「フルーツ」の記事一覧(2 / 9ページ)

巨大な西洋ナシ マルゲリット・マリーラ 甘くてジューシー♪

twitterでフォローさせて頂く方も増えて交流も活発になりますと、日々 色々なネタが目に飛び込んできます。
今回のマルゲリット マリーラという西洋ナシ(洋ナシ)もその一つで、何でも流通量が少ないのでスーパーマーケット等では入手しにくいのだそうです。

え、マルゲリット マリーラ?何それ??
洋ナシ = ラ・フランスしか知らないんだケド!?

という訳で早速、通販でケース買いしてみました。

山形県産 マルゲリット マリーラ
山形県産 マルゲリット マリーラ

うおっ、実が巨大でずっしり重い~これがマルゲリット マリーラか。(驚)
大きさは通常のラ フランスの2周りは大きいです。

追熟前のマルゲリット マリーラ

通常のマルゲリット マリーラはのように果皮が緑色のうちに出荷されるので、ラ フランス同様に追熟させる必要がございます。

追熟は直射日光が当たらない室内で乾燥させないようにしながら行います。
すると、だんだんと果皮の色が黄色くなって香りが出てきたら食べごろ☆冷蔵庫の野菜室で保管しましょう。

ちなみに私が購入したお店のマルゲリット マリーラには黄色いシールが貼られていました。果皮がシールの色と同じになったら食べ頃とのこと。(なるほどね~)

マルゲリット マリーラを食べてみた

カットするとナイフを通じて果汁がポタポタ相当にジューシー。^^

味はラ フランスと比較すると甘さが際立ってますが、味の複雑さという観点ではラ フランスの方が上かな~?というより、そもそも異なる品種なので ブドウで言えば巨峰とピオーネを比較しているようなものか?次はもう少し早いタイミングで食べてみようかな^^

ホント、甘くて美味しいです。

ただ、完熟したかな?と確かめる為に触って凹ませた部分から露骨に傷んでくるので傷等にも要注意です。

マルゲリット・マリーラ お取り寄せ・購入先情報

【スポンサーリンク】


岡山生まれの新品種 オーロラブラック(希少 黒ぶどう)果肉ぎっしり&大粒&種なしで美味~☆

今までに味わった事のない食べ物を初めて口にする時の「あの感覚」が好きでして。^^

これまでの記事で何度も使った表現ですが、未経験の味が身体に触れた瞬間に、今まで使われていなかった脳の領域にぶわっと血流がもたらされるような、そんな感覚。

今回それをもたらしてくれる(と思う)のが、フルーツ王国として知られる岡山県の大粒ぶどう(葡萄)オーロラブラックです。

岡山県産 オーロラブラック

オーロラブラックは2003年に品種登録されたぶどうです。
新品種と呼ぶには15年も経過していますが、流通量が増えはじめたのは ここ数年で、現時点では岡山県でしか栽培されていないそうです。

オーロラブラックの特徴ですが、まずはその名の通り真っ黒い~とまでいきませんが、ピオーネや巨砲よりも黒に近い紫黒色で、粒はとても大きいです。

オーロラブラック

種なしで食べやすい品種ですが、皮は若干厚いので そのまま食べるよりは皮をむいた方が良いと思います。
豆知識:皮はヘタの反対側からの方が剥きやすい。

オーロラブラック 剥いてみた
ヘタ側から剥いてしまった失敗例

まず驚かされるのはパンパンに詰まった果肉ですかね。弾力が凄い!
「はち切れんばかり」という表現が ここまでフィットする果物は初めてかも!と思えレベル。収穫直後は若干固くて柔らかながらも繊維を感じるので、まずは常温で1日半ほど放置してから野菜室で冷蔵しました。

するほ程良く柔らかになり、味の濃厚さと複雑さが増し増しで美味しいです☆
糖度は17~18度といいますからピオーネと同レベルですかね。そしてピオーネよりも若干甘さが引き立つように思えますが個体差も大きいかも?

粒がしっかりヘタにくっついていて脱粒し難い = 日持ちする = 贈答品にも使えますね。

オーロラブラックの旬は8月下旬~9月上旬なので、この記事を掲載する頃には終盤を迎えますが、未経験の方には是非とも体感して頂きたい味わいです!

オーロラブラック お取り寄せ・購入先情報

【スポンサーリンク】


メロゴールド グレープフルーツの上位互換? 甘い!酸味が少ない!苦くない!美味しiい!

またしても私が子供の頃には存在しなかった果物シリーズ!(笑)
今回はメロゴールドのご紹介です。

メロゴールドが普通にスーパーの店頭に並ぶようになってまだ数年の品種なので、まだまだ知名度が低い状態ではありますが、これがもう美味しいのですよ。皆様はもう試されましたでしょうか?

見た目は大きめのグレープフルーツといった感じでしょうか、
文旦にグレープフルーツを交配して出来たポメロという品種に、さらにホワイトグレープフルーツを掛け合わせて出来た品種がメロゴールドです。

メロゴールド
メロゴールド

グレープフルーツの苦みや舌に刺さるような刺激が苦手…という方も多いかと思われますが、メロゴールドにはそういった要素はありません。

メロゴールドの特徴
 ・ジューシー
 ・甘味がとても多い
 ・酸味がとても少ない
 ・苦みがとても少ない
 ・皮は厚いが日持ちする

メロゴールド 半分に切ってみた

このように半分にカットして、先の尖ったスプーンでほじほじしても美味しいのですが、どうしても身が潰れて果汁が外に出てしまいます。

なので、ちょいと皮にナイフで切り込みを入れて、みかんやオレンジを剥く要領で一房ずつ堪能するのがよろしいかと思われます。

メロゴールド むいちゃいました

味わった感想は前述の通りなのですが、ひたすらジューシーで美味しいです!特に朝一番の水分補給をメロゴールドにすると、新鮮な天然果汁が身体の隅々まで行きわたるようで、ホントにもう幸せすら感じます。

メロゴールドの旬 = 2~3月なので今は時期外れかも知れませんが、通販ならギリ間に合うかな?というところかなと。

まだ味わった事のない方は、この機会に是非どうぞ♪

メロゴールド お取り寄せ・購入先情報

【スポンサーリンク】


[りんご] ふじ以上の美味しさ? 入手困難な希少品種 ぐんま名月!

りんごは冬のフルーツとして欠かせない存在ですよね。
私も寒い季節になるとゴールド農園の葉とらずりんご(過去の記事へ)をお取り寄せする事が多いのですが、今回も ちょいと趣向を変えて一度も食べた経験のない品種のリンゴを試してみることにしました。

ぐんま名月という、生産量がとても少ないことからとも言われる希少品種です。

ぐんま名月
ぐんま名月

ぐんま名月とは?
ゴールデンデリシャスと紅玉の交配品種にりんごの王道とも言える「ふじ」を交配して1991年に品種登録された新しめのりんごです。

この色合いのリンゴは珍しいですねぇ…初めてみました。
味を重視しているので早取りはせず、充分に樹上熟成した状態で収穫されたという ぐんま名月、早速カットしてみました。

ぐんま名月 食べてみた

黄色系のりんごにはしては珍しく、蜜もしっかり入ってますね。

普段食べているりんご(ふじ等)と比較すると実は若干柔らかめで、特筆すべきは15度あるという糖度ですかね。甘みが強めで酸味は殆ど感じられませんでした。
歯ごたえはシャキッとして、独特な香りが鼻に抜けます。

本当に甘いので冷蔵庫で充分に冷やしても良い感じ。好みがモロに出そうなリンゴではありますが、珍しい味わいを経験出来て良かったです。

ぐんま名月は晩生品種ではありますが、さすがにこの記事をUPする頃には旬も終わっているかと思われますので、気になる方は是非とも次のシーズン(10月下旬~)に入手してみて下さい☆

ぐんま名月 お取り寄せ・購入先情報

【スポンサーリンク】


サブコンテンツ

このページの先頭へ