「ドリンク・お酒」の記事一覧

冬の贅沢 ハマヤ ブルーマウンテンブレンド No.1でハマヤにハマる。

ブルーマウンテン(Blue Mountain)といえばコーヒーの最高峰としても有名ですよね。
その味わいの特徴は黄金のバランスと称され、コーヒーの持つコク、苦味、酸味、甘みといった要素が見事に均等調和されています。

ブルーマウンテンはジャマイカにあるブルーマウンテンという山脈の標高800~1,200mの限られた地域で栽培されるブランドコーヒー豆で、それ以外の標高で採れたコーヒー豆はブルーマウンテンを名乗れません。

それ故に値段がとても高いのも特徴ですが、生意気にも同級生との喫茶店巡り(今で言うところのカフェ巡り)を趣味としていた高校生時代に通ぶって良く飲んでいたものでした。(そしてアルバイト代は消える…)

そんなブルーマウンテンコーヒーを贅沢にもインスタントコーヒー化したというものがありましたので、早速 試してみることにしました。

ハマヤ ブルーマウンテンブレンド No.1
ハマヤ ブルーマウンテンブレンド No.1

スイスのブランド、ハマヤ(HAMAYA)のブルーマウンテンブレンド No.1です。

商品名の通りブルーマウンテンをベースにした高級インスタントコーヒーで、フリーズドライ製法なのでネスカフェバリスタにも使えます。(メーカー的には非推奨ですが)

繰り返しになっちゃいますが、ブルーマウンテンをインスタントにしちゃうとは…でもブルーマウンテンが手軽に味わえるなら良い事ですよね。ではでは、さっそく頂いてみましょう~☆

ハマヤ ブルーマウンテンブレンド No.1 飲んでみた

まずはコスト面についてですが、ハマヤ ブルーマウンテンブレンド No.1の1回分の量は2グラムなので、1杯あたり66円という計算になります。
インスタントコーヒー1杯で66円…もう少し出せばコンビニのレギュラーコーヒーが買えてしまうほどの価格ですね。汗

ですが粉を入れたマグカップにお湯を注いだだけでも相当な香りが立ちます。
「おおっ!良い香りですねぇ♪」
と、近くの席に座る同僚君からも声が上がるほどです。

口当たりも良く、ブルーマウンテンのレギュラーよりも酸味は穏やかで、独特な甘さとマイルドなバランスが味わえます。

比べちゃダメなやつかも知れませんが、一般的なスーパーで売られているインスタントコーヒーとは全くの別物であることが、結構ハッキリと分かります。

ダイソー インスタントコーヒーキャップ
ダイソー インスタントコーヒーキャップ

話題は逸脱しますが、インスタントコーヒーを作る際に 毎回スプーンで測るのは面倒くさいなぁ…と思っている私と同じタイプの皆様に強くおすすめしたい逸品がこちら、ダイソーのインスタントコーヒーキャップです。

このインスタントコーヒーキャップを文字通りインスタントコーヒーのキャップとして使うことで、振るだけで一杯分の適量が出せちゃうスグレモノ。
コーヒー瓶の大きさに合わせて2サイズ展開されているようです。(スモールサイズとレギュラーサイズ)

ダイソー インスタントコーヒーキャップ 使ってみた

今回のハマヤ ブルーマウンテンブレンド No.1 50g入りの場合、スモールサイズでピッタリですが、パッケージの裏面には適合する有名メーカーのコーヒー銘柄が記載されております。

使い方も簡単で、インスタントコーヒーキャップを取り付けた瓶を逆さにして、それを一度もとに戻してからカップに移すだけです。

ダイソーがお近くにある方は是非ともブルーマウンテンブレンド No.1とご一緒にどうぞ~☆

ハマヤ ブルーマウンテンブレンド No.1 お取り寄せ・購入先情報

【スポンサーリンク】


[白ワイン] ヤルデン シャルドネ イスラエルの奇跡 イスラエル航空ファーストクラス採用の安旨白ワイン。

これまでにも実店舗(酒屋さん)や通販で、実に多くの赤白ワインを購入してきましたが、残念ながら失敗も多く経験して参りました。
まず、お店のポップやネット通販の商品紹介ページに掲載されているワインの説明が、大抵似たようなことが書かれてますものね。^^;

 ・凝縮感がある
 ・プラムやベリー系の香り
 ・爽やかな酸味
 ・土や〇〇のニュアンス
 ・スパイシー
 ・パーカーポイント〇〇
 ・〇〇な色合い

「もうええわ」と、言いたくなってしまいます。(笑)

だから出来る事なら買う前に酒屋さんで試飲、または飲食店で飲んでみて美味しかったワインを買うべきなのでしょうね。

ヤルデン シャルドネ(イスラエル)
ヤルデン シャルドネ(イスラエル)

そんな訳で、奥さんがお店で飲んで美味しかった!というワインをお取り寄せしてみました。ヤルデン シャルドネというイスラエルの白ワインです。

なんでもイスラエル航空のファーストクラスでも採用されているイスラエルの奇跡とも呼ばれる白ワインなのですが、お値段は意外と手頃。

ヤルデン シャルドネ(Yarden Chardonnay)の価格ですが、3年前のヴィンテージで2500円くらいでした。
これが飲食店ならば1本7000円~8000円するでしょうね。グラス提供であれば1杯1000円前後~と、そこそこリッチな白ワインです。

Yarden Chardonnay 2017

糖質が気になるお年頃の私は普段は赤ワインばかりなので、今回の白ワインレビューは初心者丸出しかもしれませんが、口当たりからボディのどっしりとした強さが伝わってきます。

続いて何かがぶわっと香る~というよりも、ほんのり樽とトロピカルな香りがします。後口はかすかなミネラルっぽい苦味とピリっとスパイス。

それほどエレガントさは感じないものの、とてもバランスが良くてとても美味しい白ワインです。

ヤルデン シャルドネ(イスラエル)飲んでみた

これ、甘くないので色々な食事に合うでしょうね。

しばらく空気に触れさせる事で赤ワイン同様に角が取れて柔らかくなりますが、冷やしてフレッシュな状態の方が美味しく感じました。

欲を言えば…もう少し華やかな香りと複雑な味わいが加われば素晴らしいと思えるところですが、2000円台でこのレベルなら充分じゃないですかね。とても優れたコスパの白ワインでございました。

ヤルデン シャルドネ(イスラエル)お取り寄せ・購入先情報

【スポンサーリンク】


世界一美味しいインスタントコーヒー? マウント ハーゲン オーガニックフェアトレード インスタントコーヒー スティックを飲んでみた。

会社ではちょっとした時間にインスタントコーヒーを飲みます。

インスタントコーヒーにはスプレードライ、フリーズドライ等 色々な製法があって、いずれもお湯を注ぐだけで手軽に飲めるのがメリットではありますが、そんなに美味しくはないですよね?汗

以前にご紹介したネスカフェバリスタは普通のインスタントコーヒーをそこそこ美味しく味わえる大変優れたインスタントコーヒーメーカーではありますが、味はレギュラーコーヒーには及びません。

そこで!!!

「世界一おいしいインスタントコーヒー」

という頭の悪そうなキーワードで検索してみましたところ、多くのコーヒー好きの方がマウント ハーゲンオーガニクインスタントコーヒーを推しているので、そのスティックタイプを試してみることにしました。

マウント ハーゲン オーガニックフェアトレード インスタントコーヒー スティック
マウント ハーゲン オーガニックフェアトレード インスタントコーヒー スティック

マウントハーゲン(Mount Hagen)とは?
コーヒー産地の製造者さんなのかな?と思いきや、ドイツのメーカーなのだそうです。

メキシコ、ペルー、ホンジュラス、パプアニューギニアといった国々からフェアトレードで有機栽培された上質なコーヒー豆を調達 独自の比率でブレンド フリーズドライ化されたインスタントコーヒーされたものがコレです。

マウント ハーゲン インスタントコーヒー フリーズドライ

これでマウント ハーゲン インスタントコーヒー 2g = 1杯分ですね。
これをカップに入れて150ml程度の熱湯を注いで軽くかき混ぜれば出来上がり。

インスタントコーヒーなので期待できなかった香りもそこそこ立ちます。
ほんのり黒ビールのカラメルを想像するようなマイルドなコクと苦みが広がり、酸味は穏やかでした。温度が少し下がると酸味と複雑さが増す印象…これは美味しいと思います。
カファラテやカフェオレのベースとしても良さそう。

そしてインスタントなのにオーガニックであるというのもポイント高いですね。

マウント ハーゲン インスタントコーヒー スティックタイプ

スーパーの店頭にも定番のインスタントコーヒーが並んでいるかと思いますが、それよりもワンランク上の味わいが手軽に、かつスティックタイプの個包装なので、いつでも新鮮な良い状態で好きなタイミングに楽しめる良いコーヒーだと思いました。

個包装タイプ以外にも、100gのビン入りもあるので沢山使う方にはおすすめです&ネスカフェバリスタにコレ入れたらクレマも立って相当に美味しくなるでしょうね~。そして当然のことながらパンやスイーツにも合う合う♪

本当はレギュラーコーヒーを飲みたいけれど、時間や設備的な都合で仕方なくインスタントコーヒーを飲んでいる!という方に、一度はお試しいただきたいコーヒーでございました。

マウント ハーゲン インスタントコーヒー お取り寄せ・購入先情報

【スポンサーリンク】


ワールドワインフェス2019参加レポート 好みのテーブルワインを見つけるも満足度は…

9月に行ったAmazon Bar Tasting Fest(アマゾンバー)がとても良かったので、今回はイオンリカーさんが主宰するワールドワインフェスに行ってまいりました。

まずはワールドワインフェスの概要から。

ワールドワインフェスとは?
世界中のイオン直輸入ワインフリーフローを(飲み放題)で楽しめる期間限定イベントです。
チケットは事前購入する必要がありますが、オンラインで購入できるのは3,300円のスタンダードチケットと5,500円のスペシャルチケットの2種類です。

いずれもワインフリーフロー2時間 + フードチケット5枚がセットになっていて、スペシャルチケットにはこれに加え、セレクトワイン(少し高級なワイン)の試飲チケットが5枚付いています。

ワールドワインフェス2019の会場は天王洲で、これもアマゾンバーと同じでした。ただ、しメインフロアのみの使用なので規模は若干小さ目。

イオンリカー ワールドワインフェス 会場

ワールドワインフェス参加の流れ
1.事前申し込み
まずはワールドワインフェス特設ページから希望のチケットを予約します。
チケットはオンライン決済可能で、発券はコンビニからも行えます。

2.事前準備して会場へ
会場では年齢確認のため、写真付きの身分証明が必要との事ですが、我々のように明らかなアダルトは確認不要でした。(笑)
ただ、無用なトラブルを避けるためにも必ずパスポートや運転免許証、マイナンバーカードを持参しましょう。
受付では入場チケットを腕に巻いてもらい、スペシャルチケットを購入した場合にはココで受け取ります。

3.入口で水と試飲用のグラスを受け取る
お水は飲料水でそのままチェイサーにもできますが、これは試飲用ワイングラス(プラスチック製)を簡単にすすぐためのものでしょうね。

4.さぁ飲もう♪
世界約9か国 26ワイナリーのワインを楽しみましょう。

ワールドワインフェス セレクトワイン試飲ブース

まずは酔いが回る前に ちょいと良いワインを飲んでおきましょうかね☆いうことでセレクトワイン試飲ブースへ。

試飲といっても実質上の有料追加試飲なので、ガラス製のワイングラスに90ccほど注いで下さいます。これだけで5杯分なので、お二人以上で行かれるのであれば、スペシャルチケットを購入されるのはお一人で十分なような気がします。

5000円前後のワインではあるそうなのですが、残念ながら特にプレミアム感はなかったように思います。^^;

ワールドワインフェス 会場内の様子

会場には多くのお客さんでにぎわっていますが、入場者数がコントロールされているので、ワインブースの前で延々と待たされることはありません。

みなさん入場に渡されるガイドブックを片手に、好みのワインを試飲されている様子でした。

ワールドワインフェス ワインの数々

ワインはこのように番号付きで表示されていて、気に入ったワインが見つかれば番号カードを備忘録的にGETできます。

ワールドワインフェス 試飲ブース

試飲ブースには世界9か国 26ワイナリーの担当者さんがポケトーク片手にワインの特徴を熱心に説明して下さいます。

普通に考えればとても豪華な催しなのですが、試飲提供されている殆どのワインが1000円以下~2000円弱くらいの価格帯で、その味わいも俗に言う「金賞ワイン」的なもので、味にも香りにも驚くようなものはありませんでした。

要はイオンリカーのお店をそのまま天王洲に持ってきたようなものですから、掘り出し物を探す!というような、試飲イベントの醍醐味は感じられませんでした。

どれも普通に美味しいは美味しいんですケドね~。

ワールドワインフェス フードブース

フードチケットでは前菜盛り合わせとハラミステーキをチョイスしてみました。

多くが出来合いのものなので待ち時間はありませんが、肉焼き場のお兄さんの手際というか段取りが恐ろしく悪い(まとめてオーダーを取らず1件ずつ対応)ので、ここだけは行列が出来ていました。

こんな感じでたっぷり2時間30分(ラストオーダーは30分前)楽しんでベロンベロンに酔っぱらってしまいました。ーー;

ワールドワインフェス 気に入ったワインを購入

気に入ったワインは出口横の販売ブースで購入可能。陳列や品揃えも まさにイオンリカー!という感じです。(笑)

アマゾンバー同様にSNSへの投稿特典もありますが、とてもショボかった(乾きもの程度の贈呈)ので参加せず~。

ワールドワインフェスで購入したワイン

ブースに並んでいたほぼ全ての赤ワインを試飲し、の2本を購入しました。

どちらもコスパに優れた良いワインだと思いますが、何分フェスの後半は酔いも回って正確なテイスティングが出来ている自信はありません。汗

以上、イベントの満足度としてはアマゾンバー程ではありませんが、自分好みのテーブルワインを短時間で探すには良いイベントだったと思います。^^


Amazon Bar(アマゾンバー)参加レポート 720種類のお酒を試飲できる期間限定イベントで好みの1本を見つけた☆

Amazon Bar Tasting Festに行って参りました!(以降Amazon Barまたはアマゾンバー
いや~本当に良いイベントでした!^^

イベントの仕切りも非常に良く練られていて、ストレスを感じずに美味しいお酒を何種類も堪能できました。流石アマゾンと言ったところでしょうか?
日比谷公園や代々木公演、上野公園等、都心の公園で行われているような食フェスやお酒イベントがいかにグダグタか?を実感してしまう程の満足度でした。

それはさておき、まずはAmazon Bar(アマゾンバー)の概要から。

Amazon Bar(アマゾンバー)概要

Amazon Bar(アマゾンバー)とは?
日本のアマゾン(Amazon.co.jp)で実際に販売されていて購入も可能な約720種類のお酒の中からチョイスした3種類 + おつまみ1品を1セットとして、これが3セット2500円で楽しめるイベントです。

飲めるのは上記で選んだ9種類だけではありませんが、それは後述します。

Amazon Bar(アマゾンバー)参加の流れ
1.事前申し込み
まずはアマゾンバー特設ページで希望日時を選択します。
2019年(今年)の場合は1時間に入場可能な人数を約400人までに制限しているそうです。。参加したい枠を選択して決済に進みます。
入場時間は制限されますが、滞在時間に制限はありません。

決済はAmazon Payで行われ、完了するとメールにQRコードへのリンクが記載されたメールが配信されます。
メールが何らかのトラブルで受信できない場合でも、ブラウザから再表示可能ですが、1アカウントにつき1名分の予約しか行えません。
何人かのグループで参加したい場合にも、それぞれのアカウントでの予約が必要になります。

2.事前準備して会場へ
発行されたQRコードは、この時点でスマホ画面のスクショを取得しておくと良いでしょう。そして会場では年齢確認のため、写真付きの身分証明が必須となるので、パスポートや運転免許証、マイナンバーカードを忘れずに用意しておきましょう。

3.入場手続き
スタッフさんにQRコードと身分証明を提示して確認してもらいます。

4.タイプ選択
ここで好みのお酒のタイプを以下の4種類の中から選択します。
A.冒険 B.革新 C.人気 D.伝統

すると、それに対応したガイドブックを手渡されます。
このガイドブックはチケットに相当するものなので紛失しないように注意しましょう。

■ 参考:イベント会場で試飲できるお酒一覧
 A.冒険 B.革新 C.人気 D.伝統

Amazon Bar(アマゾンバー)ガイドブック
Amazon Bar(アマゾンバー)ガイドブック

入場の際にはイベントの楽しみ方をスタッフさんが丁寧に説明して下さいます。大人数が来場するイベントなのに、こういった丁寧な対応はありがたい限りです。

期待に胸膨らませつつ、エントランスへと向かいます。

Amazon Bar(アマゾンバー)エントランス Amazon Bar(アマゾンバー)エントランス
Amazon Bar(アマゾンバー)エントランス

エントランスには360度お酒がスラリ!これは圧巻ですなぁ。

ディスプレイされているお酒はお店でも見かけるようなオーソドックスなものから、初めて見るようなラベルまで実に様々。これらが所せましと陳列されています。

インスタ映えは勿論なのですが、この様子を写真に収めておきますと 後で何かと役に立つのですが、それも後述されて頂きますとして、早速何か飲んでみましょうかね♪

とりあえずビールが良いかなぁ?^^

Amazon Bar(アマゾンバー)ブース

試飲するお酒の受け取り方ですが、まずは飲みたい種類のお酒が置かれているブースの前まで移動します。

ブースは今回のテーマごとに「A.冒険 B.革新 C.人気 D.伝統」といった具合にカウンターが分かれて(隣り合ってますが)いるので、そこにいるスタッフさんに飲みたいお酒を3種類伝えます。

今回、私は冒険をチョイスしましたので、冒険タイプのビールを選びます。

Amazon Bar(アマゾンバー)冒険タイプビール
Amazon Bar(アマゾンバー)冒険タイプビール

私は通販でも国内外問わずに多くのビールをお取り寄せしているつもりではおりましたが、それでも初めて見る銘柄が多いのにビックリ。

もちろんガイドブックを見ながら好みにあったものを丁寧に選択しても良いと思いますが、直感やお酒のエチケット(ラベル)で選ぶのも面白いと思います。

ちなみに ここではお酒の銘柄を伝えるのではなく「7番、10番、15番をお願いします♪」といった具合に、番号を伝えます。

ラインナップには高級銘柄も含まれているので、特にシャンパン等は品切れになるケースもあったようなので少しだけ要注意です。中には「11時くらいに行ったのに早くも品切れだった」といった残念な声も聞きました。

Amazon Bar(アマゾンバー)スタンプ

こういった具合にガイドブックにスタンプが押印され、上記で選んた1セット(お酒3種類 + おつまみ1種)が手渡されます。

スタンプの押印欄が埋まってしまっても、500円支払うと1セット追加できますのでご安心を。但し現金決済は行えず、Amazon Payやクレジットカード決済となります。
スマホやタブレットといった端末がないとダメなイベントですね。ちなみに会場にはフリーwifiが利用可能でした。

冒険タイプのビールを3種類選択(おつまみ付き)
冒険タイプのビールを3種類選択(おつまみ付き)

私はIPA(インディアペールエール)好きなので、冒険ジャンルの中でも珍しい海外銘柄を中心に選ばせて頂きましたが、どれも個性が強くて美味しいですねぇ。^^

日本のビールはピルスナータイプが主流なのに加え、普段飲んでいるのが糖質オフタイプの発泡酒(笑)なので、とても味わい深く感じました。

バナナのような口当たりのIPA、とても複雑な香りを持つIPA、芳醇な赤ワインを思わせるIPA…う~ん、至福です。^^

それぞれのビールの特徴をガイドブックにメモするのをお忘れなく☆

Amazon Bar(アマゾンバー)SNS投稿すると特典がもらえる
#AmazonBarFest SNS投稿特典

さて、冒頭でAmazon Bar(アマゾンバー)で楽しまれている様子を写真に撮影しておくと良い旨を書かせて頂きましたが、その撮影画像をtwitter、Facebook、instagramといったSNSに、#AmazonBarFestというハッシュタグを付けて投稿し、ブースにいるスタッフさんに画面を見せますと、各種のプレミアムドリンクの中から1杯無料で提供してもらえます。

しかもこれは試飲ではなく、350ccほどのサイズなので飲みごたえ充分で、すっかり良い気分になってしまいました。^^;

私はアメリカのクラフトタイプ生ビールを頂きましたが、これも相当に美味!

アマゾンバーで売られていたラーメン 1000円 Amazon Bar(アマゾンバー)無料配布

このイベントにおいては飲食物の持ち込みはNG、とは言え美味しいお酒には何かこう…ちゃんとした食べ物と合わせたいですよね?

そういったニーズにも対応できる様、屋外エリアにはラーメン店、ソーセージ店、フライドポテト専門店といったフードトラックが入っておりました。
ラーメンは1000円というイベント価格でありましたが、ちゃんとした美味しいラーメンでした。ビールに合う合う♪

更に屋外エリアには協賛企業によるビール、焼酎(いいちこ)、炭酸水(ウィルキンソン)、シリアルフード等のサンプル配布もあって、かなりのお得感が味わえました。これらはありがたく自宅でゆっくり味わいます☆

Amazon Bar(アマゾンバー)ガイドブックのQRコードから注文可能

さて、お話をイベント内容に戻しますが、Amazon Bar(アマゾンバー)の主目的 = 好みのお酒に出会う事です。

ガイドブックにはのように商品ごとにQRコードが印刷されており、これにアクセスするとAmazon.co.jpの商品ページに簡単にアクセスすることが出来ます。

mazon Bar オリジナル栓抜き(非売品)

更に、見つけた1000円以上のお気に入り商品を会場内から注文 確定済みの注文履歴画面を担当のスタッフさんに見せると、1人につき1回に限り、イベント会場でしか入手できないAmazon Bar限定のオリジナルグッズ1点がもらえます。

当初はAmazon Barタオルが欲しいと思っていたのですが、想像していたよりも小さかったので栓抜きにしました。E.YAZAWA並に大きなタオルだと良かったのに。(笑)
あ、栓抜きはシンプルな作りで使いやすかったです。

Amazon Bar(アマゾンバー)冒険タイプ赤ワイン
冒険タイプ赤ワイン

ビールを何杯か飲んだので、すっかりほろ酔い気分で良い感じ。こうなるとビールよりも少し濃いお酒が飲みたくなるのでワインのブースへ移動しましょう。

3種類共にフルボディの赤ワインをチョイスしましたが、どれも個性があって面白いですねぇ。中米のワインなんて飲める機会少ないですし。

特にウルグアイのピサノ RPF タナ 2015は相当に美味しかったので後日購入予定です。

Amazon Bar(アマゾンバー)冒険タイプ ラム酒
冒険タイプ ラム酒

そしてシメはちょぴり甘いのに蒸留酒なのに糖質の心配がないラム酒で。これも普段の飲みパターン。(笑)

色の違いは熟成年数の違いでしょうか、色にも味わいに個性が出ています。
ここでは普段から飲んでいるキャプテン モルガン プライベートストック以上に好みのラムには出会えませんでしたが、全然問題ありません。^^

追加チケットでテキーラの飲み比べをしたい所ではありましたが、お腹も一杯で充分に楽しんだので この辺でお開きにしましょうかね。

Amazon Bar(アマゾンバー)イベント内ではライブ演奏も
イベント内ではライブ演奏も

今回のAmazon Bar(アマゾンバー)イベント、まとめますと想像を超えた満足度を味わえる良イベントでございました。
出来れば2年に1度とは言わずに毎年、いや半年に1回…本音を言えば常設して頂きたいレベル。

本当、全てのイベント企画者はアマゾンバーを見本にして頂きたいと思えるほどのお酒フェスでございました。

フラーズ インディアペールエール
私がAmazon Bar会場内で購入したビール

最後に、私がアマゾンバーで出会った好みのお酒は、イギリスの伝統あるブリュワリーであるフラーズのインディアペールエール(Fuller’s)です。

本場のIPAらしくぶわっと香る柑橘系アロマと、複雑な味わいとコク、そしてじ~んわりとした長い余韻が楽しめる英国スタイルの逸品で美味しい~☆
店頭ではまず見かけないので、ビール好きな方へのプレゼントにしても間違いなく喜ばれそうです。

さてさて、次にこのイベントが開催されるのはいつか分かりませんが、また是非とも参加したいと素直に思えるおすすめの良イベントでございました。

1人で行けば最低でも9種類、2人で行ってシェアすれば18種類と、相当な種類を試飲できますので、きっとお気に入りの1本が見つかるでしょう☆


サブコンテンツ

このページの先頭へ