「食品とスイーツ」の記事一覧

[焼肉] 分厚いのに柔らかい!肉のヒライ 神戸牛 6点食べ比べセット う~ん神戸BEEF♪

イワタニの焼肉プレートを買って以来、もう肉ばっか焼いてます。
だって美味しいんですもん。そりゃ網焼きには負けますが、これだけ煙が少ないのは本当に凄いと思います。

その焼肉プレートが気になる皆さまは過去の投稿をご覧頂くとして、今回は「年末年始くらい贅沢しちゃおうかな♪」ということで、普段じゃ買わないレベルの焼肉セットを購入してみました!

肉のヒライ 神戸牛 6点食べ比べセットです。

肉のヒライ 神戸牛 6点食べ比べセット
肉のヒライ 神戸牛 6点食べ比べセット

パッケージに肉の部位が書かれている!こりゃテンション上がりますねぇ♪

ちなみに肉のヒライさんは兵庫県 加古川市にある精肉店です。
自社牧場で肉牛の生産から店舗での販売まで一気通貫で行われているのだとか。忖度なし(広告なし)のお取り寄せ系書籍でも絶賛されていることで知りました。

肉のヒライ 神戸牛 6点食べ比べセット

今回のセット内容ですが、左上から焼肉屋さんでもあれば必ずお願いするイチボ、定番のロース、ハラミ、カルビ、そして円形に綺麗に盛られた中落ち、脂身の少ない赤身。

ちゃんとラードもついているのが嬉しいですねぇ。
これが画像では分かり難いかも知れませんが、結構な分厚さなのですよ。それでいて、しっかり柔らか~く頂けるところがさすが神戸牛。日本が誇るブランド牛ですなぁ。

世界の神戸BEEF~って感じ☆

肉のヒライ 神戸牛 中落ち

どの部位も本当に美味しいのですが、中でも驚いたのが丁寧に包丁が入れられた中落ちですかね。

広げてみるとこんな感じで、まるでステーキ!
ナイフなんてもちろん不要な柔らかさで、繊細に入った脂のサシの甘みと赤身の上質さを堪能できました。うっとり。

自宅で出来る焼肉の最高峰が味わえるのではなかろうか?と思いました。

肉のヒライ 神戸牛 中落ち 焼いてみた

特別な日に食べたい焼肉セットは、まずは塩コショウのみで味わって頂きたいですね。
量も少なく見えて実はたっぷり600g入っているので、2人ならば2日に分けて味わえますよ。

外出自粛ストレスも吹っ飛びそうな美味しさでございました。
これ炭火で焼いたら本当に美味しいんだろうなぁ…

肉のヒライ 神戸牛 6点食べ比べセット お取り寄せ・購入先情報

【スポンサーリンク】


[映える] 田丸屋 わさビーズ!ちょっとイメージとは違ったけれど、料理が華やかになる☆

わさびをビーズに閉じ込めたかのような~って、実際そうなのですが、わさビーズ…絶対買わなきゃ!と思ってから数年が経過したでしょうか?

と言いますのも このわさビーズ、メディアで取り上げられてから大人気となっていて、入手困難な時期があったのです。(実際、今も転売対象になっているのだとか)

それをこの間思い出して、やっと買いました☆

田丸屋 わさビーズ
田丸屋 わさビーズ

飲食店用に業務用の大袋に入ったわさビーズもあるのですが、気持ちをアゲるには瓶入りをチョイスしたい所。だって綺麗ですmん。

通常、わさびはペースト状なので、料理に使うと混ざってしまい、ワサビが効く範囲がどんどんと広がってしまうのですが、こちらは商品名が表す通りのビーズ状。

なので食材と一緒にわさビーズを口にした時だけ、わさびの味を効かせることが出来るアイデア調味料なのです。

わさビーズ まるで宝石

想像していたよりも量は少な目ですが、このキラキラと輝く宝石のようなわさビーズのビジュアルが堪能できたから良いか?みたいな気になります。

最初にコレを見た時にはイクラのようなプチプチ感を想像していたのですが、イクラよりは随分とコーティングがしっかりしていて、それは箸で掴んだくらいではビクともしないレベルの強さです。

これが良いところでもあり、改善が必要な所ではないか?と思いました。意識して噛みしめないとビーズが弾けないカンジです。

わさビーズとローストビーフ
わさビーズとローストビーフ

まずはローストビーフに合わせてみましたが、これはなかなか♪
1粒ではまだまだ♪なんて思って2粒いきますと、鼻にツ~ンと抜ける辛さはワサビそのもの。

そして何より彩が良いですよね。
これ、鉄火丼や海鮮丼がとてもお洒落な料理に変貌するのだと思います。
これを知らない方も多くいらっしゃると思うので、プレゼントにしたらきっとビックリ&喜ばれるでしょうね。

ちなみに今は わさビーズの他にもラー油ビーズゆず胡椒ビーズもあり、色もそれぞれ違うのでセットで揃えてもキレイで楽しそうです。

わさビーズ お取り寄せ・購入先情報

【スポンサーリンク】

わさビーズを買えるお店について(実店舗)
羽田空港第2ターミナル 1番の時計台前にある東京食賓館で買えました。


茅乃舎 だししゃぶ鍋のだしとつゆ これ以上ない程に美味い自宅鍋(豚しゃぶ)を!

私の味覚はつくづく日本人なんだなぁ…と思ったキッカケを作ってくれた出汁(ダシ)をご紹介しましょう。

茅乃舎 だししゃぶ鍋のだしとつゆ です。

茅乃舎 だししゃぶ鍋のだしとつゆ
茅乃舎 だししゃぶ鍋のだしとつゆ

あ~もう、思い出すだけでも美味しい。(笑)

この茅乃舎 だししゃぶ鍋のだしとつゆ は、その商品名が表します通り、
 ・特性だし(だしパック)
 ・専用つゆ

この2つで構成されています。

だししゃぶ鍋の作り方
だししゃぶ鍋の作り方

だししゃぶ鍋の作り方は簡単で、特性だし(だしパック)を煮出す → 専用つゆを加える~と、たったこれだけ。

レシピ通りにスープを作って、長ネギと薄くスライスした豚肉をくぐらせるだけ。
本当にこれだけで、自宅豚しゃぶの最高峰が味わえる!と言い切っても過言ではないくらいに美味しい豚しゃぶになります。

茅乃舎 だししゃぶ鍋のだしとつゆ 豚しゃぶ

この宗田節の凝縮された力強い旨味が凄いんですよね。本当に濃厚なダシなので好き嫌いはあるかも知れませんが、私はこういった旨味が大好き。

普通、このテのスープにはポン酢等のタレを別途用意する必要がありますが、これには一切、そういった脇役が必要ありません。

何でも季節限定らしいので、今このタイミングで私と同じ感動を味わって頂けますと嬉しい限りです。

だししゃぶ鍋のだしとつゆ お取り寄せ・購入先情報

【スポンサーリンク】


媛まどんな 愛媛 道後温泉 → 松山観光で出会った感動みかん☆

金曜日に有給休暇を使って初の四国旅行を楽しんできたので、本来であれば宿泊先のホテル情報やら観光情報を掲載してから、旅先で出会ったモノ達をご紹介~♪みたいなのが当ブログのパターンなのですが、今回は順序を逆にしてみました。

と言いますのも、愛媛県松山市の大街道で出会った媛まどんなという、生産量がとても少ない新品種みかんが超絶美味しかったんです。

しかも旬(というか入手可能なシーズン)が12月~翌年1月お、非常に短いことから「これは先にご紹介しなきゃ!」と相成りました。

のま果樹園 媛まどんな
のま果樹園 媛まどんな

媛まどんなとは?
品種でいうところの愛媛果試第28号です。
これはJA全農えひめの登録商標「紅まどんな」と同じ品種でもあります。「媛まどんな」はのま果樹園さんの登録商標となります。

ただ、私は果物とか野菜って、品種よりも生産者さんが重要だと思うんですよね。
例えば宮崎マンゴーだって 太陽のタマゴと呼べる最高品質マンゴーは、同じアップルマンゴーのアーウィン種の中でも一握りだと言われてますし。

媛まどんな

私はてっきり、媛まどんな = ちょっと大きめのミカン?と思っていたのですが、お店の方曰く「オレンジのように切って食べてね~」との事でしたので、まずは半分にカットしてみますと…おおっ、凄い果汁!そして皮が薄いっ!!

試しに1個だけ、みかんのように皮を剥いてみたのですが、確かにナイフでカットした方がよさそうです。このキメ細かな果肉…画像で伝わりますかね?

媛まどんな 食べてみた!

濃厚でリッチな味わいはみかんというよりオレンジに近く、そのプルンプルンな食感は まるで樹上のゼリーですね。

若干の酸味もありますが、それを大きく上回る甘さと爽やかな香りのバランス…これは素晴らしいです。果物で感動したのって、どれくらいぶりでしょう?メロゴールド以来かな?
東京のスーパーではめず見かけないであろう愛媛県内でも希少な品種は、前述の通り入手できる期間がとても短いので、この機会に是非とも味わって頂きたいです。

現地でもコレが食べられて本当に良かった~☆

媛まどんな お取り寄せ・購入先情報

【スポンサーリンク】


サブコンテンツ

このページの先頭へ