「ドリンク・お酒」の記事一覧

[コーヒー豆] 芸者じゃないよ GEISHA(ゲイシャ)だよ!

お米にもコシヒカリさササニシキといった品種があるように、コーヒーにも非常~~に多くの個性的な品種が存在しますが、今回のゲイシャは一般的な品種と歯 ちょいと位置づけが異なるコーヒーになります。

コンベンションで絶賛されたことから認知度が一気に上がり、カフェによっては1杯2000円ほどの価格で提供されることもあるという、非常に希少性が高いコーヒー豆です。

ですが今回は200gと約20杯分のコーヒーが淹れられるエチオピア産ゲイシャが2000円以下で購入できるという事で試してみました!

エチオピア産 ゲイシャ コーヒー豆
エチオピア産 ゲイシャ

ゲイシャの味わいをチャートにしますと↓のようになるそうです。
 香り :★★★★☆
 ボディ:★★★★☆
 苦み :★★☆☆☆
 甘み :★★★☆☆
 酸味 :★★★☆☆

酸味があるコーヒーは少し苦手だったりするのですが、コーヒーなのにトロピカルフルーツのような甘みとジャスミンのような香りがするのだとか?

では淹れてみましょうかな…ちなみにこんなとき、以前に購入したコーヒーメーカーの有難さを実感します。何せ豆のままコーヒー豆を買えるのですから。^^

エチオピア産 ゲイシャ

コーヒーメーカーのスイッチを入れますと、まずはコーヒー豆を挽く動作から始まるのですが、この動作音が普段よりはガリガリとした音が多くしますね。これは焙煎が浅いせいかな?確かに深煎りだと苦みが前面に来ますしね。

そんな訳でまずは香りなのですが、これは今までのコーヒーとは全く別の香り。
少し紅茶の要素を含んだような味わいとフレッシュな酸味、そして奥の方にフルーティさとハチミツ由来のような甘みを感じます。この複雑な味が人気なのでしょうね~。

これ、普段とは違うコーヒーが飲みたい!なんて時には最適かも知れませんね。苦いコーヒーが苦手な方でも美味しく飲めると思いました。

GEISHA(ゲイシャ)コーヒー豆 お取り寄せ・購入先情報

【スポンサーリンク】


[ヨシキワイン] Y By Yoshikiを飲んでみた!X JAPANのYOSHIKIプロデュースによる赤ワインの味と価格は?

Y By Yoshiki
皆様はこのワインの存在をご存知でしたでしょうか?
(ワイ・バイ・ヨシキと読みます)

私は結構ワイン好きな方(安旨系専門ですが)だとは思っておりましたが、X JAPANのYOSHIKIさんがプロデュースしたワインなんてものがあったの知りませんでした。しかも2009年からとか…

YOSHIKIさんの事はあまり深く存じ上げないのですが、確かな味覚を持ったワイン通であることは芸能人格付けチェック等からも分かるので、さっそく購入してみました。

Y By Yoshiki カベルネ・ソーヴィニョン
Y By Yoshiki カベルネ・ソーヴィニョン

Y By Yoshikiとは?
カリフォルニアワインの一大生産地として知られるナパバレーの醸造家であるロブ・モンダヴィJrさんとYOSHIKIさんによるコラボーレーションワインシリーズです。
カリフォルニア産の上質なブドウを使用し、このパートナーシップの芸術性、クオリティ、そして創造性を表現されているそうです。

定価は5500円ですが、実売価格はそれより1~2割お安い4000円台後半くらいですかね?なので毎日気軽に楽しむ~というよりも、良い料理に合わせたい価格設定。

では早速頂いてみましょう。

Y By Yoshiki カベルネ・ソーヴィニョン 飲んでみた!

開栓直後は角を少し感じますが、しばらくすると落ち着いてベリー系の濃厚な果実味と程よい酸味のバランスを味わえます。

ボディは5段階中4くらいで、ミディアムとフルボディの中間くらいですかね。この価格帯のワインらしく香りますが、もう少し華やかさが欲しいかも…でも、本当に良く出来た赤ワインだと思います。

カベルネらしい力強さがありながらサッパリと飲める珍しい味わいですが、抜栓直後は割とアルコールも感じるので、私は少し時間が経過して全体的に丸みを帯びさせたくらいの方が好きです。

発売されると早いタイミングで完売してしまう程の人気あるワインなので、ファンの方はもちろん ワイン好きな方は一度お試しになるとネタとしても良いと思います!

Y By Yoshiki(ワイ・バイ・ヨシキ)お取り寄せ・購入先情報

【スポンサーリンク】


[コーヒー豆] 広島珈琲オリジナルブレンド アンティグアの恋人 全てが丁度良い☆

最近になって楽天カードを通常 ゴールドカードに変更したのを機に、楽天市場での買い物タイミングを考え直してみることにしました。

具体的には、欲しいものの中でも緊急性のないものはお気に入りに入れておき、楽天スーパーセールや買い回りでポイントアップするタイミングで一気に購入する!という、既に多くの方が実践されているであろう方法にやっと気付きました。(笑)

なので定期的に必ず消費するコーヒー豆も、そのタイミングで買う事にしました。
楽天スーパーセールで運よく割引価格で買えたコーヒー豆の中でも「おっ、こりゃあバランスが良いねぇ!」となったのが、アンティグアの恋人という、広島珈琲さんのオリジナルブレンドです。

広島珈琲 アンティグアの恋人
広島珈琲 アンティグアの恋人

アンティグアとはグアテマラにある都市の名称なので、その商品名からもグアテマラ産のコーヒー豆がメインで使われているが分かります。

銀色のアルミパッケージを開封してみますと、ふわっと広がる良い香り…この瞬間がたまりませんなぁ☆

豆の色は綺麗な茶色で、ロースト度合いはそれほど高くないのが分かります。
ちなみに豆の挽き具合もお好みと用途に応じて選べますが、家にはコーヒーメーカーがありますので、今回は豆のまま注文してみました。

広島珈琲 アンティグアの恋人 飲んでみた
広島珈琲 アンティグアの恋人 飲んでみた

酸味も穏やかで苦みもソフト…そして長い余韻と共に抜ける上品な香りと、チョコレートを感じさせる微妙な甘さが特徴的なコーヒーですね。広島珈琲さんで一番人気であるという理由も納得の美味しさです。

何日か経過すると酸味は更に穏やかになります。
個人的にはもう少しだけ苦味があっても~と思いますが、バランスとしてはこれくらいが絶妙なのでしょうね。

自分用はもちろん、良い意味で尖った部分がないので、お客さん用にもバッチリなコーヒー豆でございました。

広島珈琲 アンティグアの恋人お取り寄せ・購入先情報

【スポンサーリンク】


冬の贅沢 ハマヤ ブルーマウンテンブレンド No.1でハマヤにハマる。

ブルーマウンテン(Blue Mountain)といえばコーヒーの最高峰としても有名ですよね。
その味わいの特徴は黄金のバランスと称され、コーヒーの持つコク、苦味、酸味、甘みといった要素が見事に均等調和されています。

ブルーマウンテンはジャマイカにあるブルーマウンテンという山脈の標高800~1,200mの限られた地域で栽培されるブランドコーヒー豆で、それ以外の標高で採れたコーヒー豆はブルーマウンテンを名乗れません。

それ故に値段がとても高いのも特徴ですが、生意気にも同級生との喫茶店巡り(今で言うところのカフェ巡り)を趣味としていた高校生時代に通ぶって良く飲んでいたものでした。(そしてアルバイト代は消える…)

そんなブルーマウンテンコーヒーを贅沢にもインスタントコーヒー化したというものがありましたので、早速 試してみることにしました。

ハマヤ ブルーマウンテンブレンド No.1
ハマヤ ブルーマウンテンブレンド No.1

スイスのブランド、ハマヤ(HAMAYA)のブルーマウンテンブレンド No.1です。

商品名の通りブルーマウンテンをベースにした高級インスタントコーヒーで、フリーズドライ製法なのでネスカフェバリスタにも使えます。(メーカー的には非推奨ですが)

繰り返しになっちゃいますが、ブルーマウンテンをインスタントにしちゃうとは…でもブルーマウンテンが手軽に味わえるなら良い事ですよね。ではでは、さっそく頂いてみましょう~☆

ハマヤ ブルーマウンテンブレンド No.1 飲んでみた

まずはコスト面についてですが、ハマヤ ブルーマウンテンブレンド No.1の1回分の量は2グラムなので、1杯あたり66円という計算になります。
インスタントコーヒー1杯で66円…もう少し出せばコンビニのレギュラーコーヒーが買えてしまうほどの価格ですね。汗

ですが粉を入れたマグカップにお湯を注いだだけでも相当な香りが立ちます。
「おおっ!良い香りですねぇ♪」
と、近くの席に座る同僚君からも声が上がるほどです。

口当たりも良く、ブルーマウンテンのレギュラーよりも酸味は穏やかで、独特な甘さとマイルドなバランスが味わえます。

比べちゃダメなやつかも知れませんが、一般的なスーパーで売られているインスタントコーヒーとは全くの別物であることが、結構ハッキリと分かります。

ダイソー インスタントコーヒーキャップ
ダイソー インスタントコーヒーキャップ

話題は逸脱しますが、インスタントコーヒーを作る際に 毎回スプーンで測るのは面倒くさいなぁ…と思っている私と同じタイプの皆様に強くおすすめしたい逸品がこちら、ダイソーのインスタントコーヒーキャップです。

このインスタントコーヒーキャップを文字通りインスタントコーヒーのキャップとして使うことで、振るだけで一杯分の適量が出せちゃうスグレモノ。
コーヒー瓶の大きさに合わせて2サイズ展開されているようです。(スモールサイズとレギュラーサイズ)

ダイソー インスタントコーヒーキャップ 使ってみた

今回のハマヤ ブルーマウンテンブレンド No.1 50g入りの場合、スモールサイズでピッタリですが、パッケージの裏面には適合する有名メーカーのコーヒー銘柄が記載されております。

使い方も簡単で、インスタントコーヒーキャップを取り付けた瓶を逆さにして、それを一度もとに戻してからカップに移すだけです。

ダイソーがお近くにある方は是非ともブルーマウンテンブレンド No.1とご一緒にどうぞ~☆

ハマヤ ブルーマウンテンブレンド No.1 お取り寄せ・購入先情報

【スポンサーリンク】


サブコンテンツ

このページの先頭へ