「旅行・一人旅」の記事一覧

都内 大浴場付きホテルに泊まろう!ドーミーインPREMIUM(プレミアム)神田 超軟水風呂がキモチ良い☆

近頃は3日以上の連休の度に近場の大浴場&露天風呂があるホテルに1泊して非日常感を味わってリフレッシュするのがマイブームになりつつある今日この頃。

今回もアパにしようかな?とも思ったのですが、お安いのは期間限定では ご覧になっている方の参考になり難いな…と思いまして、今回は出張先でも散々お世話になっている安定のドーミーインさんを利用させて頂くことにしました。

場所は東京 JR神田駅から徒歩5分、銀座線の神田駅なら徒歩1分、秋葉原へも徒歩圏内の好立地ホテルです。神田と言えば古本、そしてカレー激戦区としても有名ですよね。今回はドーミーインPREMIUM神田を拠点にカレーを食べ歩くことにしてみました。

神田 アロマズオブインディア
神田 アロマズオブインディア

食べ歩く…とは言っても悲しいかな食が細い我々なので、ランチ2回くらいしか食べられませんが、アロマズオブインディア(AROMAS of INDIA)さんでハイレベルな北インド風カレーを堪能できて満足です☆ これ本当、美味しかったです。近頃は銀座会話のカレー店が味を落としていたり閉店している事が多いので嬉しい発見でした。

それはさておき、ドーミーインPREMIUM(プレミアム)神田の紹介に戻りましょう。

ドーミーインPREMIUM 神田 シモンズのダブルベッドが2台 ドーミーインPREMIUM 神田 シモンズ ツイン客室

シモンズ製のダブルベッド×2台置かれたツインルームの広さは約24平米。アパホテルの一般的な客室が16平米ですので、比較すると その広さは1.5倍!ってか、アパが狭いだけなのですが(笑)これくらいの広さがあると気分的にもゆったりできますよね。

大画面テレビは館内のインフォメーション、大浴場の混雑状況なんかもわかる仕組みになっています。

ドーミーインPREMIUM 神田 セキュリティボックス ドーミーインPREMIUM 神田 シモンズ シャワーブース

無料の500ml飲料水が2本分サービス、グラスは紙コップではなく ちゃんとしたガラス製でアイスペール(氷入れ)もあるので部屋で一杯やりたいときにも良いですね。電子式のセキュリティボックスもありました。

大浴場付きホテルなので部屋にはシャワーのみですが、これで充分ですよね。実際、部屋のシャワーは一度も使いませんでしたし。

トイレはウォシュレットで勿論wifiも完備。

ドーミーインPREMIUM 神田 露天風呂
ドーミーインPREMIUM 神田 露天風呂 ※画像は施設のサイトより拝借

内風呂と露天風呂はそれぞれ温度設定が40℃と42℃に設定されていて、熱いのが苦手な私みたいなタイプにもバッチリ。
ちなみに露天風呂はしっかりと天井が抜けて空が見えるタイプのものでした。

特筆すべきは水質ですかね。
カルシウムとマグネシウムが除去された超軟水なので、肌にとても優しいです。
足を延ばしてのんびり入浴…とても良いリフレッシュになりました☆

サウナ&水風呂もあるので、整いたいかたも是非。(笑)

ドーミーインPREMIUM 神田 湯上り処

風呂上りには同フロアの湯上り処へどうぞ。

時間帯によってはアイスや乳酸菌飲料の無料サービスもあります。

ドーミーイン名物 夜鳴きそば
ドーミーイン名物 夜鳴きそば

そしてドーミーインと言えばコレですよね!名物 夜鳴きそば!!(無料)

出張先では美味しいご当地ご飯を夜にしっかり食べる事が多いので、これが初めての夜鳴きそばです。あっさり系の優しい醤油味でほっとするわぁ…キンキンに冷えた金麦も無料☆

思えばあれも無料、これも無料といった感じで、ちょっとした気遣いが嬉しいホテルでした。またリフレッシュしたいときに寄らせて頂きます。

ドーミーインPREMIUM 神田 オンライン予約サイト情報

【スポンサーリンク】


[期間限定] アパホテル&リゾート 横浜ベイタワー 大浴場&露天風呂 そしてプールまで!

自宅から電車で30分圏内の大浴場付きホテルに泊まりに行く!という行為が、わざわざ3時間以上もかけて地方の温泉旅館に行くよりも、気軽に非日常感が味わえて良いんじゃないのかな?しかも価格は温泉旅館の1/5で…

そう気づいてしまったキッカケともなったのが、前回ご紹介したアパホテル 泉岳寺駅前に3000円以下で宿泊出来てしまったエピソードです。まぁ今後もこの価格で…という事はないと思いますが、これに味をしめて またまた行って参りました!

アパホテル&リゾート 横浜ベイタワーです!

アパホテル&リゾート 横浜ベイタワー
アパホテル&リゾート 横浜ベイタワー

2019年に完成したばかりのホテルなのですが、まぁ…規模が大きい!

アクセスはJR桜木町駅からは徒歩で約12分、ホテルがスグ見える位置にある みなとみらい線 馬車道駅からは徒歩2分くらいかな。

お値段も「新型コロナウィルスに負けるなキャンペーン」を利用すれば3000円以下のプランもあります。ただ、一番安い部屋には窓がないので、500円ほどプラスして窓に面した(建物の外側)部屋を押さえるのが良いと思います。

コンビニも近く~というより、ホテル内にファミリーマートがあるので、ちょっとした買い物には何ら困らないのも良いですね。

夜の横浜中華街
夜の横浜中華街

横浜中華街にも徒歩17分 or みなとみらい線で2駅という近さ♪

これまでにも横浜中華街には何度も行ったことはありますが、思えば夜に立ち寄ったは初めてかも?食品スーパーやお土産屋さんの中には閉まっているお店もありましたが、食事には何も困らない上に空いている!そして何より綺麗!!

小籠包や肉まんを肴にビールで一杯♪こりゃ最高じゃないですか☆

中国料理 鳳林
中国料理 鳳林

ほろ酔い気分で食欲も↑↑状態。「〆にチャーハンでも食べたいねぇ♪」という気分になったので、google先生に「中華街 チャーハン 美味しい」という頭の悪いキーワードで検索してHITしたのが街中華の雰囲気がある中国料理 鳳林(ほうりん)さん。

これが本当に美味しかった~☆流石に地元の方で賑わっているだけのことはあります。何より自家製の食べるラー油は、1滴たらすだけで料理の味がガラリと変わり、とても美味しく頂けました。(もちろんお買い上げ)

チャーハンも美味でございました。

アパホテル&リゾート 横浜ベイタワー 客室 アパホテル&リゾート 横浜ベイタワー 客室
アパホテル&リゾート 横浜ベイタワー 客室

禁煙ツインの客室は16平方メートルとやや狭めではありますが、部屋もキレイで快適に過ごせました。そしてモニタでは大浴場の混雑状況がわかるってのが良いですねぇ♪

こちらも他のアパ同様、チェックインは端末で行える上にカードキーも出力でき、チェックアウトもカードキーを返却ボックスに入れるだけ!と、人との接触を控えられる仕様になっています。

ちなみに標準的なプランでチェックインは14:00、チェックアウトは11:00なので相当にのんびり滞在できます。チェックインが他よりも1時間早く、チェックアウトが1時間遅いのはメリット大きいです。

もちろんwifi完備です。

アパホテル&リゾート 横浜ベイタワー 大浴場&露天風呂
アパホテル&リゾート 横浜ベイタワー 大浴場&露天風呂

大浴場はさすがに撮影できないのでホテルの画像を拝借しました。

温度も比較的低く抑えられているので ゆ~~っくり入っていられるのが良いです。温泉ではないものの、お湯も随分と柔らかく感じられました。細かな泡のお風呂はキモチ良いです。

露天風呂はほとんど屋内のような仕様なので開放感は今一つですが、広々としていて日頃の疲れをゆっくりと取ることができました。

アパホテル&リゾート 横浜ベイタワー プール

今回は利用しませんでしたが、大浴場&露天風呂と同じフロアにはプールもあって優雅に過ごせそうですね。

それにしても…かなりの敷地面積です。

アパホテル&リゾート 横浜ベイタワーから眺めるベイブリッジ アパホテル&リゾート 横浜ベイタワー近辺の夜景

横浜らしい綺麗でゴージャスな夜景も堪能できて、とても良い気分転換になりました。これでまた明日からの激務にも耐えられ…そうかな。

ビジネスや観光拠点としても良いホテルだと思いました!

アパホテル&リゾート 横浜ベイタワー オンライン予約

【スポンサーリンク】


[期間限定] 3000円で気分転換!アパホテル 泉岳寺駅前は大浴場&露天風呂があって良いぞ!

7月に転勤になってからというもの、まぁ忙しくて忙しくて…気分転換にGoToトラベルキャンペーンを利用して近場に宿泊を伴う旅行をしようにも、のような悲しいお知らせが…

GoToトラベルキャンペーン 東京都は対象外

そこで少し考え方を変えて、以下の条件を全て満たすホテルを探してみよう!という事に相成りました。

 ・都内 or 自宅から電車で1時間以内
 ・大浴場&露天風呂がある
 ・格安で宿泊できる

で、一番最初に思いついたのがアパホテルです。
CMでは「新型コロナウィルスに負けるなキャンペーン」として、新宿歌舞伎町タワーが1泊 3500円~なんのを頻繁に目にしますしね。

でも新宿か~仕事でもプライベートでも何度も訪れている街だから、今までに行ったことがない場所が良いな…でも、都内のそんな場所ある?

アパホテル 品川 泉岳寺駅前
アパホテル 品川 泉岳寺駅前

…と思ったら、あるじゃないですか!高輪ゲートウェイです!

山手線&京浜東北線に出来た新駅、高輪ゲートウェイが!!アパホテルには品川 泉岳寺駅前という、JR高輪ゲートウェイ駅から徒歩5分程度の大浴場&露天風呂付ホテルがあるんです。しかもお値段は最安値だと1人あたり驚きの2,273円!!(税抜)

禁煙ツインでも1人あたり2,728円でしたので、即予約しちゃいました☆

J-WAVE NIHONMONO LOUNGE
J-WAVE NIHONMONO LOUNGE

高輪ゲートウェイ付近はオフィス街なので、週末土日は飲食店がやってなさそう…という不安もあったのですが、この日はタイミング良く駅前のイベントスペースでJR東日本主催のイベント Takanawa Gateway Festがやっておりました。

これはイタリアのサッカリーグ セリエAでも活躍された中田英寿さんとJ-WAVEによるエンターテインメントレストランで、日本全国から集められた選りすぐりの日本酒が週替わりで愉しめるというものです。

料理とお酒の量は少なくはありますが、それが幸いして色々な種類のメニューを楽しむことが出来ました。

アパホテル 泉岳寺駅前 客室 アパホテル 泉岳寺駅前 客室

禁煙ツインの客室は16平方メートルとやや狭めではありますが、部屋もキレイで快適に過ごせました。

チェックインは端末で行える上にカードキーも出力でき、チェックアウトもカードキーを返却ボックスに入れるだけ♪と、人との接触を控えられる点も良いですね。進化してるわ~。

ちなみに標準的なプランでチェックインは15:00、チェックアウトは11:00です。

アパホテル 泉岳寺駅前 大浴場

大浴場の写真はさすがに撮影できないのでホテルの画像を拝借しました。

温泉ではないものの、サウナでお馴染みの光明石温泉という天然鉱石から抽出したミネラル成分の人工温泉や、信楽焼のツボで出来た浴槽なんかもあります。

都心で足を延ばしてゆっくり風呂に浸かれるのはイイですね~。タイミングが良いと露天風呂から近距離を飛ぶ飛行機を眺められますよ。

アパホテル 泉岳寺駅前 インフォメーション

客室には無料Wifiは当然として、大画面テレビも備え付けられています。

VODは1日1000円で映画なんかも楽しめますし、スマホがあれば画面ミラーリングも簡単に行えます。

アパホテル 泉岳寺駅前 展望デッキ

大浴場と同フロア(21F)にある展望デッキからはライトアップされた東京タワーや六本木ヒルズが見渡せますて、とても良い気分転換になりました。

これで明日からの仕事も頑張れる☆
以上、気分転換が必要なビジネスマンの方には特におすすめしたい過ごし方のご提案でした。

アパホテル 泉岳寺駅前 オンライン予約サイト情報

【スポンサーリンク】


[草津温泉] 昔心の宿 金みどり 旅館食の領域を超えた料理(夕食)が素晴らしい温泉宿。

県外への移動制限も解除されたので、現地の方にご迷惑をおかけする事がないように衛生面では万全の配慮をしつつ、ストレス発散がてらに草津温泉に行って参りました。

アクセスは安価な高速バスを利用しました。
バスタ新宿から伊香保温泉を経由して、草津バスターミナルまで片道約4時間の旅路です。

草津温泉 湯畑
草津温泉 湯畑

草津温泉のシンボルでもある湯畑に近づくにつれ漂う硫黄の香り…この香りを嗅ぐと「ああ、草津に来たなぁ♪」とほっこりした気分になります。

ちなみに前回の草津旅行は2011年なので(その時の様子へ)9年振りになりますが、湯畑周辺は少しばかり整備も進んで、若干洗練された印象。

それにしても…密を避ける意味でも平日に訪れはしたものの、結構 観光でいらっしゃる方が多いですねぇ~。流石、日本3名泉の一つでもある草津温泉。若いカップルやご家族連れが多い印象でした。この様子だと土曜日の宿泊は避けた方が良いかも知れません。

昔心の宿 金みどり
昔心の宿 金みどり

さて、今回 宿泊でお世話になる温泉宿は昔心の宿 金みどりさん。
明治35年創業の老舗で、元々は料亭だったことから、料理の口コミが非常に良い旅館です。アクセスはバスターミナルからも湯畑からも徒歩5分程度ですかね。中心地にありながら車も観光客の喧騒もなく、落ち着いた佇まいです。

ロビーは落ち着いた雰囲気の、和風旅館の面持ち。
小上がりには落ち着いた男性用色浴衣、可愛らしい色合いの女性用色浴衣がズラリ。これは女子に嬉しいサービス。

草津温泉 金みどり 和風の客室
草津温泉 金みどり 和風の客室(和室)

客室は落ち着いた和室とデザインルームがあります。

いずれもバス・トイレ付ですが、ここに来て室内の風呂を利用する意味はないのでスルーで良いと思います。私達は和室を利用したのですが、地味に嬉しかったのが寝具、マットレスです。

点で支える突起が並んだこの形状…もしかして西川のエアーマットレスじゃないですかね?軽くて通気性も良く、温泉で温まった身体をゆっくり休められました。

草津温泉 金みどり 大浴場
昔心の宿 金みどり 公式サイトより

大浴場は内風呂、露天風呂が男女別にそれぞれ1つずつ、そして離れには有料の貸切風呂があります。(撮影できないので画像は公式サイトより拝借しました。)

温泉は言わずと知れた含硫黄の名湯!ちょいと舐めてみますと…おおっ、酸っぱい。この強酸性が肌の余分な角質をリフレッシュしつつ、身体を芯から温めてくれます。

内湯の温度は高めですが、露天風呂は若干低めなので入りやすかったですよ。
また、内湯と露天では泉質が異なるのもうれしいポイント。泉質主義を掲げる温泉はもちろん源泉掛け流し☆

草津温泉 金みどり 夕食
草津温泉 金みどり 夕食フルコースの一部

そして何よりこの金みどりさん、食事が素晴らしいんです。

食事は落ち着いた照明のお食事処で頂きますが、私は宿にとってコストがかかる部屋食よりも、温かいものは温かいうちに食べられる食事処が良いと思っています。

夕食の内容は宿善のジュース 前菜 お椀 お造り 焼肴 煮物 強肴 食事 留椀 香の物 水菓子 という、一般的な旅館食フルコース?と思われるかも知れませんが、とんでもないです!

地元の食材を使った創作性のある料理の数々は見た目にも綺麗に盛り付けられ、一品一品がとても丁寧に作られていて、とても美味しく頂けました。それはレストランとして独立運営しても良いんじゃないかな~と思えるくらいに。

金みどり 夕食 山女魚蕗味噌鋳込み

特にビックリしたのが山女魚(やまめ)の焼き物ですね。
癖のない淡白さながらも、繊細な身と上品な味わい…こんなに美味しい川魚は久々に出会えました。良い年齢をして無言でもくもくと食べ続きてしまいました。
パリパリになるまでこんがりと揚った骨も良いアクセントになってます。

これまでの人生で色々な旅館に宿泊してきましたが、いわゆる一般的な旅館メシとは一線を画す素晴らしいもので、これは大人向けですね~。

料理付きですと宿泊料金もお安い方ではありませんが(素泊まりはお安いです)、それ以上の満足感が味わる大人のデートや大人時間を過ごすのに最適な温泉旅館でございました。スタッフさんの気遣いも繊細で優雅な時間を過ごせました。

ちなに、今回利用したのは夕食付き、朝食なしプランです。
このプランだと、朝風呂に入ってからもゆっくり布団でゴロゴロできますので。(笑)

草津 湯畑のライトアップ
草津 湯畑のライトアップ

夜の湯畑ライトアップも綺麗でした!

昔心の宿 金みどり オンライン予約

【スポンサーリンク】


[那須温泉] 東京から公共交通機関(高速バス)のみで行けるサンバレー那須 にごり湯が格安で楽しめた!

新型コロナウィルスの影響をモロに受けまして楽しみにしていたベトナム旅行は残念ながらキャンセルとなりました。orz
その代わりにどこか東京から近くて公共の交通機関のみでアクセス可能な温泉、それも出来れば濁り湯(にごり湯)が良い!という訳で2016年に行った那須で動物たちと触れ合った楽しい記憶が蘇ったので、今回も那須旅行に決定しました。

テーマは「那須モフモフ巡りの旅」です。(笑)

車を運転しない我々にとっては 前述の通り「公共交通機関のみでアクセス可能」であるというのは非常に重要なポイントとなりますが、それは問題ありません。
新宿駅のバスタ新宿や東京駅の八重洲口から高速バスで那須のターミナル的な位置づけである道の駅 友愛の森まで片道約4時間弱、運賃は片道3000円ちょっと(新幹線の約半額)で行けちゃいます。

更に、今回訪れたモフモフスポット(動物とのふれあいスポット)とホテルは全てきゅーびー号という那須の観光バスで巡回できます。今回もきゅーびー号のイエローラインという路線を使いました。

那須 ワールドモンキーパークにて
那須 ワールドモンキーパークにて(那須モフモフの旅 1日目)

今回はホテル(サンバレー那須)の紹介なので、モフモフとの触れ合いに関しては簡単にさせて頂こうと思ったのですが、那須 ワールドモンキーパークの印象はと言うと…とても残念なものでした。

数年前はあれだけ人懐っこかった猿(エリマキキツネザル)の人間への警戒心は高まり、ワオキツネザルに関しては触れ合いすら出来なくなりました。

更にこの日は新型コロナウィルス対策として一か所にとどまれる時間、すなわちサルと触れ合える時間はわずか10分に制限されてしまいました。

那須 りんどう湖レイクビュー わんニャン館
那須 りんどう湖レイクビュー わんニャン館(那須モフモフの旅 2日目)

りんどう湖レイクビューわんニャン館は、本来であれば小型犬、猫、大型犬(セントバーナード)との触れ合いが何と平常時でも15分で500円という都市並みの価格設定。

更にこの日は新型コロナウィルス対策として1組ずつの案内に加えて15分のみの滞在に制限されてしまいました。

しかも天候は雪…極寒でタイル張りの地面は水でビショビショ。そんな半屋外にセントバーナードを一頭放って「はい、触れ合って下さい♪」という姿勢には本当にビックリ。
寒さには強いセントバーナードではありますが、リラックスした体制をとりたくて伏せようとしたのに、濡れた冷たいタイルを嫌がって驚いて立ち上がる様子は本当に可哀そう…なので早々に切り上げさせてもらいました。

上記2個所の施設HPに こういった(コロナ対策による触れ合い制限等)事前告知が出来ていれば利用者も納得の上で出向くので問題ないと思うのですが、行ったときにイキナリ言われる~という点に、厳しい言い方をすれば利用者への配慮を欠いた田舎の観光地といった印象を受けます。

前置きが少々長くなりましたが、本題のサンバレー那須についてご紹介します。

ホテルサンバレー那須 施設案内マップ
ホテルサンバレー那須 施設案内マップ
ホテルサンバレー那須 公式サイトより

東京からの高速バスでも、友愛の森からの巡回バス(きゅーぴー号イエローライン)でもアクセスできるホテルサンバレー那須ですが、見渡してその広さに驚きました。
これ、街の区画がサンバレー那須っ!という感じですね~本当に広い敷地面積。

ホテルサンバレー那須には 1.本館、2.オリエンタルガーデン、3.フォレストヴィラ、4.ザ・コテージ、5.ガーデンスウィート、6.ふくろうの森、7.クイーンズコリーナ、8.アネックス、9.山荘(期間限定営業)というそれぞれ異なる趣をもつ宿泊棟があります。

価格、食事内容、設備の組み合わせから相当な種類の宿泊プランが存在するので迷ったのですが、館内に大規模な温泉施設があるものの喫煙可能な本館よりも、全面禁煙のオリエンタルガーデンに宿泊することにしました。

ホテルサンバレー那須 オリエンタルガーデン客室
ホテルサンバレー那須 オリエンタルガーデン客室

宿泊した客室はオーソドックスなツインルームでした。

それほど広くはありませんがが、温泉メインの滞在であれば充分な感じです。
バス・トイレはユニットバスになりますが、そもそも部屋でユニットバスを使う必要性もないので問題ありません。空気清浄機が付いているのも嬉しいですね~。

露天風呂付客室やコネクティングルームもあるようです。

オリエンタルガーデン 夕食バイキング
オリエンタルガーデン 夕食バイキング

オリエンタルガーデンでの夕食は前菜とメインがホテル側が個別に用意してくれますが、それ以外は中華中心のビュッフェ形式(バイキング形式)です。

この日のメインは那須牛のサーロインステーキとオマール海老と野菜のグリルでしたが、いずれも美味しく頂けました。
バイキングメニューは普通レベルではありますが、お子様からお年寄りまで幅広い年齢層の方も無理なく楽しめる味付けです。

地ビールや地酒の種類が多ければな~とは思いますが、充分に楽しめました。生ビールもサーバーが清潔に保たれているのが分かる美味しさでした。

ホテルサンバレー那須 オリエンタルガーデン 湯処ひのき
ホテルサンバレー那須 オリエンタルガーデン 湯処ひのき
ホテルサンバレー那須 公式サイトより

フロントと客室の一部と同フロアには湯処ひのきという、建物全体が檜で造られた贅沢な大浴場があります。

設定温度40℃の大きな内湯が1つと、38℃、40℃、42℃それぞれ設定温度が異なる3つの小さな露天風呂があります。これらはいずれも白濁した硫黄泉♪にごり湯ってテンション上がりますよね。(笑)
硫黄泉と言えば群馬の草津温泉が有名ですが、草津のお湯よりも刺激が少ない優しい湯あたりだと思います。

残念ポイントとしては若干の加水がされていることですかね~。
これは源泉の温度が高すぎるが故ですが、もう少し別な仕組みで温度を下げてくれたらホテルの価値も上がるのに…とは思いました。
あと、赤青のホースが外から丸見えなのも改善すべきかも。

でも新緑の季節には素晴らしい見晴らしが期待できそうです。

雪が積もった3月のホテルサンバレー那須
雪が積もった3月のホテルサンバレー那須

宿泊者であればチェックイン前は無料で温泉が堪能でき、チェックアウト後でも500円で入浴可能という温泉三昧の過ごし方が出来るホテル。
スタッフさんも親切で車の通りも殆どないので、とても静かに滞在できちゃいます。

巡回バスの一つが運航されなくなったり、サッポロビール那須工場に隣接された森のビール園が閉館になったり、観光施設のレベルは下がったり…と、若干のオワコン感もある那須の中でもそれなりの満足感が味わえる、リーズナブルでファミリー向けにもおすすめの温泉ホテルでございました。

やはり平日がねらい目かな☆

ホテルサンバレー那須 オンライン予約サイト情報

【スポンサーリンク】


サブコンテンツ

このページの先頭へ