あさチャン紹介のエコバッグ シュパット(Shupatto)本当に一瞬でたためるアイデアエコバッグ!

某衣料品メーカーのダウンジャケットしかり、某繊維メーカーの折り畳み傘もしかり、「ほら、たためばこんなにコンパクト♪」といった具合に、収納 or 持ち運ぶ際のサイズの小ささを売りにしている商品の多くは、そもそもたたみ難いという問題点がありました。そう、エコバッグもしかり。

私はエコバッグ好きなので、海外旅行や通販サイトで見かけるエコバッグのデザインが秀逸だと、ついつい即買いしてしまう傾向にあるのですが、どれもこれも畳み難いんですよね~。結局、レジ袋を丸めるが如く 乱雑に畳んだエコバッグを持ち運ぶ羽目になるので、使いたい時にエコバッグを広げるちょっとした手間がつきまといます。

でも、それも仕方ないよね♪と思っていたんです。
このシュパットに出会うまでは。

シュパットとは?(公式サイトより)

シュパットとは?
その名の通り シュパッと瞬時に、しかも簡単に折りたたんで(くるっと丸めて)小さくコンパクトにできるエコバッグです。これまでのエコバッグからは切っても切り離せなかった「たたむ面倒くささ」から解放されるアイデア商品です。

ラインナップによっては 予めスーパーのレジかごにセットしておくことで、サッカー台で商品を詰め替える事なく、バックの持ち手を引っ張るだけで口が閉じて持ち運べる(持ち帰れる)状態になる~というスグレモノ。製造&販売元であるMARNA(マーナ)さん最大のヒット商品なのだそうです。


私はテレビを見て何かに飛びつく!というケースは非常に少ないのですが、このシュパットに関しては触手が伸びてポチっとしてしまいました。

ちなみに実店舗ではLoft等で購入可能なのだそうですが、あさチャンによりますと 開店前にシュパット目当てのお客さんが店頭に並ばれることもあるのだとか。

人気あるんですねぇ。^^

シュパット ラインナップ その1
左から M、和M、ドロップ、L、ポケッタブル
大きさ(比率)が正確ではないので 詳細は販売サイト(後述)をご参照下さい

シュパっと一瞬で簡単に折りたためる点が特徴のシュパットではありますが、広げた際の形状にも様々な種類があります。

■コンパクトバッグM
■和コンパクトバッグM

どんなシーンにも使える定番サイズです。
スライムのようにポテっとした形状なので女性向けなのだと思います。
容量14.5リットル 耐荷重5Kg

■コンパクトバッグ Drop(ドロップ)
あしたのジョーで矢吹 丈が背負っているバッグを思わせる雫のような形状のエコバッグです。縦長ですが袋口がすぼまるので荷物の収まりが良いのが特徴ですかね。私はこのタイプを購入しました。
容量16リットル 耐荷重5Kg メンズにもお勧め

■コンパクトバッグL
収納時はコンパクトなのに広げるとたっぷり大容量のLサイズはスーパーやドラッグストアで大きな買い物をする際に重宝しそうです。メディアで大きな反響があったのはレジのカゴにそのままセットできるこのタイプ。
耐荷重15Kg メンズにもお勧め

■ポケッタブル
ハンドバック形状なので女性向ですかね。小さなサイズではありつつも、500mlのペットボトルが6本入ります。
容量7.5リットル 耐荷重3Kg

シュパット ラインナップ その2
左から 保冷M、保冷S、ボストン、ショルダー2way、リュックサック
大きさ(比率)が正確ではないので 詳細は販売サイト(後述)をご参照下さい

■保冷バッグM
生鮮食料品が多い時の買い物やレジャー・アウトドアにおすすめの保冷が可能なタイプで、保冷剤が入るメッシュポケット付きです。
耐荷重5Kg

■保冷バッグS
保冷バッグの小さいサイズ。弁当箱を入れるのに適しています。
耐荷重3Kg

■ボストンバッグ
スーツケースやキャリーバッグに取り付け可能な旅行で大活躍してくれそうなバッグです。マチがついているので荷物も安定。
容量22リットル 耐荷重15Kg メンズにもお勧め

■ショルダーバッグ 2way
ショルダーバッグとしても、ハンドバッグとしても利用可能な2ウェイバッグです。
耐荷重5Kg メンズにもお勧め

■リュックサック
普段使いも出来そうなリュック形状のエコバッグです。
両サイドにはファスナーポケットがあり、500mlサイズのペットボトルも入ります。撥水(はっ水)加工されているので旅先でも便利に使えそう。
耐荷重10Kg メンズにもお勧め

シュパット コンパクトバッグ Drop シュパット コンパクトバッグ Drop
シュパット コンパクトバッグ Drop

サイズで迷ったのですが、個人的にはMサイズで十分なように思えますね。
ただ、テレビやメディアで紹介されていた「スーパーの買い物かごに予めセットしておく」といった使い方をするのであればLサイズ必須となります。

ドロップは既にお伝えした通り しずく形状なので、中身が見られ難いのが良いですね~。大根とかがはみ出すのが嫌だったんです。(笑)

エコバッグにしては少々お高めなだけあって、生地もしっかりしていて良くあるポリエステルよりも高級感があります。

シュパット コンパクトバッグ Drop 収納

そして最大の特徴であるのが とても簡単に折りたためるところ。

これまで畳むのが面倒だったエコバッグも、その両端を引っ張るだけで簡単に帯状にすることができ、それをクルクルっとまるめれば or 2~3回折ればコンパクトになります。

これ本当、良く考えましたよね~。
まさに「こういうのが欲しかったんだよ!」という画期的なエコバッグでございました。

デザインやカラーバリエーションも多彩で選び買いがあるのも
未体験の方はこの機会に是非どうぞ。

シュパット(Shupatto)エコバッグ 購入先情報

【スポンサーリンク】


蒸れ知らず!まさに春夏仕様サンダル キーン ユニーク オーツー(KEEN UNEEK O2)スニーカー 暑い地域への海外旅行にも最適☆

そんな訳でゴールデンウィークの前半はベトナムのビーチリゾート ニャチャンに旅行してきたのですが、この時期の東南アジアはまさに酷暑!日本の8月もえげつない暑さですが、この季節はまだ自分自身の身体が厚さに不慣れなこともあって、余計に暑く感じて体力も削られます。

特に暑苦しいのが靴の内部に熱がこもりやすい足…いくら通気性の良い靴を履いていても足はムレムレで発熱すら感じます。

かと言ってサンダルを使えば問題解決~な訳ではありません。一般的なサンダルは長期歩行に不向き(疲れる)ですし、何より東南アジアは道路の状態も良くない = 何が転がっているか分からないので少し危ないです。

そんな状況下でも大活躍してくれたのがコレ、キーン ユニーク オーツー(KEEN UNEEK O2)です。

キーン ユニーク オーツー(KEEN UNEEK O2)
キーン ユニーク オーツー(KEEN UNEEK O2)

その特徴は画像の通りです。

0.5mm程の伸縮性のあるナイロン紐で編み込まれた形状…とでも言えば良いですかね?
それでいて軟弱な感じはせず、とてもしっかりと自立します。位置付けはサンダルとスニーカーの中間くらいなのだと思います。

渋谷のショップ店頭で一目惚れしたデザインで恰好良いわぁ♪

KEEN UNEEK O2

ほぼ真横から撮影した画像がです。

靴を通して反対側にある白い布が見えるのをご確認頂けると思います。
商品名のO2(オーツー)が示す通り、通気性は抜群ですね!ニャチャンはとても蒸し暑かったですが、足元はとても快適でした。

そして皆様が気にされるであろうサイズに関してですが、ナイキ等よりも気持ち小さめに感じました。長さは全く問題ないと思うのですが、足首周りがタイトですかね。
確かにローカットなので、この辺を締め付けないと足にフィットし難くて安全性が確保されないので仕方ないかな?足の甲に高さのある方はハーフサイズ~+1cmアップされた方が良いと思います。

私は革靴では25.5cm、スニーカーでは26cmなので 今回も26cmをチョイスしましたが、27cmでも良かったかなぁ…でも伸縮性のある素材なので、そのうち馴染んでくるでしょう。^^

キーン ユニーク クローズドヒール

そしてサンダルやスリッパとは最も異なる点がのクローズドヒール、つまりは踵の保護部分になります。これがあるだけで、街中を歩く際の疲れ難さと安定感が段違いななんですよ。

スニーカーの堅牢さとサンダルの涼しさを両立させた秀逸なモデル、海外旅行に、夏の暑さによる蒸れ対策に1足あると超便利!靴下のチョイスによって見た目を変化させられるのもイイですよね。もちろん裸足でもOKです。

キーン ユニーク オーツー(KEEN UNEEK O2)購入先情報

【スポンサーリンク】


[ニャチャン旅行記 番外編] ばらまき&お土産は現地でしか買えないベトナムコーヒー☆

ニャチャンで買えるお土産には もちろん色々なモノがありますが、ベトナム土産の定番モノに関してはハノイに行った時の記事をご覧頂ければと思います。

ここではamazonや楽天では売られていない、現地ならではのベトナム土産を提案させて頂きます!とは言っても、お勧めのお土産 = ベトナムコーヒーなんですケドね。(笑)

ニャチャンの街中で雑に売られているコーヒー豆
ニャチャンの街中で雑に売られているコーヒー豆

さてさて、これはホーチミンでもハノイでも見かけなかった光景なのですが、ニャチャンではのように日本であれば駄菓子が入ってそうな大き目の容器に入れた 湿気対策もされていないであろうコーヒー豆が販売されておりました。

その様子を伺ってみますと、思った通り量り売りのようですね。しかも好みの比率でブレンド可能なようです。

価格もとても安いので、これをまとめ買い ペットボトルやジップロックに詰めてシリカゲル(乾燥剤)でも入れてしまえば立派なお土産になります。

とは言え、パッケージされたスーパーマーケットやカフェにあるコーヒー豆の方が安心かな~。

ベトナムのコピ・ルアク
ベトナムのコピ・ルアク

あとは日本よりは遥かに安価に入手可能なコピ・ルアクですかね。

コピ・ルアクとは?
ジャコウネコにコーヒーの実を食べさせて、未消化で糞として排泄された種 = コーヒー豆を洗浄し、乾燥させ、焙煎したコーヒーです。

インドネシアやフィリピンでも有名な幻のコーヒー豆ですが、流通量がとても少ないのでニセモノには注意する必要があります。

GOLDEN WEASEL COFFEE
GOLDEN WEASEL COFFEE

はニャチャンセンターで見つけたコピ・ルアクのブラックインスタントコーヒーです。通常のインスタントコーヒーよりはちょっと高い(それでも159,000VND)ケド手軽で良いじゃん!しかもG7のロゴでお馴染みの世界的に有名なチェングエンコーヒーだし♪

なんて思っていたのですが、ロゴに違和感があることを帰国してから気づきました。

チェングエンコーヒーの偽物?
チェングエンコーヒーの偽物?

G7じゃなくて、C7??完全に別会社ですね。

肝心な味わいですが、これはこれで悪くないです。
ブラックコーヒーとは言え若干白っぽい粉の色は、コーヒー豆を人為的に発酵させたからかな?とは思いますが、ある意味 現地ベトナムでしか買えないので お土産としては面白いかなと。^^

これからベトナムに行かれる方の参考になれば幸いです。

参考:ベトナム ニャチャン旅行に用意したいグッズ、その他の情報

|ニャチャン旅行記2019| 1/22/2 |番外編(今ココ)|
【スポンサーリンク】


[ニャチャン旅行記 2/2] 泥温泉 タップバーホットスプリングセンター 価格も値上げ&効能微妙?一番安いコースで充分!

多くのブログや観光ガイドでは、ニャチャンの泥温泉について、このような記事が書かれています。
・泥温泉はニャチャンでは必ず行くべき観光スポット!
・泥温泉の中でもタップバーホットスプリングセンターがおすすめ!

これらについては私も同意ですが、実際に訪れての所感を加味させて頂きますと
・行くべき!でも一番安いコースで充分♪
です。

その根拠につきましては後程お伝えするとしましてっと…

ニャチャン タップバー(泥温泉)まずはシャワー
1.タップバーホットスプリングセンター 温泉プール前のシャワー

まずはタップバーホットスプリングセンターへのアクセスですが、私が宿泊したエヴァソン アナ マンダラからはタクシーで約20分弱、140,000VNDくらいでしたので、メイン通りに面したホテルからであれば、同程度の運賃だと思います。

そして料金及びコースに関してですが、タップバーホットスプリングセンターは2019年1月1日から価格改訂(というか値上げ)が行われており、今後も改定が予想されます。そこで まずは公式サイトをご覧になった方が良いでしょう。
日本語化可能で地図も掲載されています。
 但し、料金表は現地言語表示。

ニャチャン タップバー(泥温泉)温水プール
2.泥温泉の前に まずは温泉プールへと誘導されます。

まずは受付でコースを選択するのですが、さすがに水着着用とは言え「太ったロシア人と混浴は嫌だな…」と思って、プライベートスペースが確保できそうなプランを選択したのですが「2時間待ちです。」なんて言われてしまったので、やむなくペアで1,800,000VNDのプランを選択せざるを得ませんでした。

9 ~ 17時の間は泥温泉&ハーブ湯(普通のお湯に薬液を混ぜたもの)が使い放題の、ダブルベッド付きの個室が割り当てられるのですが、要はホテルのデイ・ユースみたいなものですね。
それにしても180万ドン … ベトナムにおける平均月収の約1/3とは相当に強気な価格設定です。

ニャチャン タップバー(泥温泉)お茶とフルーツ
3.個室プランらしくフルーツとお茶のサービス

客室に通されるとお湯が張られていないバスタブが2つありますが、これは放置で大丈夫です。蛇口を捻りましたが泥温泉は出てきませんでした。どうやら、元栓側を施設で管理しているようです。

なので屋外の温泉プールへ。
温泉の温度は37°~ 39°と温度は低めなのですが、塩分濃度も高いので 日焼けした肌にはピリピリとしみますねぇ。これはこれで気持ち良いです。

ニャチャン タップバー(泥温泉)
4.ニャチャン タップバーの泥温泉(個室)

泥温泉の準備が出来るとスタッフさんがプールまで呼びに来てくれます。そして個室に入ってお湯をドボドボ入れてくれます。

温度は常温よりも若干温かめでしょうか。死海の水と同じミネラル濃度との事なので身体が浮きますが、塩分はそれほどでもないので痛くはありません。

この泥の粒子が非常~に微細で、これが身体のまとわりついて何とも言えない入浴感覚で気持ち良いです♪せっかくなので頭頂部からつま先まで泥に入れようと何度も潜ってしまうのは貧乏性ですかね。(笑)

ニャチャン タップバー(泥温泉)詳細画像

そして個室なので全裸でもOK!これこそが個室利用における最大のメリットなのだと思います。全裸の解放感たるや半端ない♪そして確かにお肌すっべすべになります!^^

ただ、いくら肌にミネラル分を付着させたとしても、効果はもって2~3日という所ですかね…そもそも肌 = 排出器官ですし。

でもここ、ニャチャンでしか出来ない体験であることは間違いないので、一番お安いコースで体験されるのが良いと思った次第です☆

参考:ベトナム ニャチャン旅行に用意したいグッズ、その他の情報

|ニャチャン旅行記2019| 1/2 | 2/2(今ココ) |番外編
【スポンサーリンク】


[ニャチャン旅行記 1/2] エヴァソン アナ マンダラ 唯一のプライベートビーチ直結ホテルで何もしない贅沢を堪能♪(宿泊レポート)

史上初のGW10連休、皆様はどのように過ごされましたでしょうか?
私は今回、ベトナム随一のビーチリゾートとして注目されているニャチャンを旅して参りました!

エヴァソン アナ マンダラ 宿泊レポート

さてさて、このブログの執筆時点では日本 ニャチャンへの直行便は就航していないので、ニャチャンにはハノイ若しくはホーチミンから乗り継ぎで向かう必要があります。

乗り継ぎはタイトでヒヤヒヤの連続で疲れはしたものの、本当に来て良かった…と、心から思えるとても素敵な場所でした!そりゃあもう、感動レベル☆私は安易に「最高」というキーワードを使わないのですが、ここでの滞在中はそれを連呼してしまいました。

今回の記事ではニャチャン滞在に利用した5つ星ホテル エヴァソン アナ マンダラをご紹介させて頂きます。

エヴァソン アナ マンダラ 客室からビーチに直結!

旅行ガイドには ほぼ間違いなく掲載されているエヴァソン アナ マンダラ、その最大の特徴は何と言っても客室がオン・ザ・ビーチである点。これは高級ホテルが立ち並ぶニャチャンでも唯一のロケーションなのだとか。

ご覧の通り、客室によっては僅か数歩で綺麗なプライベートビーチにアクセスできます。ちなみに、我々が利用した客室は若干お安めなのでビーチに面してはいないのですが、それでも30秒ほどでビーチに出られるので何ら問題ありませんでした。

ちなみに空港からは車で約40分くらい。

エヴァソン アナ マンダラ プライベートビーチ
エヴァソン アナ マンダラ プライベートビーチ

丁寧に手入れされたビーチは人がとても少なく、充分なプライベートスペースが確保されます。

何も考えず、緩やかに打ち寄せる波に身体を預けてゆ~らゆら。

こんな事を2時間くらいはしていたでしょうか?買い物やレジャーに走り回ったりもせずに「何もしない」という、本当に贅沢な時間を過ごせました。

ビーチに常設されたベッドに横たわっていると、ホテルスタッフの方が冷えたスイカやらおしぼりやらをサービスして下さいます。凄いホスピタリティ☆

エヴァソン アナ マンダラ コテージ

エヴァソン アナ マンダラの客室は全室ヴィラタイプ。
ヴィラは全部で17棟あって、それを区切る形で74の客室が作られているのだとか。

もちろん入口も部屋も独立しているので、プライバシーは確保されています。

エヴァソン アナ マンダラ 客室 天蓋ベッド

ベッドには天蓋がかかっていて、天井にはシーリングファンがあります。

ルームサービスも充実していて、ちょっと変わったところでは 枕なんかも好みに応じて交換可能です。

もちろんwifiも無料。

エヴァソン アナ マンダラ バスルーム

嬉しいのがバスタブが付いているところ☆
そしてこのバスタブが大きいんですよ。それは大人2人が並んで横になれるレベル。街歩きで疲れがちな足にも嬉しいわぁ。

アメニティも充実していて、香りにも統一感があります。
こういうところが五つ星リゾートなのでしょうね。とても快適な滞在が出来ました。

お湯の出はイマイチでしたが、難点は本当にこの程度です。

エヴァソン アナ マンダラ ホテル近郊の様子

ホテルはニャチャンのメイン通りに面しているので多少の喧騒はありますが、夜遅い時間まで賑わっているので、食べ物や飲み物で困ることはないでしょう。

ロシアの方、次いで中国の方が多い印象ですかね。

これは以前のホーチミン旅行でも感じたのですが、ベトナムはパンが本当に美味しいのでバインミーがお勧めです。

両面をカリっと焼いたバインミーは20,000 ~ 30,000VNDくらい。観光地価格ではありますが、これでも充分に安くて美味しかった。(滞在中に2回利用しました)

エヴァソン アナ マンダラ 朝食

エヴァソン アナ マンダラの朝食は普通に美味しいレベルなのだと思います。

ただ、マンゴーやパッションフルーツといった高級フルーツが食べられるのはポイント高いです。

エヴァソン アナ マンダラ インフィニティプール

プールも2つあって、そのうち一つはインフィニティ

これまた利用者がとても少ないので、とても優雅に過ごせました。

ニャチャン フォーの名店 PHO HONG
ニャチャン フォーの名店 PHO HONG

マウンテンバイクも利用できるので、歩くと少々生き難い地元フォーの名店にも楽々アクセスできました。^^

滞在中は一度もお会いする事はありませんでしたが、日本人スタッフもいらっしゃるので旅慣れていない方も安心して滞在ができそうですね。

これまでにもラグジュアリーと呼ばれるレベルのホテルには何度か宿泊しましたが、居心地の良さ&スタッフさんのホスピタリティの高さでは、エヴァソン アナ マンダラはトップレベルなのだと思います。

ハワイ並みの快適さなのに物価がお安いベトナム ニャチャン。
日本からの直行便があれば、日本人にも大人気となる事間違いないと思える超絶おすすめリゾートでございました。

参考:ベトナム ニャチャン旅行に用意したいグッズ、その他の情報

|ニャチャン旅行記2019| 1/2(今ココ) | 2/2番外編
【スポンサーリンク】


サブコンテンツ

このページの先頭へ