット)のキャンペーンです。
300万名を対象に月額2980円が一年間無料になるなんて!これは5年後じゃ絶対にキャンペーン終わってる。(笑)

そこで重い腰を上げて、NTT docomo 楽天モバイルへとMNPでキャリアを変更する運びとなりました。その際に選択したスマホは2020年に発売されたiPhoneSE(第2世代)です。

ガラケーからiPhoneSE(第2世代)への機種変更
ガラケーからiPhoneSE(第2世代)への機種変更

ちなみにiPhoneはRakuten UN-limitで正式に動作確認されておりませんので注意が必要です。特に現時点においては無料通話アプリのiPhone版はリリースされていません。
まぁ結論から言えばアプリ以外は問題なく利用できました。

で、iPhoneSE(第2世代)への充電は通常、Lightning(ライトニング)ケーブルにて行いますが、せっかくワイヤレス充電規格に対応しているので、安価でそこそこ口コミ評価の高いワイヤレス充電器を購入してみることにしました。

AUKEY ワイヤレス充電バット JP-LCC6という商品です。

AUKEY ワイヤレス充電バット JP-LCC6
AUKEY ワイヤレス充電バット JP-LCC6

充電器本体とUSBケーブルが付属してきますが、コンセントに挿すACアダプタは別売なので既存のものを利用されるか、別途購入される必要があります。

これも現時点においてはクイックチャージ(Quick Charge)規格に準拠したACアダプタが無難です。QC3.0とか書かれていれば まず問題ありません。

スマホ側もQi規格に対応したものであれば使えます。
iPhone8以降は利用可能です。

AUKEY ワイヤレス充電バット JP-LCC6 使ってみた。
AUKEY ワイヤレス充電バット JP-LCC6 使ってみた。

このパットの上にiPhoneを乗せるだけで高速充電できる…たったそれだけの事と言ってしまえばそれまでですが、一度ワイヤレス充電に慣れてしまうと「ケーブルをiPhoneに挿す」という、たったそれだけのアクションですら面倒くさくなってしまいます。

それに非接触なのでコネクタが消耗するリスクも少ないのが良いですね。
自宅のテーブルや会社のデスク上にちょこんと設置してけば、あとは無造作にiPhoneを置くだけで充電という行為を意識する必要がなくなります。

結局、同じものを3台購入してしまいました。
もちろんAirPodsやアンドロイド端末でも利用可能です。

AUKEY ワイヤレス充電バット JP-LCC6 購入先情報

【スポンサーリンク】


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ