「フルーツ」の記事一覧

媛まどんな 愛媛 道後温泉 → 松山観光で出会った感動みかん☆

金曜日に有給休暇を使って初の四国旅行を楽しんできたので、本来であれば宿泊先のホテル情報やら観光情報を掲載してから、旅先で出会ったモノ達をご紹介~♪みたいなのが当ブログのパターンなのですが、今回は順序を逆にしてみました。

と言いますのも、愛媛県松山市の大街道で出会った媛まどんなという、生産量がとても少ない新品種みかんが超絶美味しかったんです。

しかも旬(というか入手可能なシーズン)が12月~翌年1月お、非常に短いことから「これは先にご紹介しなきゃ!」と相成りました。

のま果樹園 媛まどんな
のま果樹園 媛まどんな

媛まどんなとは?
品種でいうところの愛媛果試第28号です。
これはJA全農えひめの登録商標「紅まどんな」と同じ品種でもあります。「媛まどんな」はのま果樹園さんの登録商標となります。

ただ、私は果物とか野菜って、品種よりも生産者さんが重要だと思うんですよね。
例えば宮崎マンゴーだって 太陽のタマゴと呼べる最高品質マンゴーは、同じアップルマンゴーのアーウィン種の中でも一握りだと言われてますし。

媛まどんな

私はてっきり、媛まどんな = ちょっと大きめのミカン?と思っていたのですが、お店の方曰く「オレンジのように切って食べてね~」との事でしたので、まずは半分にカットしてみますと…おおっ、凄い果汁!そして皮が薄いっ!!

試しに1個だけ、みかんのように皮を剥いてみたのですが、確かにナイフでカットした方がよさそうです。このキメ細かな果肉…画像で伝わりますかね?

媛まどんな 食べてみた!

濃厚でリッチな味わいはみかんというよりオレンジに近く、そのプルンプルンな食感は まるで樹上のゼリーですね。

若干の酸味もありますが、それを大きく上回る甘さと爽やかな香りのバランス…これは素晴らしいです。果物で感動したのって、どれくらいぶりでしょう?メロゴールド以来かな?
東京のスーパーではめず見かけないであろう愛媛県内でも希少な品種は、前述の通り入手できる期間がとても短いので、この機会に是非とも味わって頂きたいです。

現地でもコレが食べられて本当に良かった~☆

媛まどんな お取り寄せ・購入先情報

【スポンサーリンク】


[大谷果樹園] 奈良 西吉野で育った種なし柿 秋の味わい(訳あり)甘くて美味~☆

楽天市場には「お気に入り」という機能がありまして、それは文字通り気に入った商品を記録 好きなタイミングで確認できる~というものなのですが、ここに数年間入れっぱなしの商品がある事に気付きました。

大谷果樹園さんの種なし柿(たねなし柿)です。

楽天市場 お気に入り機能

商品ページには「種なし柿の旬は9月下旬~10月下旬ですが、10月中旬頃の柿が最も美味しい。」という情報が掲載されていたので、どうせなら美味しい時期に~♪と思ってはいたものの、タイミングを外しっぱなしで今回の購入に至りました。

見た目が良くない訳あり品ではありますが、自宅用なので全く問題なしです。

大谷果樹園 種なし柿
大谷果樹園 種なし柿

箱には大きさが少しずつ異なる柿がびっしりと敷き詰められておりました。
ヘタの周りが青っぽく、未成熟のトマトを思わせるものも入ってますが…大丈夫かな?

農園から直送されるのでフレッシュそのもの!というだけあって、実はしっかり固いです。私は少し追熟して柔らかく&甘くなった柿が好きなので、この状態で食べて大丈夫かな?とは思いましたが、まずはそのまま頂いてみましょう。

大谷果樹園 種なし柿 食べてみた

見た目のオレンジ色も濃くないですし、食感はまだ少し固いのですが、そうは思えない甘さですね~。結構ストレートな甘さで、糖度も凄く高くて果汁も豊富!実もシャキシャキで美味しいです。

これが あと数日も経過すれば実は柔らかに、そして更に糖度が増します。この状態が凄く好みなんです。^^

まずは常温で放置して、もう少し色付いたら冷蔵庫の野菜室で保管して、長く楽しみたいと思います。

大谷果樹園 種なし柿 お取り寄せ・購入先情報

【スポンサーリンク】


[幻の梨] 今しか食べられない(かも知れない)貴重で希少な和梨 栃木県産 きらり梨。

すっかり涼しくなって秋の予感を感じさせる気候が続き、スーパーの店頭にはが並ぶシーンが多くなってきました。待ちに待った梨の季節到来です☆^^

私も本当~~~に梨が大好きで、これまでにも彩玉にっこり梨香り梨等の割と珍しい(店頭に並び難い)品種をお取り寄せしてきたのですが、今後恐らくは入手自体が不可能になるといわれる品種を発見してしまいました。

栃木県産 きらり梨という品種です。

きらり梨

これまでにも都内一部の市場と地元にしか出回らない希少な梨で、おさ二十世紀とにっこり梨を掛け合わせた品種なのだそうです。

それが何故、幻と呼ばれるか?なのですが、きらり梨は味は良いのですが栽培が難しい上に製品になる確率が低いので、栽培しようとする農家さんが増えず、ついにはJAうつのみやでも生産が終了することとなりました…
今後も一部の農家さんで細々と栽培されることはあるかと思います。

なので今回が最後のチャンスかも!という訳でお取り寄せに至りました。
本来は600~800グラムにも育つ大玉らしいのですが、今回は小ぶりですねぇ…まぁ味が良ければ問題ないので早速カットしてみましょう。

きらり梨 食べてみた
きらり梨 食べてみた

口当たりは若干柔らかで適度なシャリ感ありです。

糖度はかなり高い方思いますが、上品な香りが皮を剥き始めた瞬間に分かるレベルのたっぷり果汁と共にぶわわ~っと広がります。

確かに珍しくて美味しいのですが、香り梨彩玉ほどのインパクトはなく、そして驚くレベルの美味しさとも言えないので「難しいから栽培を辞めちゃおうかな?」という農家さんのお気持ちも理解できるような…(苦笑)

こういった農作物が幻となってしまうのは、それなりの理由があるのだと実感しますよね。ニーズがあれば高く売れるますし、そうなると生産は続くハズなので…

それはさておき、本当に最後のチャンスかも知れないので、私と同じような梨好きな皆様には、一度味わって頂きたい梨でございます。

きらり梨 お取り寄せ・購入先情報

【スポンサーリンク】


青森 究極の蜜入りりんご こみつ(品種名:こうとく 高徳)が期待外れなのは品質管理に問題あり?

これまでの人生で味わったことのないフルーツを食べようシリーズ♪
(ごめんなさい、そんなシリーズないです。)

早速ですが、こみつというりんごを知ったのはお取り寄せ系サイトだったかと思います。蜜の割合が8割はあるんじゃなかろうか?と思えるこみつ断面の画像が衝撃的だったので、思わず購入してしまいました。

ちなみに「こみつ」とは登録商標で、品種名は高徳(こうとく)と言います。

こみつ

大きさは小ぶりですね。

このサイズ感でこの個数で2,780円 (税込) なので、りんごとしては相当に高級な部類に入ると思われます。

それよりも、強い香り!
こみつ配送のトラックは荷台全体が良い香りに包まれる~というのも本当かも知れませんね。早速カットしてみましょう。

こみつの断面画像

おおっ凄い蜜~!

まぁ期待したレベルではありませんでしたが、そもそも蜜自体が甘い訳ではないので それは無問題。感触も良い具合に油上がりしておりました。

果肉は若干柔らかめ…というより、ちょっと時間が経過したリンゴのスカスカ感みたいなのはありますが、これはCA貯蔵または その後の保管に原因があるのだと思います。

爽やかに広がる香りと甘み、これは視覚・味覚・嗅覚を刺激してくれるりんご。次回は11月~12月の旬の時期に食べてみたいです☆

こみつ お取り寄せ・購入先情報

【スポンサーリンク】


サブコンテンツ

このページの先頭へ