「旅行グッズ」の記事一覧

MOCREO 安全旅行充電器 海外旅行用変換プラグ(変換アダプタ)USB端子もついて超便利!

海外旅行先でスマホやタブレット、デジカメといった電子機器を充電する為には、コンセント形状が日本と海外では異なる事から、ACアダプタのプラグ形状を変換する必要があります。(例外アリ)

これまでは全世界対応 電源プラグ変換アダプター ミニプラ 8in1(過去の記事へ)を持参して 特に不自由は感じていなかったのですが…いやいや、このアダプタを知ってしまってからは考えがスグに変わりました。

MOCREO(モクリオ)の安全旅行充電器 海外旅行用変換プラグ、型番がTC-BKという商品です。

MOCREO 安全旅行充電器 海外旅行用変換プラグ
MOCREO 安全旅行充電器 海外旅行用変換プラグ

MOCREO 安全旅行充電器 海外旅行用変換プラグが他と比較して 特に便利だと感じたのが以下の3点です。

 ・一体型なのでパーツを分離する必要がない。
 ・150カ国以上で使える。
 ・USBポートが2つ付いている。(合計2A)

これまでは変換プラグに加えてUSB充電器も携行する必要がありましたが、今後はコレ1台でOKになります。

モクリオ 安全旅行充電器 海外旅行用変換プラグ

使い方はとても簡単で、渡航先のコンセントタイプに応じてレバーをスライド、またはプッシュするだけです。

今回、私はタイでこのMOCREO 安全旅行充電器 海外旅行用変換プラグを使ったので、レバーをEUROPE(この機器ではいう真ん中部分)に合わせて押し込むと、タイプCのプラグが出てきます。

MOCREO 安全旅行充電器 海外旅行用変換プラグ 使ってみた。

これをホテルのコンセントに刺すとLEDが点灯します。
そしてUSBポートにスマホやデジカメを接続するだけで安定した充電が行われました。これは素晴らしい。

充電中は本体温度がそこそこ上がるのが心配でしたが、特に問題ありませんでした。
また、前述した以外にも以下のようなメリットがあります。
 ・日本国内でUSB充電器としても使える。
 ・日本で海外の電化製品を使うための変換プラグとしても使える。

もっと早く知っておけば良かった~と、素直に思える変換アダプタ。海外旅行や海外出張に行かれる方は是非持っておいて下さい。

MOCREO 安全旅行充電器 海外旅行用変換プラグ 購入先情報


チェーン付き海外旅行用財布 ソロツーリスト ウォレットC(3つ折サイフ)

海外旅行に年に2回以上行くようになったのは2007年にセブ島(その時の記事へ)からなのですが、その時に強く感じたのが 財布は普段使いのもの以外にも「海外旅行専用のサブ財布を用意した方が良い」という事です。

最近旅行したフィリピン マニラのマカティ地区(その時の記事へ)は警戒していた割には拍子抜けする程に安全で人も優しくて快適でしたが、日本に比べたらスリやひったくりも多くて油断のならない国の方が多いですからね。メイン財布に多くのお金、カードを入れた状態で紛失する…というリスクは何としても避けたいところです。

そこで海外旅行用のサイフとしておすすめなのがこちら、人気の海外旅行用品ブランド ソロツーリストウォレットCという3つ折財布です。

ソロツーリスト ウォレットC 開いたところ
ソロツーリスト ウォレットC 開くとこんな感じ

この財布には私が海外旅行用の財布はこうあるべきだ~と思う、以下の要件を満たしています。

・チェーン付きである
チェーンの片方をベルトループに装着しておく事で、スリやひったくり、落下による紛失リスクを大幅に減らせます。チェーンの長さも充分でした。

・高く見えない
旅先ではどうしても人前で財布を広げるシーンが出てきますが、ブランド物の高級サイフ = 金持ちに見える = お金が沢山入っているように見えますので…ちなみにこのソロツーリスト ウォレットCですが、高くは見えません(笑)が安っぽくもありません。ちなみにマジックテープではなく、ボタンで留めるタイプです。

・交通用カードや切符が入る
開いて左側にはMRT(地下鉄)カードや切符等の収納に便利なビニール窓付のケースが付いています。

・クレジットカードカードが入る
当然ながらカード入れが付いています。

・小銭が入る
開口部は若干狭くてそれほど多くのコインは入りませんが、札入れ部分を広げる事なく外側のファスナーポケットから小銭が取り出せます。

ソロツーリスト ウォレットC

購入前は「3つ折りなのでサイズも小さめかな?」と想像していたのですが、実際は二つ折り財布と同程度の大きさですね。それでも薄いのでパンツの前ポケットに入れても圧迫感はないです。

ちなみにチェーンは取り外し可能なので日本でも問題なく普段使いできます。チェーン付きウォレットって普通にダサいですしね。^^;

それはさておき、これで紛失リスクは減らせますが、海外ではこういったツールに依存しすぎず、用心して動く事が何より肝要かと思われます。

楽しい旅のお供に是非どうぞ。

ソロツーリスト ウォレットC購入先情報

【スポンサーリンク】


ラゲッジチェッカー 海外旅行時に必須のベルト式吊り下げデジタルスケール

有難いことに海外旅行には年2回ほど出かけておりますが、毎回緊張するのが入国審査…でななくて、復路(帰国時)の航空会社チェックインカウンターにおける、預入荷物(手荷物)の重量チェックだったりします。

何しろスーツケースはお土産でパンパン。
ここで重量オーバーとなりますと超過分の料金を支払うか、中身を廃棄して重量制限の範囲内とするかの2択しかなく、後者を選択したならば自分の後ろに並ばれている方からの舌打ちは必須です。

そうならない為にも、海外旅行に行く際には必ず用意したいのがラゲッジチェッカーです。今回はベルト式吊り下げデジタルスケール EL10を購入してみました。

ラゲッジチェッカー
ベルト式吊り下げデジタルスケール EL10
吊り下げ部分はベルト式になっているので、重量を量る際にスーツケースを傷つける事もないかと思われます。更に本体重量は82gと超軽量ながらも、50Kgまで計量できます。

収納ポーチ&電池も付いていますが、電池はあくまでも動作確認用なので、海外で安く購入するのも良いかも知れませんね。

ラゲッジチェッカー
ラゲッジチェッカー
使い勝手も良く、デジタル表示なので見やすい…うん、この価格としては必要充分ではないでしょうか。(購入時はAmazonで1000円以下でした。)

精度も空港のチェックインカウンターに設置された重量計と比較しても大差ありませんが、リスク回避の為にも3%程度の余裕は持たせた方が良いでしょうね。

空港のチェックインカウンターでのドキドキから解放される、海外旅行や出張が多い方におすすめの一台です。

ラゲッジチェッカー お取り寄せ・購入先情報

【スポンサーリンク】


4輪 ソフトスーツケース ace TOKYO Rock Paint-SS(片面開き)

旅行や出張に欠かせないスーツケース
私もA.L.I(アジアラゲージ)の両面開きハードタイプ@4輪(過去の記事へ)を2009年から愛用しておりますが、旅慣れる程に「やっぱり片面開きの方が便利かも?」と思うようになりました。

両面開き(観音開き)のスーツケースは、ちょっとした荷物を出し入れするだけでもフルオープンにする必要があり、閉じた状態の2倍のスペースが必要。部屋がそれなりに広ければ良いのですが、狭い部屋だと不便ですよね。

海外出張の多いうちの奥様も、そういった部分からも大容量片面開きタイプを愛用していたのですが、車輪が2つしか付いていないので 移動させる際にちょっと重たい…という不便さを感じていたようです。

そこでこのスーツケース、ace TOKYO Rock Paint-SSという商品です。

ace TOKYO Rock Paint-SS

特徴としてはこんなカンジです。
 ・片側開き
 ・ソフトタイプ
 ・4輪
 ・大容量(91リットル)
 ・軽量3.1Kg

片面収納なのでパッキングが楽ちん。
高さのあるブーツや大きめの箱を入れるようなシーンにおいては特に重宝しそう。大容量でありながら、追加料金なしで飛行機への預入可能なサイズです。

エース東京 ロックペイントSS

持ってみる事で実感するのが凄く軽い!という点です。大容量故に違和感すら抱く軽さです。

そして前述の通り必要なスペースはスーツケース1つ分なので、ホテルに良く備えられているバゲージラックに置いた状態で荷物を出し入れできるのが便利ですよね。

また、スーツケースは壊れやすい(特に車輪部分)ので、修理時の部品交換を確実にするためにもノーブランドを避けるのが鉄則。そういうace TOKYOは良い選択だと思います。

ace TOKYO Rock Paint-SS(ソフトスーツケース)購入先情報

【スポンサーリンク】


サブコンテンツ

このページの先頭へ