「ファッション・アクセサリ」の記事一覧

ガチな軽量 AMMIワンショルダーバッグ(斜めがけ)男女兼用 ボディーバッグ。

軽量、または超軽量(とにかく軽い)かつ恰好良い&通勤等のビジネスシーンでも使えるワンショルダーバックを探している方への情報です。

以前に購入したコートエシエル(Cote&Ciel)のリュックサック ISAR(イザール)がとても恰好良かったので、通勤用に使うワンショルダーバッグも同じようなデザインのものを買いたい!と思って神宮前にあるCote&Ciel Tokyoに実物を確かめに行ったんですよ。(安い買い物ではないので出来れば試着・試用したく)

で、コートエシエル(Cote&Ciel)ワンショルダーバッグを実際に手に取って見てみますと確かに軽くて格好良い!そして洗練されています
…が、これが実際に背負ってみますと「あれれ?」となった訳ですよ。

購入候補 コートエシエル(Cote&Ciel)ワンショルダーバッグ
購入候補となったコートエシエル(Cote&Ciel)のワンショルダーバッグ

ワンショルダーバッグのベルトに左腕と頭を通しますと、本来は表面にくるはずのポケットが背中の方を向いて、一度のアクションで良い具合に装着できないのです。これには地味~にストレスを感じました。

毎日使うものなので、いくらお洒落で恰好良くてもコレはダメなと、残念ながら購入を断念した訳でございます。

AMMI 軽量ワンショルダーバッグ
AMMI 軽量ワンショルダーバッグ

で、代わりになるような軽量ワンショルダーバッグをAmazonや楽天で探しに探し、比較に比較を重ねた結果、購入したのがAMMIという無名ブランドの軽量ワンショルダーバッグでございます。

デザインもアレですねぇ…似てます。(笑)

それはさておき、生地はビジネスバッグに多く使われているオックスフォードというで軽くてしなやかな素材が使われてます。若干、光沢もあるのでビジネス用途として通勤&通学にもバッチリ対応。

綺麗めな服装に似合うでしょうね。

AMMI 軽量ワンショルダーバッグ とてもイイ!

第一印象はとても良いです。

そして背負った感覚もとても良い!安価なのに格好良いので「これは良い買い物したなぁ♪」と、この時点で買って良かったと実感してしまう程に好みの品です。

私は普段、会社には軽量の折り畳み傘と9.7インチのタブレット(iPad mini)、手拭いと場合によってはペットボトル1本を持ち歩くのですが、この程度であればパンパンにならずに余裕で収納できちゃいます。

サイズ等、スペック詳細は文末のリンク先をご覧ください。

AMMI ワンショルダーバッグ メリット デメリット

最後にこのワンショルダーバックの良い点、イマイチな点をまとめてみます。

■良かった点
・とても軽い
世の中には1Kg近くあるのに超軽量を謳うワンショルダーバッグが多い現状ですが、これは450グラムと軽量です。
また、この手のバックバッグは実際の重さよりも背負った時にどの程度の重さを感じるか?が重要だと思うのですが、その点においても優秀なバッグです。

・なかなか格好良い
今となってはありがちなデザインではありますが、とても上品な出来栄えです。

・大容量でポケットも沢山
メインのポケットにはA4サイズの雑誌がそのまま入る大容量。それでいて、そこまで大きく見えない所が良いです。iPad proもギリ入るようです。

・防水加工
ファスナー含めて耐水加工が施されているので、普通の雨くらいであれば安心レベルです。でも水没はNGでしょうね。

■イマイチな点
・ロゴが恰好悪い
幸いなことにロゴは目立たないので問題ナシです。

・接合部分の強度が心配
本体とベルトの接合部分を触った感じだとプラスチックのように思えます。金属ではないので耐久性が少し心配です。まぁ交換も出来そうなパーツなので問題無さそう。

・右肩掛けする必要あり
右肩に掛けないとバッグを前に回した際にポケットが下を向いてしまいます。

ただ、トータルで考えても凄く良いです。
通勤や通学、ちょっとした旅行やお出かけ等、デイユースに最適な軽量ワンショルダーバッグだと思います。

経験上、この手の商品は現状在庫が無くなれば追加生産されるないケースが多いので、気になる方はお早めに入手されることを強くお勧めいたします。

とても良い買い物で、毎日の通勤&週末のお出かけに大活躍してくれております。

AMMIワンショルダーバッグ 購入先情報

【スポンサーリンク】


街歩きに最適!メレル トレッキングシューズ カメレオン7 ニットミッド(スニーカー)は街派洒落靴☆

どうも、ここ10年程はメレル(MERRELL)以外のスニーカーを履いていないメレル大好きおじさんです。以前に購入したカメレオンの旧モデル(その時の記事へ)の右側だけ、何処からともなく(恐らくサイド~靴底の部分)水がしみ込んでくるようになり、これじゃゴアテックスの意味がない状態となってしまったので、普段使い用スニーカーを新調することにしました。

さて、どのモデルにしましょう?

水が入ってくるようになったのがカメレオンのミッドなので、今回も最新モデルにしようかな…と、メレルの公式サイトを眺めていると、おっ、街歩きに最適そうなデザインのシューズがあるじゃないですか♪

カメレオン7 ニットミッドというモデルです。

メレル カメレオン7 ニットミッド
メレル カメレオン7 ニットミッド

カメレオンシリーズと言えばメレルのフラッグシップモデルですが、今回のカメレオン7 ニットミッドは、シリーズに初めてニットアッパーが採用されています。

形状としてはローカットスニーカーのくるぶしから上の部分をニット素材で覆った感じです。故に通常一般のミッドタイプのようなホールド感は得られませんので注意が必要です。

メレル カメレオン7 ニットミッド

アウトソールは安定のヴィブラム、ミッドソールは捻じれから足を守ってくれるFLEXPLATEが採用されています。従来のメレルのソールと同程度の固さなのだと思います。

インソールも立体的なのでフィット感も
色合いも画像よりは落ち着いているので、幅広い年齢層に受け入れられそうです。

ただ、従来のメレルよりも踵部分が若干ルーズになっているかな?という印象なので、可能であれば試着はしたいところですね。

メレル カメレオン7 ニットミッド

カテゴリとしてはトレッキングシューズのようですが、私は街歩きに最適なスタイルであるように見えました。って、アウトドア派じゃないからかも知れませんが。(笑)
これが1足あればオールシーズン活躍してくれそうです。

スタイルは何にでも会いますが、夏場は短パン&ショートソックスと合わせても恰好良いと思います。

メレル、ホント良いわ♪

メレル カメレオン7 ニットミッド お取り寄せ・購入先情報

【スポンサーリンク】


テスラ(TESLA)UVカットスポーツシャツ 夏&海外の紫外線や日焼け対策に便利な一枚!

自分はつくづく学習能力がないなぁ~と痛感するのが、予期せぬ日焼けをしてしまった時です。それは常夏の東南アジア旅行でのシーンに多いのですが、例えばベトナムのニャチャンに旅した時には「自転車で風を切って走るの気持ちウィイ~♪」とばかりに半袖Tシャツで1時間程外で過ごしただけなのに、腕は真っ赤に日焼けしました。

元々 色白で肌が弱い私は、日焼けをするとスグに赤くなる 熱を持つ&痛くなる 体力消耗が大きくなる テンションが下がる 旅行の楽しさが少し損なわれてしまいます

そこでマラソンランナーが良くTシャツの下に着けているような紫外線を遮断して日焼けを防いでくれるUVカットスポーツシャツ(UVカットアンダーシャツ)を試してみることにしました。

テスラ(TESLA)というメーカーのUVカットスポーツシャツです。

テスラ(TESLA)長袖 ラウンドネック スポーツシャツ [UVカット・吸汗速乾]テスラ(TESLA)長袖 ラウンドネック スポーツシャツ [UVカット・吸汗速乾]

テスラと言えばアメリカの電気自動車メーカーを想像しますが、それとは無関係なのでしょうね。

手触りはツルンとしていて、ラッシュガードの生地を薄くしたような感じ。伸縮性もあって少ない力でみょ~んと伸びます。って、加圧がウリなので当たり前か。

早速着てみましょう。

テスラ(TESLA)スポーツシャツ MUD11

普段のサイズで袖丈、着丈等はピッタリなのですが…圧着感が高くない?これで街歩きとか、日焼けは防げても逆に深いじゃね?

と思っていたのですが、どうやらテスラのUVカットスポーツシャツ(コンプレッション&パワーストレッチ)は型番ごとに圧着具合が異なる = 特徴が異なるようでした

・MUD01:圧着感 中、通気性 中、着心地 高
 デイリーユースに最適
・MUD11:圧着感 高、通気性 中、着心地 中
 激しい運動に適用
・MUD71:圧着感 高、通気性 高、着心地 中
 蒸れやすい部分にメッシュ素材加工

どうやら圧着感の高いMUD11を購入していたみたい…なのでMUD01を買い直しました。トホホ…orz

テスラ(TESLA)スポーツシャツ

当初は「汗をかいたときに不快かも?」なんて思っていたのですが、そうでもないですね。風が当たるとひんやりするので、ちゃんと速乾しているのだと思います。

Tシャツのしたにアンダーウェアとして着用しますと、何となく「タトゥーを画したい人」みたいなビジュアルに見えなくもないですが、私のように肌が弱い方や 日焼けを防ぎたい方には有効なシャツだと思いました。

そしてお安いので複数枚購入しやすいのも◎

テスラ(TESLA) UVカットスポーツシャツ 購入先情報

【スポンサーリンク】


エアーパンツ 夏に嬉しい清涼 接触冷感イージーパンツ(エアパン)冷たくはないがお勧めできる夏パンツ。

このブログでファッション系の記事を書く際に今一つ気が進まない理由、それはこういったファッションアイテムはライフサイクルが短いので、数か月後にこの記事を見て下さった方が文末のリンクをクリックして下さった際に「売ってないじゃん!」となるのが心苦しいからです。

それでも、このエアパンツをご紹介する理由は以下の通りです。
 ・価格が送料込みで2000円以下と非常に安い
 ・お値段以上に見える
 ・生地がストレッチして履きやすい
 ・薄手で涼しい

AIR PANTS(エアーパンツ)
AIR PANTS(エアーパンツ)

サイトの商品説明文によりますと、履くと冷んやりした感覚が得られて涼しい!といった記載がされていますが、少なくとも冷感を得られる寝具を触った時のような冷たさは感じられませんでした。

それでも良い具合に薄手の生地でビヨ~ンとストレッチするので、ちょっとした軽作業にも最適じゃないでしょうか?動きやすいですし、濡れても割とスグに乾きます。

ちなみに、素材はポリエステル70%、レーヨン25%、ポリウレタン5%なので柔らかです。

AIR PANTS(エアーパンツ)

ウェストはゴム&紐で縛るタイプなのでとても楽ちん。

カラー展開も9色あるのでベージュが気に入ってしまった私は、続いてネイビーも購入 = 合計2本買ってしまいました。そしてポスト投函されるのも便利~☆

寒い季節にもヒートテック等を重ね履きすれば、とても快適に過ごせるかと思われます。

AIR PANTS(エアーパンツ)お取り寄せ・購入先情報

【スポンサーリンク】


蒸れ知らず!まさに春夏仕様サンダル キーン ユニーク オーツー(KEEN UNEEK O2)スニーカー 暑い地域への海外旅行にも最適☆

そんな訳でゴールデンウィークの前半はベトナムのビーチリゾート ニャチャンに旅行してきたのですが、この時期の東南アジアはまさに酷暑!日本の8月もえげつない暑さですが、この季節はまだ自分自身の身体が厚さに不慣れなこともあって、余計に暑く感じて体力も削られます。

特に暑苦しいのが靴の内部に熱がこもりやすい足…いくら通気性の良い靴を履いていても足はムレムレで発熱すら感じます。

かと言ってサンダルを使えば問題解決~な訳ではありません。一般的なサンダルは長期歩行に不向き(疲れる)ですし、何より東南アジアは道路の状態も良くない = 何が転がっているか分からないので少し危ないです。

そんな状況下でも大活躍してくれたのがコレ、キーン ユニーク オーツー(KEEN UNEEK O2)です。

キーン ユニーク オーツー(KEEN UNEEK O2)
キーン ユニーク オーツー(KEEN UNEEK O2)

その特徴は画像の通りです。

0.5mm程の伸縮性のあるナイロン紐で編み込まれた形状…とでも言えば良いですかね?
それでいて軟弱な感じはせず、とてもしっかりと自立します。位置付けはサンダルとスニーカーの中間くらいなのだと思います。

渋谷のショップ店頭で一目惚れしたデザインで恰好良いわぁ♪

KEEN UNEEK O2

ほぼ真横から撮影した画像がです。

靴を通して反対側にある白い布が見えるのをご確認頂けると思います。
商品名のO2(オーツー)が示す通り、通気性は抜群ですね!ニャチャンはとても蒸し暑かったですが、足元はとても快適でした。

そして皆様が気にされるであろうサイズに関してですが、ナイキ等よりも気持ち小さめに感じました。長さは全く問題ないと思うのですが、足首周りがタイトですかね。
確かにローカットなので、この辺を締め付けないと足にフィットし難くて安全性が確保されないので仕方ないかな?足の甲に高さのある方はハーフサイズ~+1cmアップされた方が良いと思います。

私は革靴では25.5cm、スニーカーでは26cmなので 今回も26cmをチョイスしましたが、27cmでも良かったかなぁ…でも伸縮性のある素材なので、そのうち馴染んでくるでしょう。^^

キーン ユニーク クローズドヒール

そしてサンダルやスリッパとは最も異なる点がのクローズドヒール、つまりは踵の保護部分になります。これがあるだけで、街中を歩く際の疲れ難さと安定感が段違いななんですよ。

スニーカーの堅牢さとサンダルの涼しさを両立させた秀逸なモデル、海外旅行に、夏の暑さによる蒸れ対策に1足あると超便利!靴下のチョイスによって見た目を変化させられるのもイイですよね。もちろん裸足でもOKです。

キーン ユニーク オーツー(KEEN UNEEK O2)購入先情報

【スポンサーリンク】


サブコンテンツ

このページの先頭へ