氷見牛 ローストビーフ昆布じめ(昆布締め)最高級A5ランク黒毛和牛と昆布の旨味が融合!

きっと美味しいんだろうなぁ…お取り寄せしたいなぁ…でもなぁ…別の機会にしようかな?と、3カ月くらい悩んでいた商品が今回ご紹介する氷見牛 ローストビーフ昆布じめ(昆布締め)です。

だって そこそこ高級なんですもの。汗

A5ランクなのである程度は仕方がないのですが、たかだか200gでクール便の送料を含めると5000円ですからね~。いきなりステーキのヒレステーキ肉だって1g9円でしょ?200gなら1800円だから、たっぷり2回は楽しめる金額です。(比較が下手)

でも、一度火が付いた好奇心には勝てず、お取り寄せすることと相成りました。

氷見牛 ローストビーフ昆布じめ(タレ付き)
氷見牛 ローストビーフ昆布じめ(タレ付き)

氷見牛 ローストビーフ昆布じめを美味しく頂くコツですが、冷蔵庫でゆ~っくりと1日かけて解凍します。常温なら2時間程度で解凍できますが、それだとドリップが出やすくなるとのことです。

ちなみにタレ付きです。

氷見牛 ローストビーフ昆布じめ

通常よりも低い温度でじっくりと加熱された氷見牛ローストビーフが昆布に挟まれた形で2段重ねになっています。

それにしても水産物だけじゃなくて牛肉までも昆布締めにしてしまう所が何とも富山ならではですよね。

タレも醤油と玉ねぎベースのものではなく、ポン酢が効いたサラっとしたものです。では高級珍味を早速頂いてみましょう。

氷見牛 ローストビーフ昆布じめ 食べてみた

見た目はも口当たりも ローストビーフと言うよりタタキに近いですかね。ご覧の通り厚みは焼肉と同等なのですが、とても柔らかです。そして何より美味~い!

ほんのりと昆布の香りを感じながら、低い温度で溶ける質の良い脂身の甘みと、氷見牛ならではの上品で繊細な味が昆布の旨味と合わさってぶわ~~っと広がります。この旨味の相乗効果が凄い。
ご飯には合わないと思いますが、幸せ感じるセクシーな美味しさです。

楽天のお歳暮ギフトをお取り寄せで第一位を獲得したそうですが、それも納得ですね。こんなのを年末に貰えたら最高だわ。

氷見牛の旨味と昆布の旨味が融合した初体験の美味しさでございました。

氷見牛 ローストビーフ昆布じめ(昆布締め)お取り寄せ・購入先情報

通販日記のトップへ 実践! e-shoppers.のトップへ
【スポンサーリンク】


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ