パナソニック(Panasonic)沸騰浄水コーヒーメーカー 全自動タイプ NC-A57-Kを買ったのでレビュー!

楽しい海外旅行ではあるのですが、いつも心残りなのはご当地コーヒー豆を買って帰れないことです。コーヒーって凄く個性ありますものね~。でも、自宅にはネスカフェ バリスタしかないので、いつもインスタントコーヒーで我慢しておりました。

が、「やっぱりコーヒーメーカー欲すぃ!」となったのが、フィリピンでのバラココーヒーとの出会いでした。

バラココーヒー
バラココーヒー

バラココーヒー(Barako Coffee)とは?
標高が低い場所で育つフィリピン特有のリベリカ種で、その流通量は全世界で1%以下なのだそうです。

レアだしお土産にも最適だし、何より飲んでみたいのでコーヒーメーカーの購入と相成りました。^^

ただ、とても面倒くさがりなので手間がかかるタイプのコーヒーメーカーはNG。
そこで売れ筋ランキングでも上位で、とても評判の良かったパナソニック(Panasonic)の全自動 沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A57を購入してみることにしました。

パナソニック NC-A57
パナソニック NC-A57

ミルを付け替えることで「粗挽き」「中細挽き」に挽き分けが可能で、更に「リッチ」「マイルド」に淹れ分けられるコーヒーメーカーです。

豆を挽く 水を沸騰浄水する ミルを洗浄する 蒸らす 抽出する 保温する~といった、コーヒーを淹れる為の全ての工程がボタンを2回押すだけでOKの簡単操作。

コーヒーを淹れる過程の中でミルを自動洗浄してくれるのがイイですね。これは競合他社製品にはない特徴でした。

Panasonic NC-A57

ただ、人生初のコーヒーメーカーということもあって一つ勘違いしていただ事が…それがコーヒー豆と水のストックに関してです。
ペーパーフィルターは毎回交換するとしても、コーヒー豆と水は入れっぱなしで良いと勘違いしてました。

でも肝心なコーヒーの味はバッチリで、とても美味しいコーヒーが抽出できました。
豆を挽く際にそれなりに大きな音はするものの、メンテナンスも楽な方なのだと思います。

Panasonic NC-A57

ちなみに前モデルのNC-A56と今回ご紹介したNC-A57の違いは、デカフェ豆というカフェインレスの豆に対応している点です。

海外旅行先でコーヒー豆を買う楽しみが増えて嬉しい限り。そして毎日美味しいコーヒーが飲めるシアワセを是非!

パナソニック Panasonic 沸騰浄水コーヒーメーカー 全自動タイプ NC-A57-K購入先情報

通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ
【スポンサーリンク】


元祖 木村屋蒲田谷口商店の丹波大黒大豆甘納豆が超絶美味いので大田区住まいの方は帰省時のお土産にしよう!

現在 東京都大田区内、若しくはその近郊にお住いの方で、年末や長期休暇の際にご実家に持ち帰る東京土産がマンネリ化していてお悩みの方に朗報です!

って、純粋に甘納豆や豆の加工品が好きな方向けにおすすめ情報なのですが、とてつもなく美味しい甘納豆を見つけました!
私はそれほど甘納豆に詳しい訳ではないのですが、これは美味しかった~と感じたのは、木村屋蒲田谷口商店の甘納豆、中でも丹波大黒大豆です。

木村屋蒲田谷口商店 丹波大黒大豆

谷口商店さんとの出会いはJR蒲田駅の駅ビル グランデュオ蒲田で行われた大田区で作られたスイーツを紹介する催事がキッカケでした。

「食べてみて下さい♪」
と試食として渡された黒豆甘納豆が まぁ美味いこと。

これって大田区のお店でしょ?これは絶対お店に伺ってでも再度入手しよう!と 心に誓ったものでした。

木村屋蒲田谷口商店 丹波大黒大豆 食べてみた

表面の砂糖コーティングをサクっとした甘納豆らしい食感に続いて、黒豆特有の香りがふわっと広がって、長~い余韻と濃厚な味わいが堪能できます。

後引く美味しさって、こういうのを言うんだろうな~と思える程、シンプルに美味しいです。手作り&安心素材なのでお子様のおやつにも良いですが、それよりも 味の分かる大人がお茶やお酒と共に味わうのが良いのでしょうね。

とても本格的な逸品でした。

木村屋蒲田谷口商店
木村屋蒲田谷口商店

ちなみに実店舗の場所はJR蒲田駅東口から徒歩で10分程度ですかね。駅から真っすぐなので迷いにくいと思います。

このサイトでご紹介するくらいですから、勿論お取り寄せ(通販)可能ですが、注文はメール、FAX、電話になります。

試食も出来るので、お近くの方は是非 立ち寄ってみて下さい。

木村屋蒲田谷口商店 丹波大黒大豆甘納豆 お取り寄せ情報

通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ
【スポンサーリンク】


年末の大掃除に準備すべき油汚れ用洗剤 技・職人魂 油職人 業務用超強力油用洗剤が凄い。(職人シリーズ)

掃除なんて滅多にしないのに、東急ハンズやホームセンターのお掃除グッズコーナーを眺めていると何故だか心躍ってしまうのは私だけではないハズ。

中でも興味をそそられたのは「落ちない汚れはありません」と豪語する技職人魂シリーズ。更にその中でも家中の油汚れ落としに特化した油職人凄かったのでご紹介します。

技・職人魂 油職人
技・職人魂 油職人

この油職人、たとえ時間が経過して硬化してしまった油汚れや焦げ付きに浸透 乳化させて汚れを浮かして除去しやすくしてくれます。

換気扇、ダクトの中、魚焼きグリル、ガスコンロ、五徳といったキッチン周りをはじめ、油が付着してしまった箇所全般に使えます。


溜まりに溜まってギトギトになった油汚れにも対応、以前ご紹介したパルスイクロスとの併用で効果は更に高まりそうです。

普段のお掃除、年末の大掃除、引っ越し等、あると絶対便利なのでまずは一度 使ってみておくんなまし☆

技・職人魂 油職人 購入先情報

通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ
【スポンサーリンク】


セブ島旅行記2018 2/2 エス・ティー・ワールドのオプショナルツアーでアイランドホッピング(アイランドピクニック)に行ってきた&必要なモノ達。

普段の家族旅行であれば「海で泳ぐ」とは言っても、マクタン島の砂浜での~んびりと日焼けでも楽しみながら過ごすところではありますが、今回は21歳の甥っ子君が同行、しかも彼にとって初めての海外旅行でもあるので出来るだけセブを堪能して欲しい!という訳でセブ島ならではのマリン アクティビティを楽しんでもらうことにしました。

そう、アイランドホッピングです。^^

アイランドホッピング エントランスフィー

アイランドホッピングとは?
アイランドホッピング = Island Hopping。
wikipediaによると
島と島とをつなぐ短い旅を繰り返しながら大洋を渡ることである。

セブに置き換えますと、マクタン島から近海の小さな離島に、小型のボートで巡るアクティビティです。今回は旅行を手配してくれたエス・ティ・ワールドさんのオプショナルとして日本から申し込んでおきました。
もちろん現地の業者を探せば格安なのでしょうが、安全・確実・簡単に手配をしたいので。^^

費用はホテル 港間の送迎、乗船料金、シュノーケリング道具一式のレンタル、立ち寄る島への入場料、ランチがコミコミになって77USD/人でした。

アイランドホッピング

まずはアイランドホッピングに行く際に用意した方が良いモノをご案内します。
水着とサンダルは必須なのでリストからは除外しました。
クリックすると購入可能な商品一覧ページに飛べます。

1.ラッシュガード
セブの強烈な日差しに含まれるUVをカットして日焼けを防止できるラッシュガードは非常に便利。そのまま泳げる&乾燥も早いので1着用意されると良いでしょう。

2.スマホ防水ケース
シュノーケリングで水中写真を残したいのであれば必須のツールですね。
欲を言えばGoProに代表されるようなウェアラブルカメラを用意したいところですが、利用頻度が低い方であれば防水ケースでも良いでしょう。

3.酔い止め薬
小さな船ながらも快適に移動できましたが、場所によっては波が立つ = 船が揺れるので、乗り物酔いし易い方はトラベルミン等の良い止めを朝食後に飲まれておいた方が良いと思います。
船上でオエっとなったら楽しい旅が台無しなので、うえ家では全員飲んでからアイランドホッピングに臨みました。

4.朝食で余ったパン
これを持っていくと魚が沢山寄ってきて楽しいです。

5.日焼け止め
下向きで海に浮かんでいた時間が長かったせいか、ふくらはぎが焼けました。汗

6.現金
島で買い物を楽しんだり飲み物を買うのに必要です。
これもスマホ用防水ケースに入れておくと良いでしょう。

アイランドホッピング 出発

まずはホテルでのピックアップを待つ訳ですが、この時点で水着に着替えておく必要があります。

そしてのようなボートでシュノーケリングポイントと島々を巡ります。これはフィリピンで昔から使われているバンカーボートというそうです。

それほどスピードが出る船ではありませんが、船には梯子状の階段が両サイド後方に付いていて、海に入りやすくなっています。

アイランドホッピング 船のトイレ

船にはトイレも付いていますが、水洗である訳もなく バケツに汲み置きされた海水を利用することになります。

そしてご覧のように立ち上がれば周囲から丸見え。(汗)
ココでウ〇コができる方は相当な強メンタルなのだと思います。


ヒルトゥガン島でシュノーケリング

ヒルトゥガン島には上陸しませんが、その沖合でシュノーケリング♪

ライフジャケットとフィン(足ひれ)を装着するので泳ぎの苦手な方でも問題は少ないと思います。もちろん不安であれば浮き輪もOK!

普段から餌付けされているせいか、パンを手に持っているだけで魚達が一斉に群がってきますよ。癒されるわ~。^^
シュノーケルは基本的に口呼吸で行うので慣れないと水中メガネに水が入ってきますが、これも数分で慣れると思います。海の透明度もGood!

ここでは島の方々が船に乗り込んでシーフードの販売をされますので、購入しておけば追加で焼いてもらうことが出来ます。

パンダノン島

パンダノン島 コテージとオブジェ パンダノン島でランチ
パンダノン島(無人島)に上陸してランチ


パンダノン島には人が住んでいませんが、アイランドホッピングで上陸される方はそこそこ多いので、行かれるなら土日は避けた方が良さそうですね。

日除けとなるコテージも多数用意されていますので、のんびりする&島を散策する&どこまでも続いていそうな遠浅の海岸で海水浴等、色々な楽しみ方ができます。

ランチは豚肉&野菜&シーフードのバーベキューで、少し濃い目の味付けでした。これがサンミゲルに合うこと♪外で食べると美味しいですよね。

アイランドホッピング まとめ

フィリピンの物価を考えると少し割高に感じていたアイランドホッピングですが、とても良い体験が出来て良かったと思います。

小さなお子様からお年寄りまで、幅広い年齢層の方が安心して楽しめるセブならではのおすすめアクティビティでございました☆

参考:アイランドホッピングに行く際に用意した方が良いモノ

|セブ島旅行記2018| 1/2 | 2/2(今ココ) |
通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ


セブ島旅行記2018 1/2 クエストホテル(QUEST HOTEL)セブシティ アヤラセンターへのアクセス至便の好立地&快適ホテル。

毎年11月の恒例行事となった海外家族旅行ですが、今回はセブ島に行って参りました。

セブ島は2007年以来2度目なのですが(その時の様子)、空港には新ターミナルもオープンして、街の雰囲気も明るくなったような印象を受けました。

本当、2007年当時の空港1Fなんて、ドライマンゴーや簡単なお土産を売る6畳くらいのブースが連なっていたくらいの印象しかありませんでしたが、それが見事に近代化されておりました。流石、世界の観光地といった所でしょうか。

さてさて、今回お世話になったのがクエストホテル(QUEST HOTEL)、正式名称はクエストホテル&カンファレンス センター(QUEST HOTEL AND CONFERENCE CENTER CEBU)という、2012年にオープンした新しめのホテルです。

クエストホテル&カンファレンス センター(QUEST HOTEL AND CONFERENCE CENTER CEBU)
クエストホテル&カンファレンス センター
(QUEST HOTEL AND CONFERENCE CENTER CEBU)

作りはL字型の25階建で、外からはそれほど大きくは見えないのですが 客室数は427室、利用者の殆どは外国人なのだそうです。

色々と良い部分が沢山見られたホテルなのですが、まず素晴らしいのが立地ですかね。


クエストホテル セブ 地図

セブの空港からは車で50分程なのですが、ご覧の通りホテル前の大通りを挟んだ正面にアヤラ ショッピングセンターがあります。

様々なショップに加えて地下1Fにはスーパーマーケット、清潔な飲食店も多数入っているので 滞在中は大いに活用させてもらいました。

クエストホテル セブ 客室
クエストホテル セブ 客室

宿泊したのは25平米のデラックスルームです。

デラックスとは言っても これ以下の部屋はないのですが(汗)2人で利用するには充分な広さで、清潔感も
街のど真ん中なので眺望は普通、残念ながらバスタブはなくシャワーのみです。

wifiは無料で滞在中も問題なく利用できました。
ホテル内は7Fの喫煙スペースを除いて全面禁煙ですので、タバコ臭いのが苦手な方でも安心です。

クエストホテル セブ 朝食

朝食は1Fのレストランで品数豊富なビュッフェ形式。

マンゴー等の高コストフルーツはなかったものの、パンシットカントンやカレカレ等のフィリピンの伝統的な料理もあって、味もそこそこ美味しかったですよ。

クエストホテル セブ プール

7Fのプールは22時まで利用OK。
バーも併設されているので、セブシティに居ながら のんびりとリゾートライフを満喫できます。

スタッフさんは どなたも笑顔でホスピタリティも高く、ここ数年で宿泊した東南アジアのホテルの中でNo.1じゃないですかね?とても快適に過ごせました。

セブシティでの宿泊を考えられている方におすすめのホテルでございます。

参考:セブ島旅行 観光に用意したいグッズ、その他の情報

|セブ島旅行記2018| 1/2(今ココ) | 2/2
通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ


サブコンテンツ

このページの先頭へ