お家焼肉が劇的に変わる!イワタニ焼肉プレート(Iwatani)

自宅で焼肉をする際にはお店と同じように、網を使った方が良いことなんてわかってはいるんです…でも、それができない事情ってもんが、私や多くの方にはあるんですよねぇ~。

そう、です。

マンションで網焼きで焼肉でもしようものなら、火災警報器の煙センサーが即時反応しますし、これを止めたところで部屋中に充満、そしてベランダは論外。(笑)

なので今まではホットプレートで焼肉をしていたのですが、コレと出会ってからは一度も活躍の機会がなくなりました。

カセットコンロのトップブランド、イワタニ(Iwatani)のイワタニ焼肉プレートです。

イワタニ焼肉プレート
イワタニ焼肉プレート

画像では少し分かり難いかも知れませんが、中央がドーム型に盛り上がっていて、螺旋状に入ったスリッドを通って余分な脂が穴から下に落ちる仕組みになっています。

しかも煙は相当に出にくいということなのです。
いやいや、普通にホットプレート使ってたって それなりの煙は出ますしねぇ…という訳で、半信半疑ながらも試してみることにしました。

イワタニ焼肉プレートを「ごとく」にセット
イワタニ焼肉プレートを「ごとく」にセット

まずはのようにイワタニ焼肉プレート受け皿の凹んだ部分を、カセットコンロの ごとくにハマるようにセットします。

イワタニ焼肉プレート 受け皿に水を入れる
イワタニ焼肉プレート 受け皿に水を入れる

続いて受け皿に260cc程度の水を入れ、プレートをセットして火にかけます。

熱伝導率を調べるために少しの間 プレートを触っていたのですが、あっという間に熱くなりますね。炎の熱がドーム状プレートの中心部分に集められて広がっていく感じ、
それでこの形状なのですね。

少し熱しただけで蜃気楼が見えるほどです。(笑) でも本当。
ここで注意点を挙げますと、火力は必ず中火以下でお願いします。強火NG!

焼肉だけではなく、もちろん野菜も一緒に焼けます。

イワタニ焼肉プレート 使ってみた!

で、早速使ってみたのですが、コレが凄いんですよ…本当に煙が少ない!そして何より肉の焼け具合が良い!!

普通、今までのプレートは肉自身から出た脂で焼肉が若干揚げ物状態になるのですが、これは余計な脂が落ちるので肉が美味しく&香ばしく焼き上がります。美味しい美味しい凄い~☆

唯一の弱点としては、形状が緩やかなドーム状であるが故に、周囲に油がハネてしまうという点です。これは新聞紙でも敷いて対策するしかないですね…でも、そういったデメリットを補って余りある美味しい焼け具合に大満足です。

カセットコンロ自体をお持ちでない方はやきまるという専用品を購入することになろうかと思いますが、私のようにイワタニの汎用的なカセットコンロをお持ちの方は 今回ご紹介した焼肉プレートを購入するだけでOKです。

ちなみに今回、ご紹介した焼肉プレートにはY2Y3という型番違いの商品が存在しますが、その違いは「大きさ」です。
Y2がプレート直径約250mm、Y3が約305mm。数字で見ますと5cmは小さな違いかも知れませんが、実際に使ってみるとこの差は大きく、まさに大は小を兼ねるので、大きい方をおすすめします。

これで年末年始も自宅で美味しい焼肉が味わえそうです。^^

イワタニ焼肉プレート お取り寄せ・購入先情報

【スポンサーリンク】


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ