[芋焼酎] 虎の穴(鹿児島)ネーミングとは裏腹に優しい甘み&優雅な余韻のお手頃激レア芋焼酎☆

のんびりとしたペースで使っているtwirreですが、2010年頃から続けていることもあってか、有難いことにご近所さんフォロワーさんがとの繋がりを得ることができました。
※よろしければ、こちらのアカウントをフォローして下さいますと大変嬉しいです。m(_ _”m)

ご近所フォロワーさんの多くは私同様にお酒が好きでして…しかも品の良い飲み方をされる方が多いような。この辺は類は友を呼ぶ状態とさせて頂きます。(笑) 

さて、そんなご近所フォロワーさんの多くが足を運ぶお店が幸田酒店さんという街のスーパー兼 酒屋さん。ちなみに場所はこのあたりです。

幸田酒店
最強伝説 虎の穴 幻の本格芋焼酎(幸田酒店さんにて)

お店の外には 今回ご紹介する芋焼酎 虎の穴の瓶がズラリ!幸田酒店さんのイチオシなのでしょうね~。

実際こちらの幸田酒店さん、中に入ってお酒売り場にある店主さんによる商品説明をご覧頂くとわかるのですが、単純に売れ筋の日本酒・焼酎が置かれている訳ではなく、商品の一つ一つに想いを感じるセレクトショップ的なところがあるんです。

普段は一升瓶は購入しないのですが、虎の穴はフォロワーさんの評価がとても高い芋焼酎でもあるので期待を込めてっと☆

芋焼酎 虎の穴

製造元は鹿児島県の鹿児島酒さん。ラベルデザインも良い感じ。

50年以上の経験を持つ杜氏、黒瀬安光さんによるもので、実店舗はもちろん 焼酎を専門に扱う飲み屋さんでも見たことのない銘柄。
原料となるイモはJAそお鹿児島の厳選した黄金千貫、これを白麹で仕込んで詰入まで一貫製造された焼酎です。

まずは味をハッキリさせるためにもロックで頂いてみますと…ラベルデザインからは男らしいガツンとした芋の味わいを想像していたのですが、とんでもない。甘く優しい味わいですね。

芋焼酎 虎の穴 飲んでみた

良く焼酎の甘さを表現するのに「ポワンとした」という言葉を使うシーンがありますが、それよりも余韻が長く、品の良い香りが抜けます。

25度というアルコール度数は一般的な焼酎と同じですが、それを前面に感じさせない優しくてまろやかな味わいには複雑さも感じる美味しい焼酎、コスパは抜群ですね。

ロックで良し、割って良しの色々な楽しみ方が出来る芋焼酎ですが、あまり流通しているものでもないので、楽天やAmazonで通年入手するのは困難だと思います。
本当は教えたくないレベルのお気に入りの発見に小踊りしていまいそうな芋焼酎、本来は麦派のうえ家も大満足の1本でございました。

芋焼酎 虎の穴 お取り寄せ・購入先情報