冷汁(ひや汁)夏場にサラっと食べれるスーパー健康食品 マルヤス味噌@愛媛。

いやいや、本当暑いっすね…

特に雨が降った翌日の晴天時の暑さときたら、ここは本当に日本なのだろうか?とおもっちゃいます。地球温暖化で日本も東南アジア気候になっちゃのかな~。

それはさておき、夏場に気を付けたいのが食欲の減退。
食べる気がしなくても食事はしっかりと摂取しておかないと夏バテ一直線ですしね。

そこで思い出したのが冷汁(ひや汁)の存在です。
冷汁は過去に出張で何度も行った宮崎県の郷土料理だと思っていたのですが、愛媛県 南予にも昔から伝わっていて、夏場の家庭で日常的に食べられていたそうです。

なので、宮崎の冷汁との違いを楽しむ意味で、明治44年から続く老舗であるマルヤス味噌さんの無添加麦味噌を使った冷汁をお取り寄せしてみました。

マルヤス味噌 冷汁
マルヤス味噌 冷汁

冷汁は古くから伝わる家庭料理なのは前述の通りですが、本当に一から作ろうとすると物凄く手間がかかるんですよね。加えて今回は初回なので1セット2個だけの購入ですが、ポスト投函されるのでとても便利。

このマルヤス味噌 冷汁も、宇和海で獲れた活きの良い鯛、イトヨリを焼いて身をほぐしたものがダシとして使われていて、この1袋にたっぷり鯵1匹分の魚が使われているそうです。

1袋の量は軽く茶碗2杯分くらいかな?温かいご飯の上に冷汁をそのままかけて、更に軽くキュウリを刻んで頂きます♪「

マルヤス味噌 冷汁 食べてみた。

宮崎の冷汁と比較しますと、第一印象は「甘い」です。

これはゴマ由来のクリーミーな甘さ…なのかな?最初は少し甘すぎかと思っていたのが、食べ進めるうちに心地よくなってくるのが不思議。(笑)
白身魚の上品な出汁に、独特な風合いの味噌が良くマッチして美味しいです。

冷汁には魚、胡麻のタンパク質、麦味噌由来のミネラル、ビタミン群、加えて水分もたっぷり摂取できるので、食欲がなくなる夏に最適な食材だと思います。

次回はお酒の〆として頂きます♪

冷汁(ひや汁)お取り寄せ・購入先情報

【スポンサーリンク】


[微妙] ミニボルネオールポータブルUSBエアコンファン ネッククーラーminiが品薄だったので代替品で暑さ&熱中症対策。

梅雨が明けて一段と暑くなってきました…
熱中症対策の一環としてか、小型のUSBファンを持ち歩く方も増えているみたいですね。

そんな中、あのサンコーがまたまた面白い商品をリリースしてくれました。
その名もネッククーラーminiという商品です。

ネッククーラーmini(サンコー)
本家 ネッククーラーmini(サンコー)

これはファンの風を直接 人の身体に当てるのではなく、ペルチェ素子という「電気を通すと片方が冷えて、片方が発熱する」という特徴を持つ半導体を使った冷却装置です。
で、発熱した方の金属板にファンの風を当てて放熱して、冷却状態を保つ~という仕組み。

これは欲しい♪と思って早速ポチってみようとしたのですが、これが人気のせいか実店舗やネットショップでは品切れ状態、売られていたとしても定価の3倍になっていたりとか、なかなか手が出せる金額でではありませんでした。

しかもバッテリーが本体に付いていないので、屋外で使うにはモバイルバッテリーを別途用意しなければならない…というデメリットもあります。

そこで試してみたのがコレ、ミニボルネオールポータブルUSBエアコンファンという商品です。

ミニボルネオールポータブルUSBエアコンファン
ミニボルネオールポータブルUSBエアコンファン

どうやって↑を発見したかと言いますと、amazonで「ネッククーラーmini」と検索したら、これが沢山ヒットしたんです。(笑)

ネッククーラーminiのようなペルチェ素子は搭載しておらず、2つのファンで首元に風を当てつつ、埋め込んだアルミニウムを通じて身体を冷やす~という仕組みのようです。

ミニボルネオールポータブルUSBエアコンファン 充電

充電はmicro USBで行います。

これの良い所はバッテリーを内蔵しているところ…なのですが、その分 重量は増すのは仕方なしですね。大きさはヘッドホンと同じくらいですかね。

風量は3段階で調整可能でご覧のように角度もかなり自由に変えられます。

ミニボルネオールポータブルUSBエアコンファン 充電

強く設定すればそれなりの風量が得られますが、それに従ってモーター音が大きくなります。まるで常にドローンが耳元で飛んでいるかのよう。これを着用しての昼寝は無理ですね。^^;

アルミもさほど冷えないのですが、両手がフリーになるメリットはあるので、屋外作業やフェスでのニーズはあるのかも知れません。

ウェアラブル ネッククーラー 購入先情報

【スポンサーリンク】


知覚過敏にシュミテクト以外の選択肢!パーリーホワイトアドバンスセンシティブ歯磨き粉。

知覚過敏って辛いですよね。
私も知覚過敏なので状態が良くない歯は歯医者さんでケアして頂いてはいるものの、それでも気になります。

冷たいものを飲む時には歯に回らないように注意するので問題ないのですが、冷えたトマトやフルーツを食べるときにキーンと沁みると、仕方がないことではあるものの 何となく情けない気分になります。^^;

知覚過敏の日常ケアとしてはシュミテクトくらいですかね。
そこでふと「外人さんは知覚過敏にならないのかな?」みたいな事を考えました。が、そんな訳はないですよね。(笑)
加齢と共に歯茎が下がる 歯の根元が露出する しみる は人類共通の悩みだと思います。

ならば、海外の方はどのように知覚過敏ケアをしているのでしょう?
色々と調べてみましたが…やっぱり知覚過敏用の歯磨き粉を使うケースが多いみたいですね。例えばアメリカのSensodyne(センソダイン)は、日本で言うシュミテクトのようです。

パーリーホワイトアドバンスセンシティブ歯磨き粉
パーリーホワイトアドバンスセンシティブ歯磨き粉

私にとってシュミテクトはあまりにも普通なので、今回はこれまでに使ったことのない知覚過敏用歯磨き粉を使ってみることにしました。

パーリーホワイトアドバンスセンシティブという歯磨き粉です。

パーリーホワイトはシンガポールで唯一のオーラルケア総合メーカーで、世界23の国と地域に展開しているそうです。(ちょっと安心)

パーリーホワイトアドバンスセンシティブ 使ってみた

磨いた時のシャリシャリとした感覚が心地良いですね~。これは研磨剤によるものですが、強いものではないので安心して使えます。そして汚れ落ち性能も良いと思いました。

肝心な知覚過敏への効果ですが、サイトで謳われている「2週間で効果を実感!」と言う程に極端なものではありませんが、シュミテクトと比較すると効果の出方は早いようにも感じました。

もちろん、こういった「感じ方」には個人差がありますが、試される価値は多いにあろうかと思います。私はシュミテクトとローテーションさせて使います☆

パーリーホワイトアドバンスセンシティブ 購入先情報

【スポンサーリンク】


[書籍化] #どれだけのミスをしたかを競うミス日本コンテスト

以前、ツイッター(twitter)で、こんな大喜利ハッシュタグが流行したのを覚えておられますでしょうか?

#どれだけのミスをしたかを競うミス日本コンテスト

人である以上、気を付けていても発生させてしてしまうのが「ミス」

ツイッターでは、そんな「やってしまった!」系のエピソードを#どれだけのミスをしたかを競うミス日本コンテストというハッシュタグと共に投稿されている方が沢山いて、通勤電車の中で笑いを堪えるのに必死でした。

で、私も思い出したのでこんなエピソードを投稿してみたんです。


すると…いつの間にかリツイート数は1000を超え、それがKADOKAWAの編集者さんの目にとまり、何と書籍化されてしまいました。

#どれだけのミスをしたかを競うミス日本コンテスト
#どれだけのミスをしたかを競うミス日本コンテスト

想像の斜め上を行くミスの数々、本当の話だからこそ笑えるのでしょうね。

笑いに飢えている皆さま、笑える&楽しいコンテンツがお好きな皆さま、是非一度手に取って読んでみて下さい。

全国区になったまさひろからのお知らせでした。

#どれだけのミスをしたかを競うミス日本コンテスト 購入先情報


横浜中華街 梅蘭のジャンボ焼売 崎陽軒のシウマイの美味しさを実感する結末。

そういえば通販日記では餃子は多くお取り寄せしているのに、シュウマイ(焼売)は中華料理セットのオマケ以外では試したことがないのに気づきました。

シュウマイ大好き夫婦なので、早速 有名処の焼売をお取り寄せしてみましょう♪
横浜中華街に実店舗を持ち、時には行列も発生するという梅蘭さんのジャンボ焼売セット30個です。

横浜中華街 梅蘭のジャンボ焼売セット30個
横浜中華街 梅蘭のジャンボ焼売セット30個

30個届きますが、5個ずつ真空パックで個包装されているので便利!

蒸し器(スチーマー)があれば より一層美味しく調理できるようですが、軽く湿らせたキッチンペーパーにシュウマイを冷凍のまま包み、ラップをかけて電子レンジで3分弱(600Wの場合)温めるだけで食べられます。

こういう手軽さは嬉しいですが、ジャンボ~という程にはジャンボじゃないですね。スーパーで売られているチルドシュウマイと同じくらいではないでしょうか。

横浜中華街 梅蘭のジャンボ焼売 食べてみた

細かめに挽かれた豚肉がギッシリで美味しそう♪

ですが、残念ながら実際はそうでもなく、これをハンバーグに例えるなら、肉と同等、若しくはそれ以上にツナギの多いびっくり〇ンキーのような…って、それは失礼ですね。(苦)

不味くはないのですが、お取り寄せする価値は見出せないかも。
これを食べると「ああ、崎陽軒のシウマイってのは美味しかったんだな」と、崎陽軒シウマイの秀逸さを再認識する結果と相成りました。

横浜中華街 梅蘭のジャンボ焼売 焼いてみた

ただ、揚げ餃子にすると皮がパリっとして美味しいかも知れません。

我が家は揚げ物をしないので、揚げるというよりフライパンで油炒めにしたのですが、そこそこ美味しいビールのアテへと変身してくれました。^^

めでたしめでたし。

横浜中華街 梅蘭のジャンボ焼売 購入先情報

【スポンサーリンク】


サブコンテンツ

このページの先頭へ